休日は、干物です。そんな人が知るべき「昼寝」のメカニズム。

せっかくの休日だったのに、寝起きが悪くて午前中はまるまる睡眠に。こんなに寝たはずなのに、なんだか疲れは取れないし、ご飯を食べたらまた眠い。

あぁ…掃除しなきゃ、明日の会議の準備しなきゃ……とは思うのに、布団の誘惑には敵わない。ベッドの滞在時間の長さは、幸福と比例する私。土日は基本、干物です。

だけど、もう少し体をスッキリさせて月曜日に備えたい。「Elite Daily」のCaroline Burkeさん曰く、昼寝を上手に使えば、求めている"スッキリ"は、短時間で手に入れられちゃうんだとか。

これって眠くてたまらない平日の午後にも、使えると思う。

長い、深い昼寝は、みんなの大好物。

でも昼寝の正しいとり方、それから昼寝をとる理想の時間を知っていますか?

中には昼寝が嫌いで、夜寝れば十分、なんて人もいます(なんて素敵な人生)。でもそれ以外の人にとって、昼寝とは、気だるい午後に打ち勝つエナジーチャージ法とも言えます。

お昼寝タイム
目安は【30分】!

それ以上寝てしまうと、起きたとき、逆にだるさが増してしまうのです。

昼寝をしたいのなら、REMサイクル(睡眠サイクルの中で最も深い眠りについている時間)を念頭に置いて、30分区切りでとるようにしましょう。

これは、おおよそ90分〜110分に渡り、計5ステージに及ぶサイクルです。その中でも最も深い眠りにつくのは、最終ステージ。

昼寝で一番好ましくないのは、この最終ステージで目覚めてしまうこと。その段階で"目覚め"という妨害が入ると、スッキリしないまま起きることになってしまいます。

要するに昼寝は、最も浅い眠りのステージで目覚めるのがベストなのです。

時間がないなら
最低10〜15分が◎

10分〜15分程度のお昼寝。英語ではこれを"パワーナップ"と呼びます。これをとると、なんと注意力と認識能力を高めてくれる効果があると科学的に証明されているそう。何よりも、夕方に何時間も寝てられない人にとって、これは最適な時間スパンですよね。これなら通勤中の電車など、どこでもサクッととれそう。

ですが、短いスパンで昼寝をするときに注意したいのは、実際に寝付くまでの時間。考えてみてください。眠りにつこうとするのに、あまり時間は割きたくないでしょう。最終的に睡眠時間よりもその時間のほうが長くなってしまっては、休まるどころか逆にストレスになってしまいます。

でも、いくら疲れていたって、日中の時間にすぐに眠りにつけないときだってあるでしょう。

それでもできるだけ早く寝付きたいときは、眠る前に体をリラックスさせるのがコツ。たとえば、深呼吸エクササイズ。脳も静まってくれる上、心拍数も下がるので、より眠りにつきやすくなりますよ。

そうしてお昼寝スポットには、涼しくて、暗いところを選びましょう。うるさかったり、寝心地の悪い場所はあまりオススメできません。

寝すぎるのは、NGです🙅。

あまりにも長い間昼寝をしてしまったり、夜遅くに昼寝をとってしまうと、睡眠周期を乱すことになります。

そうすると、翌日ドッと疲れに襲われる、なんてことも。それがいつの間にか負のサイクルに変わり、体がなかなか休まらず、眠りをつねに求めている状態が続いてしまうと、抜け出すのが大変です。

ならば、昼寝はあくまでも疲れに効く"サプリ"であって、パッと目覚めるための"必須材料"ではないと思いましょう。昼寝は、日曜日の昼下がりに自分に与える"ご褒美"くらいがちょうどいいのです。

Licensed material used with permission by Elite Daily

関連する記事

60歳以上の普段昼寝をする1534人、しない680人の計2214人を対象に認知症のテストを受けてもらった。すると、昼寝をするグループはある3つの能力におい...
昼寝をするとき、何時間寝るか決めていますか?脳に最適な昼寝時間は◯◯分と判明!間違えると、かえって疲れが溜まることに・・・ぜひ参考に。
「ネスカフェ 睡眠カフェ」の新コースでは、コーヒーを飲んだ後、入眠前には徐々に暗くなる森林の映像、起床時には青白い月明かりの映像がスクリーンから流れるとと...
お昼寝、シエスタ、パワーナップなど。「Little Things」の人気ライター、 Laura Caseleyさんが、そのメリットと効果的なお昼寝の仕方を...
発酵食品仕込み教室「神楽坂発酵美⼈堂」が、天然のヒト型セラミド配合した「オーガニック セラミド甘酒」をリニューアル発売。
マドリードにオープンしたこのお店は、働く人々のシエスタをサポートする場所なんだとか。実は、日本のある文化に影響を受けているそうです。
9月3日、オーストラリア発の寝具ブランド「コアラ・マットレス」は、同社のマットレスを搭載した車内で快適な昼寝ができるサービス「ぐぅ~すCAR お昼寝デリバ...
昼寝すると作業効率があがる!なんて話は最近よく耳にする話。シエスタ文化を取り入れる企業も話題になり、適度な休憩が大切だよねというのはもう常識。でも、どうや...
「なんかクジラみたいだなぁ」「あっちは巨人」「これはウサギっぽい」だなんて、ぼーっと考えながら夢の中にゆっくり落ちていく、このまったりした時間がたまらない。
本記事では推奨されている最適な睡眠時間を専門家インタビューを通して紹介しています。最適な睡眠時間を確保できない場合のリスクや自分にとってのベストな時間を探...
エコフレンドリーな製品を手がける「Pela」が、廃棄物を肥料に変えるコンポストマシン「Lomi」の販売をクラウドファンディングサイト「Indiegogo」...
明日からでも、やめましょう。
米メディア「Big Think」で、雇用者はコーヒーメーカーより昼寝スペースを設けるべきという内容の記事が話題になっています。昼寝をすることで生産性や忍耐...
職場で昼寝したいけど、なかなかいい場所がない。そんな悩みを解決してくれるのが、ギリシャの建築事務所「NL Studio」が開発したオフィスデスク。一見普通...
休日の予定を決めてくれるサービス「休日ハック!」は、ついつい休日をダラダラ過ごしてしまう人にオススメ! 自分では選ばないような新たな体験に出会うこともでき...
本記事では眠りの専門家が選ぶオススメの睡眠アプリを紹介しています。現在、さまざまな睡眠に関するアプリがリリースされており、いざダウンロードしようにも種類が...
目覚めるタイミングはレム睡眠中が良いとされていますが、それはなぜなのでしょうか?本記事ではそんな疑問を解決できるよう、レム睡眠とノンレム睡眠の仕組みについ...
本記事では、睡眠不足が招く健康リスクを専門家にインタビューをし、わかりやすくまとめています。放っておく危険性のほか、睡眠不足の原因や効果的な改善方法につい...
現代の食生活とマッチするよう干物をアップデート「アタラシイヒモノ」。
昼寝ってなんだか怠けているように見えるが、仕事のデキる人こそ取り入れている。実はNikeやGoogleも、仕事の時間内に効率アップのため昼寝(パワーナップ...
「星野リゾート」が展開する「軽井沢星野エリア」で森の空間でお昼寝を楽しむ「ぬくぬく冬眠ハンモック」プランが、2021年2月28日(日)まで販売中。
本記事ではロングスリーパーの原因や睡眠時間を短くする方法について専門家にインタビューを行いわかりやすく紹介しています。他の人よりも睡眠時間が長いことにお悩...
終活イベントの「入棺体験」での「集中できる」「瞑想したくなる」「落ち着く」といった体験談や、社内でも集中したいときに「ちょっと棺に入る」という社員が出始め...
午後からの仕事の効率を上げるために、昼の休憩で仮眠を取りたいという人も少なくないはず。とはいっても、職場でリラックスして寝るのってなかなか難しいですよね。...
一日のコンディションを整えるためには、睡眠の質を上げる必要があります。こうは言ってみたところで、何をどうすればその質は向上する?医師の平島徹朗さんは、著書...
ショートスリーパーになって、仕事やプライベートの時間を増やしたいと考える人も少なくないでしょう。本記事ではショートスリーパーになる方法やリスクについて睡眠...
ぽかぽか陽気で日だまりでお昼寝するのが気持ちいい季節になりました。芝生にコロンと寝っ転がりたくなりますよね。もし、そんな時に、コンパクトに畳めてラクラク持...
人間が、人生のうちの約26年もの時間を睡眠に費やしているって、知ってました?今回紹介するのは睡眠に関する意外なトリビアの数々。まだまだ知らなかったこと、沢...
4月からの新生活にも慣れ、あんまり忙しいので、家のワンちゃんを眺めて「お前はいいな、毎日気楽で。」なんてつぶやきたくなる毎日。いっそその犬の生活、真似して...
未知の言葉や表現に出会ったとき、まずは知らないことを恥じます。そして、その意味を知ると、「ちゃんと自分のものにして、いつかどこかで使ってやるぞ」って思うん...