どれだけパートナーを愛していても、同じベッドでは寝ないほうがいい!という主張

社内の女性陣に「恋人(または旦那さん)の隣で寝ている時、正直ひとりで寝たいと思ったことがある?」と聞いてみたところ、60%が「YES!」でした。パートナーと一緒に寝ることで安眠できてない人って、じつは意外と多いのかも?

NYで活動している作家・Laura Caseleyさんは、もっぱら"ひとり派"のようで、その快適さについて「LittleThings」で語っています。言っているのは当たり前のことなんだけど、このゆる〜いイラストがあまりにも気持ち良さそうだから、今日はひとりで寝てみようかなってなりますよ。

07a9c71d2b12f3ee353b4ff8dc8ff3a2e359e16f

一緒に寝ることが、悪だと言いたいわけではないんです。人肌の温かさ、ぎゅっと抱きしめてくれる感触は心地良いし、体調が悪い時には安心させてくれる。

でも、熟睡できるか?というのはまた別の話。一部の研究者は、「他人と一緒に寝ることで健康を損なう可能性がある」とも言っています。愛していれば、イビキすらも可愛いと思うかもしれないけれど、睡眠の質は低くなるでしょう。

改めて考えてみてください。やっぱり、ひとりで寝るのが最高じゃないですか?

もちろん、寝返り打ち放題

674497128ce4a2ef1b348da596c65a79342d401b

もう、好きなだけ大の字で寝てもらって結構です。隣の人を蹴る心配も無用。居心地が一番いい場所を、独り占めしてください。そうすることで睡眠の質も上がって、疲れが取れるでしょう。

これぞ「最幸」のスタイル!

6c6e5da2840d132f1ab732d85b9285729bca760a

無意識だろうと何だろうと、毛布の奪い合いはストレスです。夜中に寒くて起きるなんて、このスタイルなら無縁のこと。温もりは全てあなたのもの。

「私の適温」こそ正義

90fdc942d84f68bf4fa36ca3f6ef321563db12f4

パートナーが寒がりや暑がりの場合、常にどちらかが妥協しなくてはいけません。エアコンをつけるか、つけないか、という論争はもう終わり。窓を開けるか、扇風機を回すか、自分の寝心地だけを考えればいいわけです。

誰にも「深夜の至福」を邪魔されない

1d8bdd4243470b2d4bdf052f4f6e5a80495dbc41

誰しも、特有の生活リズムと睡眠サイクルを持っています。深夜のちょっとした楽しみは意外と大切で、妨害されるとストレスに繋がるのです。別の部屋で寝ていれば、夜中に目が覚めて読書してたって問題ナシ。

相手のアラームに起こされない

9eb5da83249c5b7bebd9adfdc98421acc65774ca

アラームが鳴ってすぐに起きれるかどうかは、個人差があります。起きたら自分のセットした時間じゃなくて、相手のスヌーズだった……って嫌ですよね。もっと寝れたのに。

静寂を独り占め

67d49b8029e6f9dcda94ce860c4be5cdd825c0e2

イビキ、歯ぎしり、寝言、まとめてさようならです。たとえ愛していても、隣にいる人がうるさければ、安眠することはできません。静寂は、自分で守りましょう。

「安眠部屋」のクオリティUP!

5cf62447e2b6ebda8ae72b438daf43f0389936e9

誰にも気を使わなくていいのだから、あなたが安眠しやすいようにトコトン寝室を改良できるわけです。シーツの肌触り、枕の高さ、部屋の色、テレビの有無など。「世界一快適な場所」をつくれるのです。

もっと深い夢の世界へ…

1e625b4784de7262f637f9c99d9fb403981ce3c9

環境を十分に整えることができなくても、ひとりで寝るだけで睡眠の質は間違いなく上がります。起こしてくれる人が隣にいないという危機感をも忘れて、ぐっすり眠れるでしょう。

さあ、試しに今日はひとりで。おやすみなさい〜。

Licensed material used with permission by LittleThings
いつまでも綺麗で滑らかなデコルテで勝負したいものです。保湿ケアやマッサージももちろんの事、実は、睡眠の体勢によって肌へのストレスが変わるもののようです。そ...
健康的で爽やかな朝を迎えたいけど、朝からジョギングに行ったりヨガを始めたりするのはちょっと面倒…。毎日そんなに特別なことをしなくても、日々の習慣をちょっと...
これで朝の習慣が変わるなら…。
自分を変えるためにもいい習慣を身につけたいと思うのに、なかなか身につかない。そう思っているあなた。それはもしかすると悪い習慣が邪魔をしているのかもしれませ...
社会の常識にとらわれることなく自分らしさを追い求めるために街を駆け抜けているそう。
10月11日に東京地下鉄株式会社(東京メトロ)が丸ノ内線の新型車両「2000系」をお披露目しました。
恋愛については横に置いておいて「ひとりの時間を優先したい」と感じる時期も巡ってくるでしょう。独り身だと心配ごとも少ないし、気兼ねなく自分の好きなことを優先...
あなたの寝る前の「習慣」は大丈夫?安眠するにはどうしたら良いかを、Caroline Burkeさんが「Elite Daily」に綴っている。読むと、世の中...
夫婦関係が悪化する原因のひとつとして、よく「お金の問題」が挙げられます。特に共働きの場合、しっかり話し合わないと後で揉めることにもなりかねません。そこで岡...
寝ても寝ても、改善されない理由がここにあるかも。
大阪の北のほう、箕面(みのお)市の名物といえば、滝と紅葉と、箕面山のちょっとやんちゃなおさるたち。箕面市のローカルビール「箕面ビール」のオリジナルグラスは...
「人類進化ベッド」。楕円形で、横になった時に体を優しく包み込んでくれるソレは、土台やマットレスなど様々な部分でチンパンジーの寝床を再現した優れもの。
ちゃんと寝れなかった翌日は、1日だるくなってしまうもの。ここで紹介するのは「Power of Positivity」が推薦する、快眠を得るための4つの習慣...
リレーションシップコーチとして数々のカップルにアドバイスしてきたというJordan Gray氏。彼は、愛し合うふたりが過ごす1日の終わりについて、些細であ...
「幸せになりたい」と思いながらも、自ら「幸せ」を遠ざけている場合もあるということを知っていますか?ここでは、自著『なぜか自動的に幸せになれる72の習慣』か...
新潟県の離島、佐渡島。国際保護鳥のトキ、史跡である佐渡金山、湾内を巡る伝統のたらい舟、酒造見学、海釣り、ダイビング……ざっと考えただけでも行くべきところ、...
日本人は「あまり寝ない国民」と言われています。季節の関係で、なかなか寝付けなかったり、寝ていても疲れが取れない、ということはありませんか?睡眠は、体の機能...
結婚生活の破綻に直面した時に、「別れる」という選択ではなく「継続する」ために女性側の立場から何ができるのかを提案する著書『夫を夢中にさせる いい妻の愛され...
性別や年齢を問わず、私たちを悩ませるもののひとつ「薄毛」。遺伝的な要素ももちろんあるだろう。でも、それ以上に日常生活には、髪の毛へ大きな負担となっている習...
しあわせな恋人同士が次に目指すのは、やはりしあわせな「結婚」でしょうか。でも残念ながら、結婚したカップルのすべてがHAPPYじゃないのも現実。もともとは他...
「SleepBliss」は、ノンレム睡眠を深くしてくれるデルタ波を発するように加工した水晶。枕の下に置いておくだけで、効果を発揮してくれるそうです。
寝ても寝ても疲れがとれない……。という人は、「Little Things」でAngel Chang氏によって紹介されているリストをチェックしてみてはいかが...
寝つきが悪い人は共感できるだろうが、すぐに眠れない夜は「寝よう」と思うことさえストレスに感じることがある。そこで改善するための8つの方法を紹介。翌日寝不足...
中国のある研究では、睡眠時間が精子の減少に関係しているという結果を出しました。そんな中、働く時間の長い日本人の睡眠不足は、必ずしも少子化とは無関係とは言え...