男性の妊活を促進!精子セルフチェック「Seem」がAndroid版も提供スタート

アプリと専用キットを使いスマホで精子を撮影するだけで、濃度や運動率をセルフチェックできるサービス「Seem(シーム)」が、今月1日からAndroid版アプリの提供を開始した。

2016年にiOSアプリをリリースし、Webサイトや家電量販店でキットの販売もスタートさせてからは、ドラッグストアや薬局などでの取り扱いも年々増加。

今回はAndroid版を提供するだけでなく、価格を改定し、より手軽にチェックができるように。これは、男性が主体的に自身の精子の状態を把握し、パートナーと一緒に取り組む「ふたりの妊活」が広がることを期待してのことだ。

不妊の原因の約半分は男性にあるのだが、このことを知っている男性は半数以下だという。妊活に取り組んだ男性の約6割が自身の妊活に後悔があり、約3割が「もっとできることを実施しておけば」などと回答。

この現実を解消し、男性の妊活への参加がより促進されることを祈るばかりだ。

©リクルートライフスタイル

「Seem」
https://seem.life

※『Seem』は精液簡易チェックツールであり、医療機器ではありません。測定結果は医療機関の診断に代わるものではなく、また確定的な診断を行うものでもありません。そのため、必要に応じて医療機関を受診することをオススメします。

Top image: © iStock.com/Vadim Maslov
好奇心を満たそう!60秒以内で読める記事
絆創膏ブランドのBAND-AID®キズパワーパッド™は、就活生の靴ずれをなくすための「#スニ活」を開始。同時にスニーカーの販売も始め、新しいリクルートファ...
先月、「Human Reproduction Update」に発表されたある研究結果に、男である自分も他人事とは思えなかった。科学者たちが突き止めたのは、...
日本における乳がんの罹患率は、年々増加傾向にあります。この病にかかる可能性は、実に、16人に1人と言われているほど。もはや、決して他人事とはいえない疾患な...
中国のある研究では、睡眠時間が精子の減少に関係しているという結果を出しました。そんな中、働く時間の長い日本人の睡眠不足は、必ずしも少子化とは無関係とは言え...
「Nike」の「JORDAN BRAND」をパートナーに、「Dior」が手がける今回の「Air Diorコレクション」。パーカーやMA-1といった定番のス...