どこでも寝れる「布団型スーツ」が誕生。

あと10分だけムニャムニャ…。そうやって毎朝のように眠気と戦っている、そこのアナタ。この特製「布団型スーツ」なら、着替える時間が必要ないだけでなく、職場でのちょっとした休憩でも大活躍してくれますよ。

ロンドンの街を闊歩する姿に
みんなの目がテン!

Deec8d97e49c7952efadbc83ac5b278f12f22356

男女が着こなしている真っ白なそれが、噂の布団型スーツ…フ、フカフカそう!

これまでに多くのモノを目にしてきたであろうご老人も、さすがにこのスーツは初見だった模様。

93c8dfbdade4ac54838d85337a128a3695d7ebbf

地下鉄のみなさんも困惑した表情。幅を取ってしまい、ちょっと迷惑をかけてそうなところはご愛嬌。

30a6922e0a19d7b52906e6ada3025c6b67ce7c21B2ff672ec17069388116499c7b0e51d38dbfbaf2

圧倒的な存在感。

7d7f460b8484e4334950701aa4f98f3b72ca51f6

タワーブリッジをバックに決まってま…すかね?

B4d501999a069dd00e61b3ef11f77821436f1ed1

オフィスでは、

Cf4baa0ecd7488f01b114089d6f7864afb3bd145

このまま職務を全うしますよ。

36e903e5cc670a5c866eb6cd282005fad8bc3a8a83db887b97b9f81e5a47aa0e5cf5bbe3dfb12603

このスーツ「THE SUVET」は、ホテルグループであるJurys Innと、コスチュームデザインを手がけるWendy Bensteadのコラボレーションで実現したもの。ハードワーカーたちの睡眠時間を確保するために特別に制作されたそうですが、残念ながら(?)いまのところ商品化の予定はナシ。ただし、「多くの要望があれば商品化を検討する」とのことです。

0ad06b4e6fb55eb01328b39c2c7bd02679351b62

ちなみにそのフカフカさは、以下の動画のように、バス停で知らない人がもたれてきちゃうほど(笑)。う〜ん、シュール!

Licensed material used with permission by JurysInnHotels
「Ultra Suit」は、「水」に関するトラブルを一気に解決してくれる、防水機能のあるスーツです。でも、防水どころか、防臭性や伸縮性もあるため、シワにな...
スーツを着ている人を見ると、真面目で仕事ができそうな印象を受けるものですが、心理学的には着ている本人にも影響があるのだそう。興味深い研究結果が出ています。...
コインポケットもちゃんとあるし、カードと札を分けることもできる……なんて話はもはや当たり前か。
AIに過去のデータを解析させたところ、新たに72の信号を発見。地球外生命体からのメッセージの可能性もあります。
南半球の島国にある“小さな村”に行くと、まるでホビットになったかのような気分に浸れます。いや、冒険に出るような気持ちになるのかも。
初対面が苦手でも相手が思わず、それ何?と話しかけてくる個性的なラペルピンです。小さないお花を入れることで香りも楽しめます。お値段も5000円以下とお手頃で...
「空を自由に飛んでみたい」と誰しもが一度は思うもの。そんな夢を叶えてくれるのが、カラダ全体を翼のようにして飛行可能にする「ウイングスーツ」。最近、映画やC...
社会の闇を感じるイラストを見つけました。スーツが「喪服」のように見えてしまうサラリーマンたちを見ていると、仕事とは人生において何なのだろう。そう思わずには...
二度寝といえば、ちょっぴり罪悪感を感じてしまうもの。でも、あの気持ちよさは、止められないんですよね。僕が快感を覚えるひとつが国内旅行。旅館やホテルなどで、...
近年問題となってるプラスチックによる環境汚染。そんな中、プラスチックカップの代替品としての可能性を秘めたプロダクトが開発されました。
所有率が130%を超える、世界一の自転車先進国オランダ。通勤・通学時には、ユーザーのおよそ半数が自転車で移動するんだとか。そんなお国柄だからこそ、衣類をス...
米・オハイオ州に住むオリヴィア・ケスラーさんは、出産を間近に控えてきました。ただ、このお話の主人公はオリヴィアさんの弟であり、赤ちゃんにとっては叔父にあた...
寝ても寝ても、改善されない理由がここにあるかも。
バルセロナにあるデザインスタジオBel&Belがつくった、電動立ち乗り二輪車「Z-Scooter」の紹介です。
くら寿司のアメリカ展開店舗「KURA REVOLVING SUSHI BAR」。日本では食べられないローカルメニューベスト3を紹介します。
正式には「ウイングスーツ」と呼ばれている、とても危険度の高いエクストリームスポーツ用の装備がコレ。スカイダイビングのように上空からジャンプするが、ムササビ...
〈プラウドメン〉の「スーツリフレッシャーCMミニ」は、シトラス・ムスクの香り。爽やかな香水のように上品です。
動画メディア『The Infographics Show』が、1日10ドルで過ごせる国を、東南アジアを中心にまとめています。贅沢とは無縁でいいから、とにか...
ウェットスーツに身を包み、サーフィンを楽しむ4人のカワイイ女の子たち。なんか楽しそうだなぁ、一緒にこの中に混ざりたいなぁ、と思って動画を見ていたら、思わぬ...