どれだけパートナーを愛していても、同じベッドでは寝ないほうがいい!という主張

社内の女性陣に「恋人(または旦那さん)の隣で寝ている時、正直ひとりで寝たいと思ったことがある?」と聞いてみたところ、60%が「YES!」でした。パートナーと一緒に寝ることで安眠できてない人って、じつは意外と多いのかも?

NYで活動している作家・Laura Caseleyさんは、もっぱら"ひとり派"のようで、その快適さについて「LittleThings」で語っています。言っているのは当たり前のことなんだけど、このゆる〜いイラストがあまりにも気持ち良さそうだから、今日はひとりで寝てみようかなってなりますよ。

一緒に寝ることが、悪だと言いたいわけではないんです。人肌の温かさ、ぎゅっと抱きしめてくれる感触は心地良いし、体調が悪い時には安心させてくれる。

でも、熟睡できるか?というのはまた別の話。一部の研究者は、「他人と一緒に寝ることで健康を損なう可能性がある」とも言っています。愛していれば、イビキすらも可愛いと思うかもしれないけれど、睡眠の質は低くなるでしょう。

改めて考えてみてください。やっぱり、ひとりで寝るのが最高じゃないですか?

もちろん、寝返り打ち放題

もう、好きなだけ大の字で寝てもらって結構です。隣の人を蹴る心配も無用。居心地が一番いい場所を、独り占めしてください。そうすることで睡眠の質も上がって、疲れが取れるでしょう。

これぞ「最幸」のスタイル!

無意識だろうと何だろうと、毛布の奪い合いはストレスです。夜中に寒くて起きるなんて、このスタイルなら無縁のこと。温もりは全てあなたのもの。

「私の適温」こそ正義

パートナーが寒がりや暑がりの場合、常にどちらかが妥協しなくてはいけません。エアコンをつけるか、つけないか、という論争はもう終わり。窓を開けるか、扇風機を回すか、自分の寝心地だけを考えればいいわけです。

誰にも「深夜の至福」を邪魔されない

誰しも、特有の生活リズムと睡眠サイクルを持っています。深夜のちょっとした楽しみは意外と大切で、妨害されるとストレスに繋がるのです。別の部屋で寝ていれば、夜中に目が覚めて読書してたって問題ナシ。

相手のアラームに起こされない

アラームが鳴ってすぐに起きれるかどうかは、個人差があります。起きたら自分のセットした時間じゃなくて、相手のスヌーズだった……って嫌ですよね。もっと寝れたのに。

静寂を独り占め

イビキ、歯ぎしり、寝言、まとめてさようならです。たとえ愛していても、隣にいる人がうるさければ、安眠することはできません。静寂は、自分で守りましょう。

「安眠部屋」のクオリティUP!

誰にも気を使わなくていいのだから、あなたが安眠しやすいようにトコトン寝室を改良できるわけです。シーツの肌触り、枕の高さ、部屋の色、テレビの有無など。「世界一快適な場所」をつくれるのです。

もっと深い夢の世界へ…

環境を十分に整えることができなくても、ひとりで寝るだけで睡眠の質は間違いなく上がります。起こしてくれる人が隣にいないという危機感をも忘れて、ぐっすり眠れるでしょう。

さあ、試しに今日はひとりで。おやすみなさい〜。

Licensed material used with permission by LittleThings
いつまでも綺麗で滑らかなデコルテで勝負したいものです。保湿ケアやマッサージももちろんの事、実は、睡眠の体勢によって肌へのストレスが変わるもののようです。そ...
健康的で爽やかな朝を迎えたいけど、朝からジョギングに行ったりヨガを始めたりするのはちょっと面倒…。毎日そんなに特別なことをしなくても、日々の習慣をちょっと...
「人類進化ベッド」。楕円形で、横になった時に体を優しく包み込んでくれるソレは、土台やマットレスなど様々な部分でチンパンジーの寝床を再現した優れもの。
これで朝の習慣が変わるなら…。
現生ペンギンの共通祖先は、いつどのようにして地球上に現れたのか──? これまで多くの研究者たちが調査を続けてきたその謎が、ついに解明された。
自分を変えるためにもいい習慣を身につけたいと思うのに、なかなか身につかない。そう思っているあなた。それはもしかすると悪い習慣が邪魔をしているのかもしれませ...
仲の良いカップルが毎晩ベッドルームでしている「7つのコト」をご紹介。パートナーと一緒に読んでみて。
あなたの寝る前の「習慣」は大丈夫?安眠するにはどうしたら良いかを、Caroline Burkeさんが「Elite Daily」に綴っている。読むと、世の中...
2013年にポートランドで始まった、100%プラトニックな添い寝ビジネス『Cuddle Up To Me』。このアイデアが生まれたきっかけは、設立者の壮絶...
恋愛については横に置いておいて「ひとりの時間を優先したい」と感じる時期も巡ってくるでしょう。独り身だと心配ごとも少ないし、気兼ねなく自分の好きなことを優先...
廃棄物ゼロを目指すフランスのバイオテクノロジー企業「geochanvre」が、マスク需要の高まりを受けて、堆肥化可能な材料で出来たマスクを開発し注目が集ま...
一日の始まりを自分らしいルーティンでスタートさせる、朝の習慣。
格子状の軽量シートで掛け布団カバーの中に入れると、アプリでベッドの温度調節ができるんです。
夫婦関係が悪化する原因のひとつとして、よく「お金の問題」が挙げられます。特に共働きの場合、しっかり話し合わないと後で揉めることにもなりかねません。そこで岡...
寝ても寝ても、改善されない理由がここにあるかも。
本記事では眠りの専門家が選ぶオススメの睡眠アプリを紹介しています。現在、さまざまな睡眠に関するアプリがリリースされており、いざダウンロードしようにも種類が...
“今がツラい”みなさまを自由にするための12星座占い。元銀座ホステス・開運アドバイザー 藤島佑雪先生が、今週のアナタが「ツラい」と感じること、悩むことにお...
横浜の「アソビル」で開催されている「バンクシー展 天才か反逆者か」の会期が10月4日(日)まで延長となった。
AI搭載アイマスク『Luuna』が、あなたが抱えている睡眠に関する悩みを解消してくれるかもしれません。
折りたためるのは便利だけど、友人を自宅に招いた時に、折りたたまれたベッドが部屋の片隅に鎮座していたら、なんだか恥ずかしい。たたんだ状態でも別の家具として役...
ちゃんと寝れなかった翌日は、1日だるくなってしまうもの。ここで紹介するのは「Power of Positivity」が推薦する、快眠を得るための4つの習慣...
「SleepBliss」は、ノンレム睡眠を深くしてくれるデルタ波を発するように加工した水晶。枕の下に置いておくだけで、効果を発揮してくれるそうです。
「幸せになりたい」と思いながらも、自ら「幸せ」を遠ざけている場合もあるということを知っていますか?ここでは、自著『なぜか自動的に幸せになれる72の習慣』か...
結婚生活の破綻に直面した時に、「別れる」という選択ではなく「継続する」ために女性側の立場から何ができるのかを提案する著書『夫を夢中にさせる いい妻の愛され...