寝すぎでも寝不足でも、精子の数は減少するらしい。

肥満や運動不足などの悪習慣が精子の減少に影響を与えているらしい、ということは様々な調査結果が示していること。先日発表された研究によると、そこに「睡眠不足」も加わるようです。

これで日本の少子化の一因が明らかになった、とは少々言い過ぎでしょうか?

寝過ぎたら、精子が減少。
もちろん「寝不足」も悪影響。

精子

「Wiley Online Library」にて公開された中国の研究は、「適切な睡眠時間に比べて、それが短くても長くても、精子の質が悪くなる」という結果を明らかにしました。

もうすこし詳しく説明すると、7〜7.5時間の睡眠を基準にした時に、長い場合には約41%、短いときには約30%も精子の質が悪かったようです。

ここでいう「質」とは、精子の数と精液の量。不妊症の要因になったり、受精の確率を下げたりと、様々な弊害を生むリスクがあります。

寝不足 精子の数に影響

7〜7.5時間の睡眠を常にキープし続けるのは少し現実的ではないかも、と思いつつ、僕はあくせくと働く日本のビジネスマンたちの姿を想像してしまいました。いったい、彼らは平均でどれくらい寝ているのでしょう?

2015年の厚生労働省の調査によれば、1日の平均睡眠が6時間以下という男性の割合は、20〜29歳が42.6%、30〜39歳が45.7%なのだとか。半分とまではいかないにせよ、多くの男性が十分な睡眠時間を確保できていないということがわかります。

近年、他国から働き過ぎと言われる日本人は、セックスレスの割合が高いから少子化が進んでいるのだろう、なんて意見もあります。だけど、そもそも寝不足を原因とする精子の減少が、少子化へと導いている可能性もあるのではないでしょうか。

関連する記事

キャッシュレス化進んでいるといわれる中国ですが、先日、旅行で訪れたところその普及度合いは想像以上でした。例えば、スーパーはもちろん、露店や市場でもキャッシ...
8月27日〜30日に「アメリカ睡眠医学アカデミー」と「睡眠研究協会」が開催した年次総会「SLEEP 2020」にて、“夕方から夜にかけての電子機器の使用”...
先月、「Human Reproduction Update」に発表されたある研究結果に、男である自分も他人事とは思えなかった。科学者たちが突き止めたのは、...
睡眠アプリ「Shleep」は、あなたの睡眠を分析して、ありとあらゆる知識を与えてくれます。操作もカンタンなので、ストレスフリーで使い続けることができそうです。
資生堂のボディケアブランド「シーブリーズ」と赤城乳業株式会社の「ガリガリ君」のコラボ商品が4月下旬より数量限定で発売。
寝ても寝ても、改善されない理由がここにあるかも。
本記事では、睡眠不足が招く健康リスクを専門家にインタビューをし、わかりやすくまとめています。放っておく危険性のほか、睡眠不足の原因や効果的な改善方法につい...

人気の記事

2021年3月16日(火)に開業する「フォションホテル京都」に、フォションブランドとして世界初出店のスパ「Le Spa Fauchon/ル スパ フォショ...
SNS映えに特化した観光サイト「スナップレイス」が、2020年の総集編として「インスタ映えスポット」ランキングトップ10を発表。
9.11を機に、国を守ろうと戦地へ向かった若い兵士たち。彼らは現在退役兵として暮らしているが、生きる目的を見出だせずにいた。そんな中、1人の元軍人が、アフ...
米国にできた最新の「7-Eleven Evolution」で夢のような宿泊プランが企画中。快適なラウンジシートや「プレイステーション 5」が用意されている...
「三井不動産」が展開する全国12都道府県38施設のホテルサブスクリプションサービス「サブ住む(すむ)」の提供がスタートした。
ニューヨークの犬用洋服ブランド「between two naps(2回のお昼寝のあいだ)」の新作は「首元を保温してくれて、いつでもお昼寝できるように」との...
「ルーブル美術館」と「ユニクロ」が2021年から4年にわたるパートナーシップを結んだことが発表された。わずか9秒でそのことに触れたティーザーがこちら。