「あぁ寝れない…」という夜に試すべきこと

部屋の電気を消してベッドに横たわる。でもまったく寝つけない時がある。夕方以降はカフェインを控えたり、就寝前はスマホやPCの画面を見ないなど、できることは試したにもかかわらず、だ。

「あぁ、寝れない…」

こうして、次の日職場でしんどい思いをした事は何度もある。どうしたら改善できるか悩んでいたけれど、ある記事を参考にしてみようと思った。

それは、15歳の時からずっと不眠に悩むライターが、自身の経験を元に個人的に効果があった方法をまとめたもの。あなたもまだ試したことがない方法が見つかるかも。

01.
心配事を紙に書き出す

私が眠れない一番の原因は、心配事やマイナスな考えが頭の中をめぐってしまうから。そんな時、私はノートに自分の思いを書くようにしているわ。パソコンでもスマホでもなく、紙とペンを使って。頭に浮かぶすべての考えを書くの。特にマイナスな事をね。

一つ書き出せば次から次へとでてくる。誰かに見せる必要はないから、何を書くか制限はなし。

驚きだけどこんな簡単なことで、一日中マラソンしたってくらい疲れを感じることがある。気持ちが軽くなってベッドに横たわると、頭の中は素晴らしいほど静かになっているの。

02.
その紙をどこかへしまう

特に強い不安を抱えている時は、気持ちをノートに書き溜めた後、寝る前にその紙を小さな箱や瓶などに入れるの。

変かもしれないけど、実際に自分の気持ちを書いた紙をどこかへしまうことで、脳が落ち着いて頭の中にある問題は明日対処すればいいと思うことができるから。

03.
思い切って、一度起きる

睡眠の専門家は、寝れない時は起きろというけれど、これには賛成。経験上、眠れないままずっとベッドに横たわっていると「ベッドは寝る場所ではない」と脳が認識し始めて、より不安を感じるの。

横になって20分もしたら、一度起きて家の中を歩き回り、あまり頭を使わない何か別の事をするようにしている。例えば、大人の塗り絵。落ち着くし考えなくてもいいし、何よりも不安と心配に駆られながら横になっているよりはマシだから。

04.
逆に起きていようとする

頑張って寝ようとすると、脳がまるで自分のやりたいことに反発するかのように、さらに眠れなくなることはない?こうなると私は逆に目を見開き、面白いことでも想像して起きていようとする。そうして気づいたら寝ていたりして。変に聞こえるかもしれないけど本当よ。

05.
ベッドの上で逆さまになる

天井からコウモリのようにぶら下がるということじゃないわよ。私が不眠で苦しんでいた時、枕を足元に移して方向を変えてみることで、寝れることがあったの。時には、小さな変化が自分とベッドの相性を良くしてくれて眠れることがある。

06.
気が済むまで泣く

これも、最初に紹介した気持ちを書き出すアドバイスと同様に、溜まった気持ちを整理する時に効果的。

私は普段泣かないし、特にストレスを感じているときは嫌な気持ちを無視してしまう傾向がある。けれど、どの方法を試してもダメな時は「最後に泣いたのはいつだろう?」と自問自答しているの。

泣くことは自然で健康的な感情表現の1つ。もし辛い経験をして眠れないのなら、この方法を実践してみたらどうだろう。悲しい曲を聴いたりして、泣きたいだけ泣けばきっと寝れるはず。

Licensed material used with permission by Lindsey Weedston
寝つきが悪い人は共感できるだろうが、すぐに眠れない夜は「寝よう」と思うことさえストレスに感じることがある。そこで改善するための8つの方法を紹介。翌日寝不足...
眠れない夜にオススメのアドバイスをご紹介。今夜から、試してみてください。
本記事では、睡眠不足が招く健康リスクを専門家にインタビューをし、わかりやすくまとめています。放っておく危険性のほか、睡眠不足の原因や効果的な改善方法につい...
「人類進化ベッド」。楕円形で、横になった時に体を優しく包み込んでくれるソレは、土台やマットレスなど様々な部分でチンパンジーの寝床を再現した優れもの。
「Airbnb」から夏にピッタリの新感覚バーチャル体験が登場。「夏の風物詩」であるお化け屋敷、花火、お祭り、富士登山と、家族や友人たちと楽しめるコンテンツ...
寝ても寝ても、改善されない理由がここにあるかも。
日本人は「あまり寝ない国民」と言われています。季節の関係で、なかなか寝付けなかったり、寝ていても疲れが取れない、ということはありませんか?睡眠は、体の機能...
いつまでも綺麗で滑らかなデコルテで勝負したいものです。保湿ケアやマッサージももちろんの事、実は、睡眠の体勢によって肌へのストレスが変わるもののようです。そ...
本記事では推奨されている最適な睡眠時間を専門家インタビューを通して紹介しています。最適な睡眠時間を確保できない場合のリスクや自分にとってのベストな時間を探...
睡眠アプリ「Shleep」は、あなたの睡眠を分析して、ありとあらゆる知識を与えてくれます。操作もカンタンなので、ストレスフリーで使い続けることができそうです。
次世代スマートゴミ箱「T Air X」が「Makuake」に登場。これがあれば、フタに触れることも、ゴミ袋を縛ることも、新しい袋のセットも必要ない。
しっかり寝ているはずなのに、朝起きると、なんとなく体がダルい・・・なんてことはありませんか?それって「睡眠の質」が悪いのかもしれません。ぜひチェックリスト...
日本人のおよそ5〜8%が、睡眠時間6時間以下のショートスリーパーだとか。「一日8時間」なんて長いこと言われ続けてきましたが、睡眠は長さよりも質、という声も...
本記事では眠りの専門家が選ぶオススメの睡眠アプリを紹介しています。現在、さまざまな睡眠に関するアプリがリリースされており、いざダウンロードしようにも種類が...
「SleepBliss」は、ノンレム睡眠を深くしてくれるデルタ波を発するように加工した水晶。枕の下に置いておくだけで、効果を発揮してくれるそうです。
世界の成功者たちの睡眠時間をご紹介。あなたの成功への近道になるかも。
ストローで飲めて、飲み歩くにも丁度良い、ひんやりなめらかな新触感飲料「飲む茶碗蒸し」が誕生!「季旬 鈴なり」店主・村田明彦氏と「にんべん」の「日本橋だし場...
1984年に世界で初めてストラップ付きスポーツサンダルを開発した「Teva」が、米国の次世代アウトドアブランド「Cotopaxi」とコラボレーション。
もう少し体をスッキリさせて月曜日に備えたい。「Elite Daily」のCaroline Burkeさん曰く、昼寝を上手に使えば、求めている"スッキリ"は...
AI搭載アイマスク『Luuna』が、あなたが抱えている睡眠に関する悩みを解消してくれるかもしれません。
通常のブランケットよりも重量があり、睡眠時に使用することで体全体に心地いい圧がかかる作りとなっている「Boyfriend Blanket」。使用感はまるで...
折りたためるのは便利だけど、友人を自宅に招いた時に、折りたたまれたベッドが部屋の片隅に鎮座していたら、なんだか恥ずかしい。たたんだ状態でも別の家具として役...
週の後半。集中力、切れちゃいますよね。
仲の良いカップルが毎晩ベッドルームでしている「7つのコト」をご紹介。パートナーと一緒に読んでみて。