そのダイエットは間違っている。運動よりも大事なのは〇〇だった!

体型維持のため、あるいは落ちない脂肪と格闘して、ダイエットの理由は人それぞれ。そして、その方法もまたさまざま。正しいダイエット法なんて、本当に存在するのでしょうか?

ということで、消化器の内視鏡専門医である平島徹朗さんの著書『「健康力」に差がつく 一流、二流、三流の選択』(幻冬舎)を紹介します。最先端の医療機関で多数の患者を見てきた氏の目線から、運動とダイエットについて詳しく見ていきましょう。 

週一でジョギング1時間
帰宅後のビールはOK?

30代の男性Aさんは、結婚してから10キロ以上体重が増加。学生時代に運動をしていたため、「食事を我慢してひもじい思いをするよりも、運動で痩せた方が健康的」と考え、週末にランニングをスタートしました。近くの公園を1時間ほど走ると気分も爽快。運動をして汗をかき、帰宅してビールを飲むのが彼の新たな楽しみになっています。

運動だけのダイエットは非効率

ダイエットに運動を組み合わせるのはとても良いことです。食事量を極端に減らして痩せようとすると筋肉質が減ってしまい、その後は少し食べただけでも太りやすく痩せにくいリバウンド体質になってしまいます。また、適度な運動をすると基礎代謝が上がって消費カロリーがアップしたり、筋肉を維持できるなど、様々なプラス効果が期待できます。

こうした結果から、Aさんのように「運動をして健康的に痩せよう」と考える人は少なくないようです。

しかし「運動だけ」でダイエットをするのは現実的とはいえません。こういうと「運動をした後に体重を測ると、実際に体重が減っているじゃないか」と反論する人もいるでしょうが、それは単に汗をかいたからです。汗で水分量が減っただけで、脂肪が減っているわけではありません。

運動することで消費するカロリーは思いのほか少ないものです。たとえばご飯1杯150グラムのカロリーは、252キロカロリーです。これをジョギングで消費しようとすると毎日30分以上走り続けなければいけません。

Aさんのように週1回1時間走った場合、消費カロリーは500キロカロリーほど。運動後にビールを飲み、大盛りご飯を食べたら、それだけで530キロカロリーを超えるので、運動の効果はゼロなのです。

食事の量を減らすことが大事

ダイエットに不可欠なのは食事の見直しです。毎日欠かさず30分走るより、1日に茶碗1杯分のご飯を減らす方がラクですし、効果も確実です。

以前『ダイエットは運動1割、食事9割』という本が話題になりましたが、多く見積もっても運動2割、食事8割くらいが現実的なバランスだと思います。そういう割合で食生活の改善と運動を組み合わせ、ダイエットを成功させてください。

【ポイント】

一流の選択をするなら……

ダイエットは運動2割、食事8割

食事の見直しが基本と心得る

消化器内視鏡専門医の著者・平島徹朗さんは、生きていくうえで大切にしなければならない「生活習慣」をおそろ坂にしている人が多いことを指摘します。健康への意識が...
筋トレをしている割に、一向に筋肉量が増えてこない。こう感じたことはありませんか?じつはこれ、効果的でない方法でトレーニングをしている証拠。医学的な根拠に基...
一日のコンディションを整えるためには、睡眠の質を上げる必要があります。こうは言ってみたところで、何をどうすればその質は向上する?医師の平島徹朗さんは、著書...
プロコーチによる指導付きのビデオを見ながら、お手軽ボクササイズが自宅で楽しめるスマートアイテム、「Fight Camp」のご紹介。
クリスマスシーズンには4万本以上売れるという、兵庫県・神戸市にある「フロインドリーブ」の絶品シトーレン。教会のパン屋さんが作るシュトレンはたっぷりバターを...
チェックしない日はないほど、生活に浸透したSNS。もし、インターネットがない時代に、これらのサービスが生まれていたとしたら……。
医学博士のAmy Shah氏は、「mindbodygreen」で、こう断言しています。「健康やダイエットにルールなんてない!」と。カロリー制限やハードな運...
ダイエットや健康維持として、広く世に浸透した感のある糖質制限。けれど、思ったより痩せない、体調を崩した、なんて声もよく聞きます。間違った知識で始めるのが良...
頑張って運動しているけど、なかなか痩せない。痩せるために食事制限もしてみたけど、イライラする。それはもしかしたら、運動をする「時間帯」が間違っているのかも...
エクササイズ×ウェアラブル、高精度な健康管理系のウェアラブル端末は急速に普及し、健康維持に役立てられています。ここで紹介するのもそうしたデバイスのひとつな...
一見缶ビールや缶スープのように見える、「Soup Socks(スープ・ソックス)」&「Soup Socks(スープ・ソックス)」。いつもお世話になっている...
世界的ブームのグリーンティから派生して、いまじゃMatcha(抹茶)が当然のようにメニューにも登場。「これは低カロリーでしょ…」、となんとなくのイメージで...
自分が運動した時間を植物を育てるのに役立てられるのが「Phabit」だ。ユーザーは、専用アプリを使って個人の目標を設定して、ワークアウトをするだけでいい。
「ダイエットや健康管理のために走りたい」と思ってはいるものの、なかなか始められない…というあなた!意外に思うかもしれませんが、走ることを日課にするのって、...
絶対やせる新メソッド、と注目されては消えていく泡沫のようなダイエット法。結局のところ、成功しなければ(ないしは途中で諦めていては)どれも「自分には合わなか...
39階からの夜景×ワイン×本格タイ料理 オーストラリア発のモダン・タイ・レストランLongrain TOKYO〒150-0013 東京都渋谷区恵比寿4丁目...
運動不足やダイエットは関心度が高い要素。ここで紹介する「Elite Daily」の記事でも、歩こう!とか、酒を呑まないように!と書かれています。でも、もっ...
ダイエットは辛い。何が辛いって、もし我慢できずに美味しいものを食べたところで、罰則を受けるわけでも、他人から怒られるわけでもない。つまり、完全に自分との戦...
Joy Bauerさんは、アメリカで活躍するカリスマ管理栄養士。NBCのTODAY's SHOWでは「栄養と健康」のコーナーを担当、ダイエット・食生活につ...
テレビやSNSでよく話題になる◯◯ダイエット…。けれどそれらは、実は健康に悪影響を与えているかもしれません。そんな間違えやすいダイエット法を、坂詰真二さん...
ダイエット中の残念なチョイスを避けるテクニックを、手島奈緒さん著『外食女子のための太らない選択』(サンクチュアリ出版)でチェック。外食時に役立つ知識が盛り...
ファーストクラスでお目にかかった方々が皆さん一流だったかというと、残念ながらそうとは言えません。その違いはなにか?拙著『一流になれる人、なれない人の見分け...
スポーツジムやフィットネスクラブに通う、近所をランニングする、など健康維持や肉体改造のため日常的に運動をする人が増えていますよね。また、運動前後に欠かせな...
タフツ大学工学部の研究者が開発したセンサーは、わずか2mm×2mmというサイズ。