アナタは、自分の睡眠の価値を認識していますか?

睡眠不足が心と体にもたらす悪影響や、個人のポテンシャル低下は、今さら改めて書くまでもないはず。けれどその個人の睡眠不足がトリガーとなり、ひいてはそれが経済における“社会悪”となる、こんな分析結果を紹介したい。

なんでも日本の経済的損失はかなり大きく、この国の明暗を労働者一人ひとりの睡眠が握っていると言ってもおかしくないほどだとか。

“睡眠”は金なり。

この調査はイギリスの非営利団体「RAND Europe」とケンブリッジ大学が協力し、英国内の優良企業に対して調査を実施、分析とリサーチを行ったもの。同団体のクライアントは、おもにヨーロッパの公共施設、政府、大学、民間企業などだという。

今回の調査では、なぜ眠りが大切なのかを、睡眠不足による経済的損失面から紐解いていくため、イギリスのほかにアメリカ、ドイツ、カナダそして日本の5カ国で比較。各国における被雇用者の睡眠時間、職場でのパフォーマンス、さらには、それらがもたらす経済的影響の予測を膨大なデータから定量したという。

ひとりの睡眠不足が生産性低下をまねき、それがいかにして国民経済に影響を及ぼすかが結論づけられたこの調査。これが本当に数字通りに影響しているとしたら、明日からの生活習慣を見直す必要があるかも、と本気で思えてしまう。

では、その中身を詳しく見ていこう。

蓄積される日本人、一人ひとりの寝不足

健康への影響から。

ベースとなるのは、VitalityHealth社が実施した英国国内の職場環境調査。夜間の睡眠が平均6時間以下の人は、7〜9時間眠る人に比べて死亡率のリスクが約13%高く、6〜7時間眠る人は死亡率リスクが約7%高いというデータがある。そこから導き出した7〜9時間の睡眠が、日々の健康的な睡眠量というのは、広く言われているところで納得だろう。

RAND Europeによる5カ国調査では、日本は労働人口(*)ベースで考えたとき、総計年間60万日を超える労働時間を睡眠不足のために失っていることが判明した。寝不足が原因となり、職場での生産低下は被雇用者が職場にいない状態(欠勤)、もしくは職場にいても最適以下のレベルでしか働けていない疾病就業、これらの組み合わせが大きな損失を招く原因なんだそう。

*労働人口とは、15歳以上で労働する能力と意思をもつ人の数。総務省統計局の労働力調査(2016年12月分)によると、日本の就業者数はおよそ6,466万人。

国内GDPの約3%が睡眠不足により損失

この睡眠不足がもたらす体調不良、やる気の低下、作業効率ダウンは、積もり積もって日本経済に大きな損失を生んでいた。その数、年間で最高約1,380億ドル。国内GDPのじつに2.92%にあたる数字。

ちなみに調査結果から、被雇用者の中心を担う世代の睡眠時間が6時間以下から、もう数時間プラスして6〜7時間に増やすだけで、日本経済に7,57億ドルの追加が見込めるという試算も。これを鵜呑みにするわけではないが、このわずか数時間の睡眠の差で、これだけ数字に開きが出ると聞かされると、驚かないわけにはいかない。

調査を指揮したRAND Europeの研究指導員Marco Hafnerは、睡眠不足が健康だけでなく、国民経済に多大な影響を与える事実に注目するよう呼びかけている。

「つまり個人の睡眠習慣と睡眠時間の改善は、非常に大きな意味があるのです。私たちの調査が示すように、単純な変化が大きな違いにつながるということです」

ところで、他の国々はどうだったのか。各国ともに損失はあるものの、損失額で約4,110億ドルと大きかったアメリカを除いては日本よりもはるかにマシな数字。

アメリカ:
GDPの2.28%
損失額約4,110億ドル
労働時間損失約120万日


ドイツ:
GDPの1.56%
損失額約600億ドル
労働時間損失約20万日


イギリス:
GDPの1.86%
損失額約500億ドル
労働時間損失約20万日


カナダ:
GDPの1.35%
損失額約214億ドル
労働時間損失約8万日

睡眠時間を割いてまで…は、結局のところ“高くつく”というんだとしたら、あまりにもやるせない。けれどこれも事実、か。

Licensed material used with permission by RAND Europe

関連する記事

本記事では推奨されている最適な睡眠時間を専門家インタビューを通して紹介しています。最適な睡眠時間を確保できない場合のリスクや自分にとってのベストな時間を探...
本記事では、睡眠不足が招く健康リスクを専門家にインタビューをし、わかりやすくまとめています。放っておく危険性のほか、睡眠不足の原因や効果的な改善方法につい...
本記事では眠りの専門家が選ぶオススメの睡眠アプリを紹介しています。現在、さまざまな睡眠に関するアプリがリリースされており、いざダウンロードしようにも種類が...
目覚めるタイミングはレム睡眠中が良いとされていますが、それはなぜなのでしょうか?本記事ではそんな疑問を解決できるよう、レム睡眠とノンレム睡眠の仕組みについ...
東京オリンピック・パラリンピックのチームUSA閉会式パレードユニフォームとアパレルコレクションを「ラルフ ローレン」が今月発表した。
CMや雑誌、ネットの特集などでも扱われることの多い腸内細菌。なんと、その細菌が「睡眠」にまで影響を与えていることが、米「ミズーリ大学」の医学部研究チームの...
睡眠不足は、様々な健康上の問題を引き起こす可能性もあるといわれている。それだけに、睡眠、ひいては、睡眠の質の重要性については、古今東西、様々な研究がなされ...
中国のある研究では、睡眠時間が精子の減少に関係しているという結果を出しました。そんな中、働く時間の長い日本人の睡眠不足は、必ずしも少子化とは無関係とは言え...
「ドームコンフォーター」は、シリコンバレーの最先端の睡眠医学に基づく革新的な睡眠グッズ。『スタンフォード式最高の睡眠』の著者で睡眠研究の第一人者でもある西...
ランキング機能を搭載した睡眠計測アプリ「ドクタースリーピング」が登場!モチベーションの維持が簡単で、さらに計測した睡眠スコアを「Futonto」直営店で使...
4月10日、フランス政府は、鉄道で2時間半以内に行ける場所への国内線フライトの運航を全面的に廃止する法案を国民議会(下院)で可決した。
『スタンフォード式 最高の睡眠』の著者・西野精治が開発した脳眠枕「BRAIN SLEEP PILLOW(ブレインスリープピロー)」が先週8日(金)より販売開始。
食品ベンチャー企業「ウェルナス」が、世界で初めて「ナス」の睡眠改善効果を臨床試験で確認した。これは関与成分である「ナス由来コリンエステル」が、自律神経調に...
睡眠アプリ「Shleep」は、あなたの睡眠を分析して、ありとあらゆる知識を与えてくれます。操作もカンタンなので、ストレスフリーで使い続けることができそうです。
睡眠時無呼吸症候群をチェックするために、「Go2Sleep」は開発されました。指輪型のデバイスをつければ、ありとあらゆるデータを集めて、分析してくれるそうです。
「カルビー」初の機能性食品「にゅ〜みん」は、睡眠の質を高め、起床時の眠気や疲労感の緩和が報告されている「クロセチン」を含有した「可食性フィルム」。独自の市...
ショートスリーパーになって、仕事やプライベートの時間を増やしたいと考える人も少なくないでしょう。本記事ではショートスリーパーになる方法やリスクについて睡眠...
本記事ではロングスリーパーの原因や睡眠時間を短くする方法について専門家にインタビューを行いわかりやすく紹介しています。他の人よりも睡眠時間が長いことにお悩...
世界の成功者たちの睡眠時間をご紹介。あなたの成功への近道になるかも。
「Philips」の「SmartSleep」は、1日の睡眠が7時間以下の人のためのデバイス。睡眠の質を高めてくれる機能があるようです。

おすすめ記事

米国にできた最新の「7-Eleven Evolution」で夢のような宿泊プランが企画中。快適なラウンジシートや「プレイステーション 5」が用意されている...
「ラムを作ろう、壁ではなく」というタイトルのユニークな動画広告は、オーストラリアのラム肉メーカー「Australian Lamb」が制作したもの。「私たち...
埼玉県、名栗エリアの北欧文化を体験できる施設「Nolla naguri(ノーラ名栗)」が、グランピングエリア開業にともない2021年4月29日(木)にグラ...
「Goldwin」の2021年春夏シーズンのコレクションがローンチ。
3月16日、軽井沢にほど近い御代田町に新たなラグジュアリーホテル「THE HIRAMATSU 軽井沢 御代田」が開業。すでに予約を受付中。
「ToDoリストなんて、ロボットのためのシステムに等しい」、こう断言するのは、脱サラしてミレニアル世代に向けたコンサル会社を立ち上げた、起業家Daniel...
このコラムでは、ここ数回に渡り、どんなこともビジネスにできるビジネス脳を持ってITを使った業務の効率化で働く時間を半分にできれば「自由に働き方を選べる...
ドヤったはずが、大間違い。社会人として知っておきたい「日本語」
今月1日、「帝国ホテル東京」がホテル内での「サービスアパートメント」をローンチ。3月15日からの入居開始に先駆け、現在、予約を受付中だ。
失敗するのが怖いーー。外国語の勉強をしている人なら、一度は感じたことがある悩みでしょう。でも、遅かれ早かれ、いつかは必ず失敗するものなのです。だったら最初...