三度の飯より寝るのが好き!睡眠への愛を描いた「18枚のイラスト」に、思わず共感・・・

ここで紹介する「Landysh」氏の作品は、とにかく眠ることが好きな人々へ向けたイラストの数々。
ユーモア溢れるメッセージと共に、どうぞ!

01.

85singo_sleep-doodles-002

朝が昼ごろに来てくれないと私は朝型にはなれません

02.

85singo_sleep-doodles-003

未来は、夢にかかってる!だから、もう寝よう

03.

85singo_sleep-doodles-004

やれやれ、2回昼寝すると1日があっという間に終わっちゃうよ

04.

85singo_sleep-doodles-005

決めた。ちゃんと運動しよう今日は左へ動いたから明日は右のほうですかね

05.

85singo_sleep-doodles-006

私、寝るのが得意なんですよ目をつぶるだけでできちゃいますから

06.

85singo_sleep-doodles-007

ベッドから出る時に読む一句。NO NO NO NO NONO NO NO NO NO NO NONO NO NO NO NO

07.

85singo_sleep-doodles-008

おれ、ベッドの上では凄いんだ1日中だって大丈夫だからね

08.

85singo_sleep-doodles-009

床に臥します(本気でベッドから出たくないんです)

09.

85singo_sleep-doodles-010

朝型じゃないんですよね

10.

85singo_sleep-doodles-011

今日はコーヒーにコーヒー飲ませなきゃいけないほど眠い

11.

85singo_sleep-doodles-012

永久に寝てたい

12.

85singo_sleep-doodles-013

寝る前にどれだけ睡眠時間がとれるか計算するのって、私だけ?

13.

85singo_sleep-doodles-014

明日のためにアラームをセットしなくていいって、超しあわせ

14.

85singo_sleep-doodles-015

慣性の法則:寝てる体は、そのまま寝たがる

15.

85singo_sleep-doodles-016

いつだって寝ていたい

Licensed material used with permission by Landysh(Blog)Lingvistov(HP).

寝ても寝ても、改善されない理由がここにあるかも。
夜寝る前に必ずしてしまう一人反省会、何よりも楽しいひとりで過ごす時間。人と話したりするのがちょっと苦手な内向的な人なら、思わず共感してしまうイラストが話題...
胸がギュッと締め付けられるほど切なかったり、燃えるように熱い気持ちになったり。自分でもびっくりするくらい、思いにあふれてしまうのが本気の恋愛だと思う。様々...
本記事では推奨されている最適な睡眠時間を専門家インタビューを通して紹介しています。最適な睡眠時間を確保できない場合のリスクや自分にとってのベストな時間を探...
応援購入サービス「Makuake」で販売中のバックパック「UPIXEL」は、専用のチップをバッグ背面にはめることで、自作のドット絵を簡単にデザインできるユ...
ある研究によれば、早起きができるかどうかは遺伝子によって決められているのだとか。この結果を「Elite Daily」が詳しく紹介しています。
お互いに好きであっても、相手の心を傷つけてしまうことはあるもの。時々であるならまだしも、一緒にいると不幸になるんじゃないかと。見ているコチラが心配になるよ...
本記事では眠りの専門家が選ぶオススメの睡眠アプリを紹介しています。現在、さまざまな睡眠に関するアプリがリリースされており、いざダウンロードしようにも種類が...
寝つきが悪い人は共感できるだろうが、すぐに眠れない夜は「寝よう」と思うことさえストレスに感じることがある。そこで改善するための8つの方法を紹介。翌日寝不足...
かのナポレオンは、一日に3時間しか寝なかった。なんて言い伝えがあるけれど、人間にとって本当に必要な睡眠時間は、はたしてどの程度なのだろか?ここに登場する、...
5月14日、オーストラリア発のウェルネスブランド「Swisse Me」が「FOODPORN(フードポルノ)」というタイトルのCMを公開した。
本記事では、睡眠不足が招く健康リスクを専門家にインタビューをし、わかりやすくまとめています。放っておく危険性のほか、睡眠不足の原因や効果的な改善方法につい...
「ふぅ〜」っとため息が止まりませんでした。見ているだけで、やさしい愛が伝わってくるカップルのイラスト。どれも、何気ないシーンなんだけど、平凡だからこそ共感...
LittleThingsが言うには、夫婦の寝室は分けた方が良い。寝返りがうてる、静かに寝れる、睡眠を妨害されない。心と体を整える睡眠環境に、もう一度目を向...
睡眠アプリ「Shleep」は、あなたの睡眠を分析して、ありとあらゆる知識を与えてくれます。操作もカンタンなので、ストレスフリーで使い続けることができそうです。
これら15枚のイラストは、Viola Wangさんが描いた遠距離恋愛中のカップルの日常。一連の流れが、「切ないながらもキュンキュンする」と話題になっていま...
ウール専門ブランド「Woolly」が、ランニング用として徹底的にこだわり抜いたソックスを開発。
「Apple」が6月のプライドマンスに向けて二種類のアップルウォッチバンドを発表。一つはNikeとのコラボ商品だとか。
あなたは朝の目覚めがいい方ですか? それとも目覚ましアラームを止めて二度寝してしまうタイプ?朝はいつでもすっきり目覚められるというあなたは、朝型人間です。...
「Philips」の「SmartSleep」は、1日の睡眠が7時間以下の人のためのデバイス。睡眠の質を高めてくれる機能があるようです。
もう少し体をスッキリさせて月曜日に備えたい。「Elite Daily」のCaroline Burkeさん曰く、昼寝を上手に使えば、求めている"スッキリ"は...
「The New York Times」「Time」などなど、これまでに数々の媒体でイラストを描いてきたクリストフ・ニーマン氏。ポップで知的な作品が人々に...
目覚めるタイミングはレム睡眠中が良いとされていますが、それはなぜなのでしょうか?本記事ではそんな疑問を解決できるよう、レム睡眠とノンレム睡眠の仕組みについ...
睡眠時無呼吸症候群をチェックするために、「Go2Sleep」は開発されました。指輪型のデバイスをつければ、ありとあらゆるデータを集めて、分析してくれるそうです。