「悪い習慣」を「いい習慣」に変えるために、断ち切る7つのコト

自分を変えるためにもいい習慣を身につけたいと思うのに、なかなか身につかない。そう思っているあなた。それはもしかすると悪い習慣が邪魔をしているのかもしれません。

何気なく取っている行動や習慣を見直していい習慣を呼び込むために、断ちきりたい悪い習慣を7つ紹介します。

1.悪い習慣は自分に嘘をつくことが原因

20151203_bad-habits-good-practice_k01

悪い習慣は自分に嘘をつくことでどんどん増えていきます。

誰だって楽な方向に流されたいものです。でも、楽な方向に流されている間、心のどこかでは自分に嘘をつきっぱなしですよね。

自分の心と向き合い、嘘をつかない自分でいることが、悪い習慣を断ち切るための第一歩です。

2.否定的な言葉や考えを捨てる

悪い習慣を絶ち切りたいと思ったら、まずは否定的な言葉や考え方を捨てましょう。

「どうせできない」「自分は○○だから」といった否定的な言葉は、自分を甘やかす言葉でもあります。

断ち切れなかった時の言い訳を考えるのではなく、絶ち切るための努力を始めましょう。

3.不安に飲み込まれないことが大切

20151203_bad-habits-good-practice_k02

基本的に人間は保守的な生き物です。頭では現状を変える必要があると思っていても、心が納得するかは別の話。

変わることへの不安から、現状維持を求めようとします。

でも、一歩踏み出さないと何も変わりません。不安に飲み込まれてしまうのではなく、新しい一歩を踏み出す勇気を持ちましょう。

4.情報に惑わされると本質を見失う

現代社会は情報の宝庫です。でも、その情報の多さが悪い習慣を作る場合もあります。

目の前の情報に踊らされるのではなく、自分で必要な情報を選び取り、自分の判断で物事を考えるようにしましょう。

あっちにふらふら、こっちにふらふらと入ってきた情報に惑わされていては、悪習慣はいつまでも絶ち切れません。

5.悪い習慣を作る友達とは縁を切る

20151203_bad-habits-good-practice_k03

友達が原因で悪い習慣から抜け出せない人は多いです。

あなたの周りにいる友達が、あなたを悪い習慣に引きずり込もうとするのなら、思い切ってその人間関係を断ち切ることも大切です。

本当の友達なら、相手を悪い道へとは誘いません。相手が自分にとって「本当にいい友達」なのか、よく見極めましょう。

6.利害関係でものを考えるのはやめよう

利害関係があるから悪い習慣を断ち切ることができない。そう思ってはいませんか?
利害のある関係は本当に困った時には何の役にも立ちません。

よい習慣を阻む原因にもなりがちなので、利害関係ばかりでものを考えないようにしましょう。

7.悪い習慣を捨てるには、欲に飲み込まれないこと

20151203_bad-habits-good-practice_k04

悪い習慣が身についている人の多くは、欲や利益に敏感です。「自分さえよければよい」「少しでも得をしたい」というような目先の欲に目がくらむ余り、本来取るべきである「よい習慣」に気づかないのです。

いい習慣を身につけるのに大切なことは、目先の欲に惑わされないこと。目の前のことに振り回されるのではなく、物事の本質を見て判断するようにしましょう。

いい習慣を呼び込むためには、行動を阻害している悪い習慣を断ち切ることが大切です。悪い習慣ほど何となく続けてしまいがちですが、あえてその行動を変えることで、本格的にいい習慣に移行できますよ。

関連する記事

健康的で爽やかな朝を迎えたいけど、朝からジョギングに行ったりヨガを始めたりするのはちょっと面倒…。毎日そんなに特別なことをしなくても、日々の習慣をちょっと...
一日の始まりを自分らしいルーティンでスタートさせる、朝の習慣。
成功に近づくためには、毎日の習慣が大切です。「Inc.com」のライターNicholas Coleさんは、充実した毎日にするために「今すぐやめるべき12の...
「仕事をサクサク終わらせるのは難しい」。そう思うかもしれませんが、じつは悪い習慣を断ち、良い習慣を身につけることで、意外と簡単に身につけられるケースも多い...
アメリカからはじまり、世界各地で流行の兆しがあるHard Seltzer(ハードセルツァー)。今回はハードセルツァーとは何か、日本上陸しているハードセルツ...
「結局効果があるリラックス方法って何があるの?」という方のためにストレスや疲労を根本からなくせるリラックス方法をまとめました。自宅や職場で試せるものから、...
知識や教養を身につけるためにも、会話の引き出しを増やすためにも、読書ってとても大事ですよね。でも、習慣がないとなかなかできないのが読書というもの。そこで、...
明日からでも、やめましょう。
性別や年齢を問わず、私たちを悩ませるもののひとつ「薄毛」。遺伝的な要素ももちろんあるだろう。でも、それ以上に日常生活には、髪の毛へ大きな負担となっている習...
「European Journal of Social Psychology」が「習慣を断つにはどれくらいの期間が必要なのか」について96人を対象に12週...
ドクターブロナー(DR.BRONNER)の定番商品「マジックソープ」。そのラベルに込められた「想い」とは?
これまで50作にも及ぶ著書を記して来た本田直之氏。そのなかの22作をピクアップして、これまでに彼が綴ってきた言葉をまとめたのが『LIVE SIMPLY シ...
本当に優しいのかどうかは、あえて「していない」習慣から見てみよう。蚊帳の外の人を無視する、他人の時間を無駄にする、自分の意見を押し通す等は、本当の優しい人...
変化の激しい現代においてあらためて注目を集めているのが心とカラダをととのえる「マインドフルネス」という習慣。そんなマインドフルネスについて、その意味や語源...
何が自分を不幸にするのかを知ることが、幸せな生活を送るための第一歩。「Power of Positivity」のこの記事には、そうした内容がまとめられてい...
まだ2018年ははじまったばかり。何か新しいことをはじめたいと思っている人は、この習慣を取り入れてみては?
長い人生、ずっと同じ自分じゃつまらない。どうせなら、毎日少しずつ内面を磨いて、より良い自分へと変身しませんか?「Inc.」のライター、Nicolas Co...
普段何気なくやっている行動が、あなたの幸せを遠ざけている。そう指摘するのは米メディア「Power of Positivity」。がむしゃらに働いたり綺麗好...
気持ちのいい一日は「朝をどう過ごすか」にかかっています。「Inc.」に寄稿する女性起業家のElle Kaplanさんが提案する、ちょっとした朝の習慣を生活...
「幸せになりたい」と思いながらも、自ら「幸せ」を遠ざけている場合もあるということを知っていますか?ここでは、自著『なぜか自動的に幸せになれる72の習慣』か...
自分に自信のある人は絶対にやらない「13の習慣」をご紹介。ぜひ参考にして実践してみて。
「私はポジティブな習慣の力を強く信じています」。そう語るのは、「Inc.com」の人気ライター、Nicolas Coleさん。大切なのは、夢の実現に向かっ...
「幸せになるのは、どうしてこんなに難しいのだろう?」女性が生きやすい世界に向けての活動を行うTamara Star氏がこの問題について言及した記事を紹介し...
自分に自信がある人たちは、一体どこがどう違うのか?10の習慣として紹介されているので、さっそくチェックしてみましょう。「I Heart Intellige...
「Higher Perspective」にポジティブに生きるための5つの習慣が掲載されています。自分をネガティブだと捉えている人たちの中には、前向きになり...
NYのライフスタイルを中心に情報を発信する「Elite Daily」のライターZara Barrie氏は、30歳を目前にしてさまざまな悪習慣とサヨナラする...
仕事やプライベート。人生における悩みは尽きないものです。ここで参考にさせていただくのは、高田晋一さんがまとめた『自己啓発の名著から学ぶ 世界一カンタンな人...
消化器内視鏡専門医の著者・平島徹朗さんは、生きていくうえで大切にしなければならない「生活習慣」をおそろ坂にしている人が多いことを指摘します。健康への意識が...
成功は、運の良い人のところにある日突然パッとやってくるものではありません。成功する人は、運を引き寄せるような生き方をしているのです。アメリカのビジネス情報...
「仕事も終わった。さて、プライベートタイムだ♪」とはいえ、翌日に向けてのエネルギーを養う時間でもありますから、適当に過ごすだけじゃいけません。美LIFEク...