全裸仕様の「ふとん」が誕生!

アメリカ人の12%、イギリス人だと30%。これ、眠るときは「全裸」だって人の割合。日本人でも10人に1人が夜は産まれたままの姿、らしい。夏ならまだしも、これからのシーズン、さすがに全裸はキツくない?

そんな裸族のために最適な布団を寝具メーカー「株式会社ナイスデイ」が開発。その名も「裸族の布団」(笑)。

ギャグのようだけど商品は超マジメ。着目したのは熱の伝わり方だ。熱がもっとも伝わりやすいとされる輻射熱を利用し、体温を布団の生地に反射して暖かさをキープする「フィットキルト」を独自に開発。

しかも、綿布団に比べ、約40%ほどの重さだという。軽く柔らかい生地を使うぶん、より体にまとわりつくようにフィットするし、寝返りをうってもはだけにくい。そして、洗濯機で気軽に洗うこともできる。これぞ裸族仕様!

すでに情報に敏感な裸族たちの目に留まり(?)、応援購入サービス「Makuake」でのプロジェクトは早々に目標を達成。

それでも、通常価格より46%OFF1万3000円(税込)という特価がまだ効く。これを機に、裸族デビューしてみるというのも一興では?

『裸族の布団』

【購入ページ】https://www.makuake.com/project/niceday3/

Top image: © iStock.com/fizkes
好奇心を満たそう!60秒以内で読める記事
クリーニングやコインランドリーにいかずとも、おうちのシャワーだけで布団に蓄積する、汚れやダニや花粉をさっと洗い流せる「ふとん」が誕生。
本記事では眠りの専門家が選ぶオススメの睡眠アプリを紹介しています。現在、さまざまな睡眠に関するアプリがリリースされており、いざダウンロードしようにも種類が...
本記事では推奨されている最適な睡眠時間を専門家インタビューを通して紹介しています。最適な睡眠時間を確保できない場合のリスクや自分にとってのベストな時間を探...
防弾仕様のジージャンやパーカ。その機能性は米軍に認められるとまではいきませんが、NIJ規格(米司法省の装備調達規格)に準拠しています。
見つけるとラッキーな気持ちになる「猫のひげ」。コレクションしている人も多いこの猫のひげを「雑貨」にしてしまったのが、「フェリシモ猫部」の発売した「猫のひげ...
ランキング機能を搭載した睡眠計測アプリ「ドクタースリーピング」が登場!モチベーションの維持が簡単で、さらに計測した睡眠スコアを「Futonto」直営店で使...
目覚めるタイミングはレム睡眠中が良いとされていますが、それはなぜなのでしょうか?本記事ではそんな疑問を解決できるよう、レム睡眠とノンレム睡眠の仕組みについ...
以前にも「World Topics」の記事でご紹介したオレオのインスタアカウント。彼らがまた挑戦的な投稿をしました。
本記事では、睡眠不足が招く健康リスクを専門家にインタビューをし、わかりやすくまとめています。放っておく危険性のほか、睡眠不足の原因や効果的な改善方法につい...
「ドイツに来てからボードゲームに誘われることが多くなった」という記事を前に書きましたが、ありがたいことにもうひとつお誘いが増えたものがあります。そう、誕生...
イギリス政府は地球温暖化対策を強化するため、ガソリン車やディーゼル車の新車販売を2030年までに禁止すると発表。今後は電気自動車などの普及を後押ししていく...
世界中の朝ごはんが楽しめる食で各国の文化を発信する外苑前のカフェWorld Breakfast Allday〒150-0001 東京都渋谷区神宮前3丁目1...
9月1日、テスラの公式Twitterが「モデル3」から革を完全に排除したと発表。動物由来の素材を使わないヴィーガン仕様の自動車の誕生だ。
Rebecca Endicottさんは「パジャマを着て寝る人が大半だろうけど、裸で寝ることにもメリットがたくさんあるということを知ってほしいわ」と言います...
「ドームコンフォーター」は、シリコンバレーの最先端の睡眠医学に基づく革新的な睡眠グッズ。『スタンフォード式最高の睡眠』の著者で睡眠研究の第一人者でもある西...
CMや雑誌、ネットの特集などでも扱われることの多い腸内細菌。なんと、その細菌が「睡眠」にまで影響を与えていることが、米「ミズーリ大学」の医学部研究チームの...
2021年1月16日まで、カナダ・オンタリオ州トロントの地下鉄車両内で「心の健康」に関するプロジェクト「Life on the Line」がおこなわれてい...
毎年話題の「Australian Firefighters Calendar(オーストラリアの消防士カレンダー)」から、2021年版が登場。28年目を迎え...
東京2020オリンピック・パラリンピックの選手村で使用される大会特別仕様寝具が公開。
睡眠不足は、様々な健康上の問題を引き起こす可能性もあるといわれている。それだけに、睡眠、ひいては、睡眠の質の重要性については、古今東西、様々な研究がなされ...
睡眠アプリ「Shleep」は、あなたの睡眠を分析して、ありとあらゆる知識を与えてくれます。操作もカンタンなので、ストレスフリーで使い続けることができそうです。
「Philips」の「SmartSleep」は、1日の睡眠が7時間以下の人のためのデバイス。睡眠の質を高めてくれる機能があるようです。
『スタンフォード式 最高の睡眠』の著者・西野精治が開発した脳眠枕「BRAIN SLEEP PILLOW(ブレインスリープピロー)」が先週8日(金)より販売開始。
マレーシアのマラッカ市に、リンギットの利用を廃止する都市が誕生します。代わりとなるのが仮想通貨「DMI」です。