不眠に悩んでいるなら「耳のお布団」をお試しあれ

寒くて眠れない夜……これさえあれば、不眠に負けない!?

「MIMION」は、温泉や岩盤浴に入ったようなポカポカとした温もりを感じることができるという“耳のお布団”。

そのポイントは、鉱石を練り込んだ「αオーラ®わた」にある。高級ラグやスリッパに使われる「ムートン」と比較して12℃強も蓄熱性が高い繊維で、耳をしっかり温めることで、入眠へと導いてくれるらしい。

監修はTVでも活躍中の眠りとお風呂の専門家&睡眠改善インストラクター・小林麻利子先生。曰く、「高ぶっていた交感神経の活動が落ち着き、身体の芯からリラックスしてぐっすり眠ることができる」そう!

1980円(税別)で快眠を手に入れられるとしたら、決して高くはない。

©株式会社アメイズプラス
©株式会社アメイズプラス
Top image: © 株式会社アメイズプラス
好奇心を満たそう!60秒以内で読める記事

関連する記事

日本人の不眠の救世主?「快雲SOYO 」は、かけたり、しいたり、抱き枕のようにしたりと自由自在で、どんな眠りのスタイルにもフィットし、雲の上にいるようなリ...
寝具メーカーが本気で作った「裸族」のための布団。
眠れない時って本当に寝れないですよね。ネット上に掲載されているあらゆる事は既に試し済みだっていう人もいるはず。そんな人にこそこの記事はオススメしたいです。...
クリーニングやコインランドリーにいかずとも、おうちのシャワーだけで布団に蓄積する、汚れやダニや花粉をさっと洗い流せる「ふとん」が誕生。
沖縄「星のや竹富島」は2月13日より「海水淡水化熱源給湯ヒートポンプユニット」で汲み上げた海水の淡水化による飲料水の自給を開始。現在、竹富島で1日に使用で...
本記事では眠りの専門家が選ぶオススメの睡眠アプリを紹介しています。現在、さまざまな睡眠に関するアプリがリリースされており、いざダウンロードしようにも種類が...
「ドームコンフォーター」は、シリコンバレーの最先端の睡眠医学に基づく革新的な睡眠グッズ。『スタンフォード式最高の睡眠』の著者で睡眠研究の第一人者でもある西...

人気の記事

国際送金サービスをおこなう企業「Remitly」が、“海外でもっとも住みたいと思われている国はどこなのか”をグローバル検索データを利用して調査。それぞれの...
「国際宇宙ステーション(ISS)」に滞在した山崎直子氏の経験を聞けるだけでも貴重な体験だが、今回はほかにもさまざまな特別プログラムが用意されているようだ。
毎度、趣向を凝らしたオリジナルの機内安全ビデオで楽しませてくれるニュージーランド航空。さすがに今年、新作を望むのは厳しいか……と思いきや、しっかりリリース...
1月20日まで、クラウドファンディングサイト「Kickstarter」にて資金調達をしている「Tatamu stool」は、東京をベースとする建築家たちが...
「Minsord」はドリルではない。重さはわずか500g、服のポケットに簡単に入れられるiPhone並のサイズ感ながら、コリの最大の原因であるねじれた筋膜...
東京・西大井の人気店「超蜜やきいもpukupuku」の焼きいもを、ボタンひとつで作れる究極の焼き芋トースター。
米国にできた最新の「7-Eleven Evolution」で夢のような宿泊プランが企画中。快適なラウンジシートや「プレイステーション 5」が用意されている...