ちゃんと寝たのに体がダルい……「体力泥棒」はココにいた!

「週末は死んだように、13時まで寝てたよ〜」
「私なんて、16時まで布団にいた」
 
平日は気を張って働いているぶん、休日になると糸が切れてずーーっと寝てしまうって社会人、少なくないと思うんです。その割に、月曜日の朝は相変わらず体がダルい。月曜日は早めに帰って、8時間寝たとしても、火曜日はやっぱり眠いし、すぐに疲れてしまう。
 
「あ、それ私だ」って思いませんか?
 
寝ているのに体の調子良くないなら、『Elite Daily』のAnnakeara Stinsonさんの記事を読んでみてください。
4774278868238336

長い眠りから目覚めたと思ったら、どうも気分が悪い。頭が痛い、節々が痛いなど、症状は何であれ、目覚めた直後から体の様子がおかしいのなら、それは体が不調であるサイン。

でもこれは、“寝すぎ”が原因かもしれません。ただし、「な〜んだ単なる寝すぎか」と軽視しないで。

過眠症という睡眠障害の症状があるように、寝すぎって、寝不足と同じくらい深刻だったり。米国睡眠協会 (American Sleep Association)曰く、アメリカの人口の2%が抱えるこの症状は、10〜12時間ほどの睡眠をとらないと体が休まらないそう。

寝すぎによる悪影響は以下の通り。当てはまるものがいくつあるか、チェックしてみて。

01.
気分が落ち込んでいる

4846657388675072

寝すぎやベッドから出たくないのは、ひょっとしたら気分が落ち込み気味だったり、鬱病を患っているからかもしれない。

睡眠と鬱病とは、密接に関連しあっているもの。そのため、睡眠時間が劇的に伸びているようなら、心を労ってあげるのもひとつの手かもしれません。

健康な心と体を保つために睡眠は必要とされているものの、米国睡眠医学会曰く、寝すぎてしまうと、逆に悪化してしまう恐れもあるそう。

02.
起きると同時に頭痛がする

寝すぎと頭痛の相互関係は未だ明確にはわかっていないものの、Reader's Digestによると、どうやら朝の頭痛は、「寝ている間の脳の機能に関連している可能性がある」とか。

水分が足りていなかったり、朝食を十分にとれていないことへのアラートでもあるみたい。

03.
寝ても寝ても、疲れがとれない

5913236012531712

しっかり寝ているのに眠気が拭えないのなら、逆に睡眠時間を減らしてみるのもひとつの手。

なぜなら、日中を通して十分に活動をしていないことが、逆に疲労として体に出ている可能性があるから。睡眠時間を減らしても疲れがとれないのなら、ジョギングを始めてみたり、一日の運動量をあげるのもオススメ。

04.
体の節々が痛い

うんと長い眠りから目を冷ますと、体が硬直していて不快感に襲われる。もし身に覚えがあれば、それは寝すぎの証拠。

研究によると、寝すぎは長い目で見ると、体内で炎症を起こす原因になり兼ねないそう。とくに女性は要注意です。

05.

物忘れが激しい

頭がぼーっとしたり、集中できなかったり、鍵をどこに置いたかを(またもや)忘れてしまったり。

驚くことに、寝すぎると認識力や思考能力まで弱ってしまうそう。エキスパートたちが推奨する、ほどよい睡眠時間《7時間》を意識してみて。

06.
毎朝寝坊してしまう

5908856890720256

8時間以上寝ているのに、まったく起きれないと言うのはさすがに心配。このような状態が続いているなら、場合によってはお医者さんに相談してみたほうがいいかもしれません。


【TABI LABOのsarahahができました◎】
 
・TABI LABOでこんな記事が読みたい

・こういう記事が好き

・何か聞きたいこと、伝えたいこと
 
などなど、匿名でポチッと受付中です。こちらからどうぞ
Licensed material used with permission by Elite Daily
寝つきが悪い人は共感できるだろうが、すぐに眠れない夜は「寝よう」と思うことさえストレスに感じることがある。そこで改善するための8つの方法を紹介。翌日寝不足...
睡眠アプリ「Shleep」は、あなたの睡眠を分析して、ありとあらゆる知識を与えてくれます。操作もカンタンなので、ストレスフリーで使い続けることができそうです。
Rebecca Endicottさんは「パジャマを着て寝る人が大半だろうけど、裸で寝ることにもメリットがたくさんあるということを知ってほしいわ」と言います...
「Philips」の「SmartSleep」は、1日の睡眠が7時間以下の人のためのデバイス。睡眠の質を高めてくれる機能があるようです。
Doctors Me(ドクターズミー)医師、その他専門家「Doctors Me」は、医師、歯科医、栄養士、カウンセラー、薬剤師、獣医などに直接相談できる、...
寝ても寝ても寝足りない。睡眠時間は十分取っているはずなのに、なんだか体がダルくてすぐ眠くなる…。ひょっとしたらそれ、「いびき」が原因かもしれません。そんな...
ここで紹介する「Landysh」氏の作品は、とにかく眠ることが好きな人々へ向けたイラストの数々。ユーモア溢れるメッセージと共に、どうぞ!01.朝が昼ごろに...
LittleThingsが言うには、夫婦の寝室は分けた方が良い。寝返りがうてる、静かに寝れる、睡眠を妨害されない。心と体を整える睡眠環境に、もう一度目を向...
パーソナルスペースを作ってくれて、風避けとしても活躍してくれるパーカーのフード。頭が覆われるので安心感を得られるメリットも。「HoodiePillow」は...
日本人は「あまり寝ない国民」と言われています。季節の関係で、なかなか寝付けなかったり、寝ていても疲れが取れない、ということはありませんか?睡眠は、体の機能...
一日のコンディションを整えるためには、睡眠の質を上げる必要があります。こうは言ってみたところで、何をどうすればその質は向上する?医師の平島徹朗さんは、著書...
睡眠時無呼吸症候群をチェックするために、「Go2Sleep」は開発されました。指輪型のデバイスをつければ、ありとあらゆるデータを集めて、分析してくれるそうです。
いつまでも綺麗で滑らかなデコルテで勝負したいものです。保湿ケアやマッサージももちろんの事、実は、睡眠の体勢によって肌へのストレスが変わるもののようです。そ...
中国のある研究では、睡眠時間が精子の減少に関係しているという結果を出しました。そんな中、働く時間の長い日本人の睡眠不足は、必ずしも少子化とは無関係とは言え...
「エジソンやナポレオンは4時間しか寝なかった」とか、「織田信長の睡眠時間は3時間だった」とか、何かと偉人たちのショートスリーパー伝説が語られがちな昨今。か...
疲労を回復し、カラダのメンテナンスをしてくれる“睡眠”。その効果は、自分に合った最適な睡眠時間にこだわることで、さらに高めることができるそう。これは多忙な...
Doctors Me(ドクターズミー)医師、その他専門家「Doctors Me」は、医師、歯科医、栄養士、カウンセラー、薬剤師、獣医などに直接相談できる、...
ちゃんと寝れなかった翌日は、1日だるくなってしまうもの。ここで紹介するのは「Power of Positivity」が推薦する、快眠を得るための4つの習慣...
もう少し体をスッキリさせて月曜日に備えたい。「Elite Daily」のCaroline Burkeさん曰く、昼寝を上手に使えば、求めている"スッキリ"は...
寝ても寝ても疲れがとれない……。という人は、「Little Things」でAngel Chang氏によって紹介されているリストをチェックしてみてはいかが...