経験者が語る、全裸睡眠8つのメリット(主観です)

ウソかマコトか、全裸睡眠の有効性がささやかれている昨今。Rebecca Endicottさんも、その魅力にとりつかれてしまった人物の一人だそうで、「LittleThings」で8つのメリットを力説しています。

あくまでも本人の感覚なので、内容については「へえ〜」程度でお願いできれば。各見出しのあとに、(かも)をつけて読むくらいがちょうどいいエンタメ記事としてお送り。

01.
体温調節がスムーズになり
カラダへの負担が少ない

全裸睡眠 メリット

ぐっすりと眠るときに、体温が半分くらいになっているのを知っていましたか?洋服を着ていたら、調節が難しくなり、体に負担がかかってしまいます。裸だったら、よりスムーズに寝れるようになるのです。

02.
デリケートゾーンを
清潔にすることができる

全裸睡眠 メリット

もしかしたら、お母さんやおばあちゃんに聞いたことがあるかもしれません。下着をつけて寝ると、デリケートな場所にバクテリアが繁殖してしまって、感染症になってしまう可能性があるということを。

夜の時間くらいは、風通しをよくしてあげましょう。

03.
愛を育むチャンス!

全裸睡眠 メリット

ここだけは正直になって。パートナーの裸を見ることが嫌いな人っています?

自分の体に自信がなくても、きっと相手は気にしていないはず。裸で寝れば、あなたたちの愛はより深まるでしょう。

04.
目が覚めてから
すぐに行動できる

全裸睡眠 メリット

朝起きてから、不思議なことにダルさがないの。バクテリアだらけのパジャマを着ていないから、あなたの体は綺麗だし、汗もそこまでかかないから、気持ちが良いのかもしれません。

さらに、すぐに行動できるから、効率的に朝の時間を過ごせるようになります。

05.
寝ているだけなのに
体重が落ちる

全裸睡眠 メリット

体重を落とすのは大変なことだと思います。寝ているときにもカロリーを消費しているけど、少し冷えるくらいだと、新陳代謝がよくなるそうです。

06.
夜中に目覚めることが
少なくなる

全裸睡眠 メリット

着ている服に違和感があって、寝ているときに起きてしまうことってありません?

裸なら…なんてことは言わなくても大丈夫ですよね?もし寒かったら、カバーをかければ良いのです。

07.
いつも晴れやかな気分になれる

全裸睡眠 メリット

色々な要因があると思うのだけど、裸で寝ている人って、いつも明るく見えるのは気のせいかしら?想像だけど、開放感や清潔さが組み合わさった結果なのかもしれませんね。

08.
裸で過ごすことが
快感になっていく

全裸睡眠 メリット

裸に慣れてくると、リラックスできるようになるの。これは潜在的に私たちが良いと思っていることかもしれません。

Licensed material used with permission by LittleThings
目覚めるタイミングはレム睡眠中が良いとされていますが、それはなぜなのでしょうか?本記事ではそんな疑問を解決できるよう、レム睡眠とノンレム睡眠の仕組みについ...
本記事では眠りの専門家が選ぶオススメの睡眠アプリを紹介しています。現在、さまざまな睡眠に関するアプリがリリースされており、いざダウンロードしようにも種類が...
本記事では推奨されている最適な睡眠時間を専門家インタビューを通して紹介しています。最適な睡眠時間を確保できない場合のリスクや自分にとってのベストな時間を探...
本記事では、睡眠不足が招く健康リスクを専門家にインタビューをし、わかりやすくまとめています。放っておく危険性のほか、睡眠不足の原因や効果的な改善方法につい...
今年9月に開業予定の「東京ポートシティ竹芝」内に、ヒューマノイドロボットが商品陳列を担う「ローソン Model T 東京ポートシティ竹芝店」が開店すると発...
世界の成功者たちの睡眠時間をご紹介。あなたの成功への近道になるかも。
一日のコンディションを整えるためには、睡眠の質を上げる必要があります。こうは言ってみたところで、何をどうすればその質は向上する?医師の平島徹朗さんは、著書...
睡眠不足は、様々な健康上の問題を引き起こす可能性もあるといわれている。それだけに、睡眠、ひいては、睡眠の質の重要性については、古今東西、様々な研究がなされ...
「Philips」の「SmartSleep」は、1日の睡眠が7時間以下の人のためのデバイス。睡眠の質を高めてくれる機能があるようです。
睡眠アプリ「Shleep」は、あなたの睡眠を分析して、ありとあらゆる知識を与えてくれます。操作もカンタンなので、ストレスフリーで使い続けることができそうです。
世界屈指のIT先進国・エストニアは、7月1日から外国人向けの「デジタルノマドビザ」を導入。国外の雇用主との雇用関係や事業活動をおこなっていて、それがテレワ...
「THE CONVERSATION」によると、シドニー大学の准教授Chin Moi Chow氏が、正しい睡眠をとるための方法を科学的にまとめたとのこと。私...
健康にも美容にも、仕事効率にだって大事だと言われる「睡眠」。では実際、どのくらい寝るのがベストなのだろうか?そんなかねてからの疑問をスッキリさせてくれるよ...
「6時間以下の睡眠を毎日続けているのであれば、あなたの精神と身体能力は、2日間徹夜した状態と同じ程度まで低下しているかもしれない…」。ここで紹介するのは「...
『スタンフォード式 最高の睡眠』の著者・西野精治が開発した脳眠枕「BRAIN SLEEP PILLOW(ブレインスリープピロー)」が先週8日(金)より販売開始。
ショートスリーパーになって、仕事やプライベートの時間を増やしたいと考える人も少なくないでしょう。本記事ではショートスリーパーになる方法やリスクについて睡眠...
6月18日、「フォード」がマスタングシリーズの新型EV「マスタング・マッハE」に、手を離した運転を可能にする技術を搭載すると発表した。アメリカ50州とカナ...
“今がツラい”みなさまを自由にするための12星座占い。元銀座ホステス・開運アドバイザー 藤島佑雪先生が、今週のアナタが「ツラい」と感じること、悩むことにお...
睡眠時無呼吸症候群をチェックするために、「Go2Sleep」は開発されました。指輪型のデバイスをつければ、ありとあらゆるデータを集めて、分析してくれるそうです。
疲労を回復し、カラダのメンテナンスをしてくれる“睡眠”。その効果は、自分に合った最適な睡眠時間にこだわることで、さらに高めることができるそう。これは多忙な...
Licensed material used with permission by:AsapSCIENCE毎日の睡眠時間、どれくらいとっていますか?もしか...
LittleThingsが言うには、夫婦の寝室は分けた方が良い。寝返りがうてる、静かに寝れる、睡眠を妨害されない。心と体を整える睡眠環境に、もう一度目を向...
睡眠不足が心と体にもたらす悪影響や、個人のポテンシャル低下は、今さら改めて書くまでもないはず。けれどその個人の睡眠不足がトリガーとなり、ひいてはそれが経済...
中国のある研究では、睡眠時間が精子の減少に関係しているという結果を出しました。そんな中、働く時間の長い日本人の睡眠不足は、必ずしも少子化とは無関係とは言え...