「お昼寝」を取り入れて、気持ちよく働こう。

お昼寝、シエスタ、パワーナップなど。「Little Things」の人気ライター、 Laura Caseleyさんが、そのメリットと効果的なお昼寝の仕方を紹介しています。

10分の仮眠で、
リラックス。

学習や仕事の際、60~90分程度の仮眠が頭をすっきりさせてくれると言われています。また、ハーバード大学医学大学院の研究結果によれば、少なくとも「週3回30分程度」のお昼寝習慣があれば、後々の心臓病のリスクを軽減してくれる、とも。

また、お昼寝をすることでストレスを引き起こすホルモン増加が防げる、という2012年の研究結果のことも書かれています。不安やストレスを感じているなら、日中10分からでも仮眠をとる習慣をつくってみては?気持ちが上向きになり、リラックスできるかもしれません。

ストレスが原因の健康問題は、女性よりも男性のほうが多いそうです。小腹が空いたなら10~15分の仮眠を取りましょう。衝動的な食欲が抑えられるとも言われているようです。 

以下、効果的なお昼寝をするための5つの簡単なハウツーを紹介します。参考までに。

01.
お昼寝のタイミングは
「午後いち」に

「お昼寝」というだけあって、最も効果的なのは「昼食後」と言われているようです。時間が遅くなりすぎると、今度は夜の寝付きが悪くなってしまうとか。

02.
アラームのセットは
忘れずに

いくら昼寝がいいからといって、寝過ごしてしまうはちょっと…。アラームをかならずセットしておきましょう。

03.
環境にはこだわる

やや涼しくて薄暗い環境がお昼寝に向いているようです。暗すぎると深い眠りに落ちてしまい、起きられなくなってしまうことも。

明るすぎる場所なら、アイマスクをしてみましょう。気温は少し涼しいくらいが、入眠しやすいはずです。エアコンなどが効いているときは、冷えすぎないようにブランケットを使用してみてください。

04.
快眠グッズを使ってみる

お昼寝前にコーヒーや紅茶を飲んでおきましょう。カフェインが覚醒を促し、すぐ動き出せるかもしれません。

ほんの少しだけ休みたいときは、ペンを指の間に挟んで眠る、という方法もあります。指は入眠後ゆっくりとリラックスするので、ペンが床に落ちるタイミングで目が覚める…とか。

05.
ときにはお昼寝で
必要な睡眠時間を補う

平日に十分な睡眠時間をとるなんて、忙しい人にとってはなかなか難しいかもしれません。でも睡眠は、食事や水分摂取と同様、健康のためには欠かせないもののひとつです。

…と、頭ではわかっていても、ほとんどの人が十分な睡眠をとれていないそうです。48%もの人が睡眠不足を訴えていますが、睡眠不足でお昼寝を習慣にしている人は、そのうちのたった34%しかいないとアメリカの統計にあるようです。

忙しいから睡眠が取れないわけであって昼も夜も関係ないとはいえ、少しでもお昼寝で補えるようにしておいたほうがいいのかもしれません。

Licensed material used with permission by Little Things
もう少し体をスッキリさせて月曜日に備えたい。「Elite Daily」のCaroline Burkeさん曰く、昼寝を上手に使えば、求めている"スッキリ"は...
昼寝ってなんだか怠けているように見えるが、仕事のデキる人こそ取り入れている。実はNikeやGoogleも、仕事の時間内に効率アップのため昼寝(パワーナップ...
マドリードにオープンしたこのお店は、働く人々のシエスタをサポートする場所なんだとか。実は、日本のある文化に影響を受けているそうです。
昼寝すると作業効率があがる!なんて話は最近よく耳にする話。シエスタ文化を取り入れる企業も話題になり、適度な休憩が大切だよねというのはもう常識。でも、どうや...
ペインター兼スキューバダイビングのインストラクターOlga Belkaさん。わざわざ水中で絵を画く理由は、「お金がなくてダイビングができない人にも、海の美...
ニューヨーク、ローマ、パリの街中で、折り紙ドレスを着たバレリーナを撮影するプロジェクト『Pli.e Paris』。
昼寝をするときに、明確な時間を定めていますか?きっと、時間を決めずに「とりあえず寝ちゃおう!」というタイプの人が多いですよね。でも、それにはリスクがありま...
「NBC News」に掲載されたマリアーノ・ラホイ首相のコメントによれば、同国がこれまで良しとしてきた、3時間ほどの中休み習慣「シエスタ」の廃止が検討され...
ジムといえば、身体を動かしてアクティブに汗を流す場所。でも、ジムでゆっくりと身体を休めてリラックスする、という逆転の発想のクラスがイギリスで誕生しました。...
働く女子はいかなるときもストレスフル。ふと気づいたら、心も体もヘトヘトになっていませんか?会社員を経て、フリーランス、起業という道を経たライターが伝授する...
「Nice Balls」は、男性の体にぶら下がっているアレをモチーフにしたスクイーズ。要するに、ギューっと握って、ストレス解消ができるグッズです!
「SILENTMODE」は、アイマスクの役割を担いつつ、クッションが付いているのでネックピローのように使うことができます。また、耳の部分にはスピーカーが搭...
午後からの仕事の効率を上げるために、昼の休憩で仮眠を取りたいという人も少なくないはず。とはいっても、職場でリラックスして寝るのってなかなか難しいですよね。...
米メディア「Big Think」で、雇用者はコーヒーメーカーより昼寝スペースを設けるべきという内容の記事が話題になっています。昼寝をすることで生産性や忍耐...
職場で昼寝したいけど、なかなかいい場所がない。そんな悩みを解決してくれるのが、ギリシャの建築事務所「NL Studio」が開発したオフィスデスク。一見普通...
レイアウトにも気を使ったバイクストアが、日本でも増えてきました。でも、デンマークでオープンしたばかりの「United Cycling Lab & Stor...
一日のコンディションを整えるためには、睡眠の質を上げる必要があります。こうは言ってみたところで、何をどうすればその質は向上する?医師の平島徹朗さんは、著書...
日本が「ストレス社会」と呼ばれるようになって久しいですが、若者がストレスを抱えて生活しているのは、インドも同様。現状を打破するべく立ち上がったのが飲料ブラ...
プロコーチによる指導付きのビデオを見ながら、お手軽ボクササイズが自宅で楽しめるスマートアイテム、「Fight Camp」のご紹介。
なんだかいつも疲れてる?それなりにちゃんと寝てるはずなんだけど…なんてぼやきながら1日中「疲れ」と戦っている人、自分も含めて多い気がする。なんでだろう?今...
医学博士のAmy Shah氏は、「mindbodygreen」で、こう断言しています。「健康やダイエットにルールなんてない!」と。カロリー制限やハードな運...
疲労を回復し、カラダのメンテナンスをしてくれる“睡眠”。その効果は、自分に合った最適な睡眠時間にこだわることで、さらに高めることができるそう。これは多忙な...
「慢性疲労症候群」は、極度の疲弊感と微熱、筋力・思考力低下、睡眠障害などの症状が半年以上も続く病。未だ治療法は確立されていない。知名度の低さから理解されに...
睡眠不足は、様々な健康上の問題を引き起こす可能性もあるといわれている。それだけに、睡眠、ひいては、睡眠の質の重要性については、古今東西、様々な研究がなされ...