旅先で眠れないあなたが、意外とやっていない「基本のスリープハック」

ここに紹介するのは、心地良く眠るためのひと手間です。ごく初歩的なことなので、劇的に睡眠の質が上がるかどうかはさておき、「旅先でいつも眠れない」という人は試してみてもいいんじゃないでしょうか。

長年にわたり不眠に悩む人たちをサポートしてきたLauren Harburyさん。環境の変化にすんなり順応するための5つの解決策を紹介しています。

486b33fccacefc67a20fcdc241dd4c8c98c8d5ad

新しい場所を訪れ、新しい食べものに出会い、新しい友達をつくる。旅はあらゆる価値観を自分に与えてくれるもの。けれど満喫するためには、旅先での「睡眠の質」には注意を払う必要があります。

疲れているのに不眠で体調が悪くなったり、イライラしていては、せっかくの旅行も台無しですから。

そこで、ホテル選びをするときは熟睡できる環境かどうかをよく見定めましょう。快適な睡眠を得るためのグッズも注視すべきポイントです。

01.
室温を整える

0e05b30d51805c39312df17331fe056fc7f1a1b5

睡眠時に心地良いと感じる室温は、人それぞれ違います。エアコンの設定温度はいつも何度くらいか覚えていますか?寝室が暑かったり、寒かったりするようならば、自分の体に合った室温へと整えておくことをお勧めします。

普段の布団とも違います。まずは布団に入った感じの適温を見つけることから始めましょう。

02.
枕の高さを調節する

どうしたら一番寝心地の良い枕の高さになるかを考え、重ねてみたり、くぼみをつくったりして、自分のアタマにしっくりくる形を見つけましょう。2分ほど枕の上にアタマをのせてみて違うと感じるようならば、形を変えたほうがベター。

また、枕が眠りにもっとも重要だと思えるならば、旅先に持参するのも一考です。

03.
アイマスクをつける

35910b244ccdd80ed4c5d0aa84cdf864332281fa

 

真っ暗でないと眠れない、という人がいます。あると便利なのがアイマスクです。カーテンの隙間から街灯や月明かりが、差し込んでくるかもしれません。これひとつで安眠できるならば、用意しておくくらい何のことはありませにょね。

04.
ロウソクで部屋を照らす

ちょっと変に聞こえるかもしれませんが、ロウソクの炎にはリラクゼーション効果があります。やさしい暖色に包まれた部屋で、心を落ち着かせてから眠りに就いてみてください。

05.
深呼吸して体の力を抜く

D8a1d58ca4f2cb6e8b0a3e357e7be0021f21abad

腕と脚の力を抜いて、目を閉じましょう。その状態でゆっくり呼吸すると、力の入っていた体がどんどん柔らかくなっていくように感じるはずです。この時点でうとうとして来るかもしれませんよ。

こうして体の状態を整えたら、以下3点は守ってほしいところ。すべては快眠のためです。

・少なくとも15分は携帯を触らない
・脳を休めるためにニュースは見ない
・軽くても運動は体を起こしてしまうから避ける

観光スポットをリサーチするのと同じように、いかにして安眠を得るか、そのための行動を。

Licensed material used with permission by Elite Daily
開発を手がけたイタリア企業「Banale」の社員は、いま購入できるネックピローのほとんどに満足感を得られず、他のシーンでも使えるようにと、このトラベルグッ...
「Philips」の「SmartSleep」は、1日の睡眠が7時間以下の人のためのデバイス。睡眠の質を高めてくれる機能があるようです。
一日のコンディションを整えるためには、睡眠の質を上げる必要があります。こうは言ってみたところで、何をどうすればその質は向上する?医師の平島徹朗さんは、著書...
睡眠アプリ「Shleep」は、あなたの睡眠を分析して、ありとあらゆる知識を与えてくれます。操作もカンタンなので、ストレスフリーで使い続けることができそうです。
ミントタブレット、適当に選んでませんか?
渋谷・道玄坂のクラブ「VISION」で初秋の夜を満喫するパーティ好きをセルフィー&スナップ。プライベートに迫るアンケートも公開。
疲労を回復し、カラダのメンテナンスをしてくれる“睡眠”。その効果は、自分に合った最適な睡眠時間にこだわることで、さらに高めることができるそう。これは多忙な...
あなたに快眠を提供するために登場したのが、次世代スマートアイマスク「Dreamlight」。光をしゃだんするための簡易アイマスクとは全く異なり、快眠を最優...
新しいパスポートケースを探していて、行き着いたのが〈nahe(ネーエ)〉の「トラベルオーガナイザー」。カード類やチケット、レシート、さらにはファスナー付き...
睡眠時無呼吸症候群をチェックするために、「Go2Sleep」は開発されました。指輪型のデバイスをつければ、ありとあらゆるデータを集めて、分析してくれるそうです。
クラウドファンディングで資金調達をはじめて、たったの45分で目標額に達したドローン「Spry」。
睡眠不足は、様々な健康上の問題を引き起こす可能性もあるといわれている。それだけに、睡眠、ひいては、睡眠の質の重要性については、古今東西、様々な研究がなされ...
健康にも美容にも、仕事効率にだって大事だと言われる「睡眠」。では実際、どのくらい寝るのがベストなのだろうか?そんなかねてからの疑問をスッキリさせてくれるよ...
「6時間以下の睡眠を毎日続けているのであれば、あなたの精神と身体能力は、2日間徹夜した状態と同じ程度まで低下しているかもしれない…」。ここで紹介するのは「...
中国のある研究では、睡眠時間が精子の減少に関係しているという結果を出しました。そんな中、働く時間の長い日本人の睡眠不足は、必ずしも少子化とは無関係とは言え...
あのカルティエが9月21日〜30日の期間限定でコンビニ「カルチエ」を表参道にオープンしました。
かのナポレオンは、一日に3時間しか寝なかった。なんて言い伝えがあるけれど、人間にとって本当に必要な睡眠時間は、はたしてどの程度なのだろか?ここに登場する、...
寝ても寝ても、改善されない理由がここにあるかも。
睡眠不足は体に悪いといわれているが、果たして睡眠過多はどうなのだろうか?最新の研究では、8時間以上の睡眠は健康を損なう可能性があるという。一体どういうこと...
いろいろ発売されているトラベルポーチですが、実際購入するとなると、これが難しい。どのサイズをどれだけ購入すればいいのか、旅慣れた人でも最適な答えを出すのは...