毎朝スッキリ目覚めるための「90分の法則」。

一日のコンディションを整えるためには、睡眠の質を上げる必要があります。こうは言ってみたところで、何をどうすればその質は向上する?

医師の平島徹朗さんは、著書『「健康力」に差がつく 一流、二流、三流の選択』(幻冬舎)のなかで、健康を維持するための必要な睡眠に着目。どうすれば深い眠りにつけるかを指南しています。

ショートスリーパーに忍び寄る
慢性的な睡眠不足

働き盛りのAさんは、仕事や付き合いで深夜に帰宅することが多く、慢性的な睡眠不足を感じています。

同僚と休日の過ごし方について話題になったとき、Aさんは「ほとんど寝ていますね。昼過ぎに目が覚めて、そこから二度寝して気づいたら夕方だったり……。休日がつぶれてもったいない気がしますが、できるときに寝だめしておかないと、平日は3時間睡眠とかの日も多いので」と苦笑いをしていました。

「寝だめ」は生活リズムが崩れる

睡眠は健康維持に欠かせないものです。私たちの体は睡眠中にその日に脳へ入ってきた情報を整理し、傷付いた細胞を修復するなどして、全身のメンテナンスを行っています。睡眠不足が続くとこのメンテナンスが不十分になり、自律神経やその他の働きが乱れ、病気になりやすい状態に陥ってしまいます

内視鏡医である私(著者)の実感としても、平均睡眠時間が3~4時間といった極端に少ない人は、胃痛や胃もたれなどの不調を抱えていることが多いと感じます。

そもそも睡眠不足で眠気やだるさを感じたままでは、生産性の高い「いい仕事」はできません。忙しいなかでも時間や生活リズムを工夫して、一定の睡眠時間を確保することは、社会人の大事な自己管理のひとつでもあります。

しかし、「ふだんの睡眠不足を寝だめで解消する」というAさんの方法は間違っています。皆さんは休日に「今日は出勤しなくていいから」と長々と朝寝坊をしてしまい、起きた後、かえって体がだるくなったという経験はないでしょうか。10時間以上など長く横たわっていると血行が悪くなり、全身の組織や筋肉が酸素不足になって体が重くなります。

また、寝だめをすると生活リズムも乱れるので注意してください。約24時間サイクルで巡っている本来の生体リズムがずれてしまい、週明けの月曜日も頭がボーッとしたり、だるさが続いて昼夜のメリハリが薄れ、結局は睡眠の質も低下してしまいます。

レム、ノンレムのサイクルに合わせ
90分の倍数で睡眠設定を

限られた時間でも質の良い睡眠をとるには「毎日決まった時間に起きる」ことが重要です。休日も朝寝坊はせいぜい1~2時間に留め、できる限り平日と同じ時間に起床しましょう。

そして睡眠をとるなら、若返りホルモンといわれる成長ホルモンが多く分泌される午後11時~午前2時の間にしっかり眠ってください。睡眠中は深い眠りのノンレム睡眠と浅い眠りのレム睡眠が90分のサイクルで繰り返されます。

6時間、7時間半など。90分の倍数で睡眠時間を設定すると、すっきり起床できます。それでも眠気が残るときは、昼食後に20~30分の短時間の昼寝をはさむと良いでしょう。 

【ポイント】

一流の選択をするなら……

休日もいつもと同じ時間に起きて体を動かし、

夜にぐっすり眠れるリズムを整える

体型維持のため、あるいは落ちない脂肪と格闘して、ダイエットの理由は人それぞれ。そして、その方法もまたさまざま。正しいダイエット法なんて、本当に存在するので...
消化器内視鏡専門医の著者・平島徹朗さんは、生きていくうえで大切にしなければならない「生活習慣」をおそろ坂にしている人が多いことを指摘します。健康への意識が...
筋トレをしている割に、一向に筋肉量が増えてこない。こう感じたことはありませんか?じつはこれ、効果的でない方法でトレーニングをしている証拠。医学的な根拠に基...
健康にも美容にも、仕事効率にだって大事だと言われる「睡眠」。では実際、どのくらい寝るのがベストなのだろうか?そんなかねてからの疑問をスッキリさせてくれるよ...
ヨーロッパやカナダで販売されているお菓子、ワインガム。ガムというよりも、グミみたいな食感で、国によってはかなりメジャーな存在です。
レイアウトにも気を使ったバイクストアが、日本でも増えてきました。でも、デンマークでオープンしたばかりの「United Cycling Lab & Stor...
Leaf Urbanは、常に健康を管理することができるジュエリーの形をした女性のための健康を記録できる装置です。歩数や活動した時間、消費カロリーの記録、睡...
疲労を回復し、カラダのメンテナンスをしてくれる“睡眠”。その効果は、自分に合った最適な睡眠時間にこだわることで、さらに高めることができるそう。これは多忙な...
朝が弱い!という人に。「ASAP Science」が睡眠のメカニズムを元に紹介した、スッキリ目が覚める7つの方法が役に立つかもしれません。以下、参考にして...
「Philips」の「SmartSleep」は、1日の睡眠が7時間以下の人のためのデバイス。睡眠の質を高めてくれる機能があるようです。
北モンゴルのタイガの森で暮らすトナカイの遊牧民「ツァータン」の家に宿泊できるAirbnbプラン。ローカルフードも食べられてカルチャー体験もできる濃いプラン。
睡眠不足は、様々な健康上の問題を引き起こす可能性もあるといわれている。それだけに、睡眠、ひいては、睡眠の質の重要性については、古今東西、様々な研究がなされ...
医学博士のAmy Shah氏は、「mindbodygreen」で、こう断言しています。「健康やダイエットにルールなんてない!」と。カロリー制限やハードな運...
もう少し体をスッキリさせて月曜日に備えたい。「Elite Daily」のCaroline Burkeさん曰く、昼寝を上手に使えば、求めている"スッキリ"は...
「THE CONVERSATION」によると、シドニー大学の准教授Chin Moi Chow氏が、正しい睡眠をとるための方法を科学的にまとめたとのこと。私...
奥渋谷に世界中のクラフトビールが20種類! 北欧のカフェのような雰囲気で昼飲みできるビアバーØL Tokyo〒150-0042 東京都渋谷区宇田川町37-...
睡眠アプリ「Shleep」は、あなたの睡眠を分析して、ありとあらゆる知識を与えてくれます。操作もカンタンなので、ストレスフリーで使い続けることができそうです。
「6時間以下の睡眠を毎日続けているのであれば、あなたの精神と身体能力は、2日間徹夜した状態と同じ程度まで低下しているかもしれない…」。ここで紹介するのは「...
「illumy」は、気持ちよく目覚めるために開発されたアイマスクなのだ。一見、どこにでもあるようなフォルムではあるが、じつは、NASAによるテクノロジーが...
睡眠不足は体に悪いといわれているが、果たして睡眠過多はどうなのだろうか?最新の研究では、8時間以上の睡眠は健康を損なう可能性があるという。一体どういうこと...
あなたの寝る前の「習慣」は大丈夫?安眠するにはどうしたら良いかを、Caroline Burkeさんが「Elite Daily」に綴っている。読むと、世の中...
いよいよ本格的な冬が到来!となると、頭が痛いのはそう、「目覚め」の問題ですよね。そこで今回は「LittleThings」に掲載されている、スッキリ目覚める...
睡眠時無呼吸症候群をチェックするために、「Go2Sleep」は開発されました。指輪型のデバイスをつければ、ありとあらゆるデータを集めて、分析してくれるそうです。
カロリーを消費したいなら、ウォーキング?ジム通い?いやいや、ホラーでしょ!と言わんばかりの新たな取り組みをご紹介。ドコモ・ヘルスケア株式会社は、歩数、移動...