6時間睡眠は、飲酒状態と同じ?しかも、寝不足の回復には数ヶ月かかることも・・・

Licensed material used with permission by:AsapSCIENCE

毎日の睡眠時間、どれくらいとっていますか?もしかして、6時間で十分!なんて思っているんじゃ…。その考え、危険かもしれません。

サイエンス系YouTubeチャンネル「AsapSCIENCE」の動画では、4・6・8時間それぞれの睡眠時間で生活した場合、一体どんな影響が現れるのかを詳しく説明しています。その結果には驚き。日本語字幕で見ることが出来るため、一度覗いてみては?ここからは、動画の内容を具体的に説明していきます。


 最適な睡眠時間って?
注目の実験結果とは

ペンシルベニア大学とワシントン州立大学が行った実験では、1日平均7~8時間睡眠をとっている健康な男女を48名集め、3つのグループに分けました。

14日後、8時間睡眠のグループに比べると、4・6時間睡眠のグループの注意力が確実に欠如していることがわかりました。

85singo_スクリーンショット 2015-06-25 23.10.09

まず、6時間睡眠のグループは、酒に酔っている時と同じような状態になっていたことがわかり、4時間睡眠のグループはテストの途中で寝てしまう人も現れる始末。

85singo_スクリーンショット 2015-06-25 23.10.42

さらに興味深いことに、4・6時間睡眠のグループの脳機能は、ある一定のレベルまで落ちて横ばいになるのではなく、時間が立てば立つほど下り続けていきました。

つまり、睡眠不足のダメージは累積されるということがわかったのです。

睡眠不足のダメージは
どんどん貯まっていく

85singo_スクリーンショット 2015-06-25 23.22.57

では、睡眠不足のダメージは回復できるのでしょうか?検証の結果、1〜2日の睡眠不足はすぐに解消されるようでしたが、数週間から数カ月にわたる慢性的な睡眠不足のダメージの場合、その分長い期間、質のいい睡眠をとる必要がありました。

数週間から数ヶ月かけて脳機能は回復するといいますが、長期間の睡眠不足によるダメージが恒久的なダメージを残すのかどうかについては、未だにハッキリとはわかっていないようです。

ちなみに、睡眠不足という習慣にも次第に慣れてしまうため、自分では能力の減退に気づくことが出来ないのだとか…。

85singo_スクリーンショット 2015-06-25 23.23.37

睡眠不足は厳禁
でも、寝過ぎるのも危険!

そうなると、一体どのくらい睡眠を取れば十分なのかが気になるところ。多くの科学者達が言う理想の睡眠時間は7〜8時間。統計によれば、睡眠時間が7時間未満の人々は、心臓病や肥満、糖尿病のリスクが高まり、その他の病気も含めた死亡リスクは12%高くなったそうです。

しかし、ここでもう1つ驚きの事実としてあるのは、長時間睡眠を取る人々についても同様に心臓病や肥満、糖尿病のリスクが高まり、死亡リスクが30%増したこと。つまり、寝過ぎもよくないのです。

85singo_スクリーンショット 2015-06-25 23.24.10

必要な睡眠時間には、遺伝的な要因も関係しているようです。6時間睡眠でも平気な人というのは、遺伝子に特定の変異があることがわかっています。ある実験では、その遺伝子に似せてマウスの遺伝子を組み替えたところ、1.2時間も長く起きていられるようになったといいます。

結果、同様の遺伝子を持つ人は、生物学的に効率のいい睡眠をとっていることがわかりました。

85singo_スクリーンショット 2015-06-25 23.24.24

結局のところ、最適な睡眠時間は自分の体に判断してもらうしかないというわけ。万人に合わせた規格は存在しません。結論として、なんともざっくりしてしまいますが、眠たい時は寝るというのが一番のようです。

85singo_スクリーンショット 2015-06-26 0.56.03

あなたはいつも何時間寝ていますか?もしも、毎日継続的にちょっとだけ無理をして頑張っているというのであれば、気づかないうちにとてつもなく能率の悪い状態で日々を過ごしている可能性があります。

眠いと思ったら寝る。と聞くと、そんな自由な暮らしなかなかできないよ…とも思ってしまいますが、もし改善することができれば、それこそ無視できないくらいの劇的な変化が望めるかもしれません。

Licensed material used with permission by AsapSCIENCE

睡眠アプリ「Shleep」は、あなたの睡眠を分析して、ありとあらゆる知識を与えてくれます。操作もカンタンなので、ストレスフリーで使い続けることができそうです。
本記事では推奨されている最適な睡眠時間を専門家インタビューを通して紹介しています。最適な睡眠時間を確保できない場合のリスクや自分にとってのベストな時間を探...
本記事では、睡眠不足が招く健康リスクを専門家にインタビューをし、わかりやすくまとめています。放っておく危険性のほか、睡眠不足の原因や効果的な改善方法につい...
「6時間以下の睡眠を毎日続けているのであれば、あなたの精神と身体能力は、2日間徹夜した状態と同じ程度まで低下しているかもしれない…」。ここで紹介するのは「...
海藻に特化したブランド「SEASON」が手掛ける「三陸海藻バター」。調味料ならぬ「風味料」として、いま注目のバターです。
本記事では眠りの専門家が選ぶオススメの睡眠アプリを紹介しています。現在、さまざまな睡眠に関するアプリがリリースされており、いざダウンロードしようにも種類が...
目覚めるタイミングはレム睡眠中が良いとされていますが、それはなぜなのでしょうか?本記事ではそんな疑問を解決できるよう、レム睡眠とノンレム睡眠の仕組みについ...
中国のある研究では、睡眠時間が精子の減少に関係しているという結果を出しました。そんな中、働く時間の長い日本人の睡眠不足は、必ずしも少子化とは無関係とは言え...
一日のコンディションを整えるためには、睡眠の質を上げる必要があります。こうは言ってみたところで、何をどうすればその質は向上する?医師の平島徹朗さんは、著書...
「Philips」の「SmartSleep」は、1日の睡眠が7時間以下の人のためのデバイス。睡眠の質を高めてくれる機能があるようです。
インテリアショップ「Francfranc(フランフラン)」が、「Ubereats(ウーバーイーツ)」に登場。先月25日よりスタートし、来年3月31日まで実...
睡眠不足は、様々な健康上の問題を引き起こす可能性もあるといわれている。それだけに、睡眠、ひいては、睡眠の質の重要性については、古今東西、様々な研究がなされ...
疲労を回復し、カラダのメンテナンスをしてくれる“睡眠”。その効果は、自分に合った最適な睡眠時間にこだわることで、さらに高めることができるそう。これは多忙な...
睡眠時間を割いてまで必死になって働いても、給与には反映してこない。そればかりか逆効果だって!?それを証明するような研究があります。シンプルに言えば、睡眠時...
睡眠不足が心と体にもたらす悪影響や、個人のポテンシャル低下は、今さら改めて書くまでもないはず。けれどその個人の睡眠不足がトリガーとなり、ひいてはそれが経済...
世界の成功者たちの睡眠時間をご紹介。あなたの成功への近道になるかも。
木の糸から生まれた自然由来のマスク「サステイナブル・ナノ木糸(MOKUITO)マスク」が登場。医療用レベルの性能を備え、サステイナブルな背景ももつ話題のア...
細かい設定いらずで、除菌のみの機能を有したシンプル設計の歯ブラシ除菌キャップが登場。コンパクトサイズだから外出時に最適で、新紫外線「UV-C LED」使用...
睡眠時無呼吸症候群をチェックするために、「Go2Sleep」は開発されました。指輪型のデバイスをつければ、ありとあらゆるデータを集めて、分析してくれるそうです。
「いいから寝かせてくれ!」というのが本音かも?ですが、長生きするためにも一応見ておきましょう。2015年12月9日に発表されたシドニー大学の研究結果に注目...
CMや雑誌、ネットの特集などでも扱われることの多い腸内細菌。なんと、その細菌が「睡眠」にまで影響を与えていることが、米「ミズーリ大学」の医学部研究チームの...
睡眠不足は体に悪いといわれているが、果たして睡眠過多はどうなのだろうか?最新の研究では、8時間以上の睡眠は健康を損なう可能性があるという。一体どういうこと...
人間が、人生のうちの約26年もの時間を睡眠に費やしているって、知ってました?今回紹介するのは睡眠に関する意外なトリビアの数々。まだまだ知らなかったこと、沢...
イギリスの医師マイケル・モズレーは、BBCのプレゼンターとして、また科学・医学番組のプロデュースも手掛けるなど、マルチな活躍でお茶の間に知られた人物。この...