ショック! 理想のパートナーを思い浮かべると「幸せが遠のく」5つのワケ

大人になってから「結婚」について考えると、相手に求めることはどんどん増えていきます。婚活のチェックリストなんて作ろうものなら、その項目は膨大に…。

さらに、譲れないポイントも増えていくばかり。でも「Elite Daily」のBen Dutkaによる記事は、「そんな理想像を持つことは、幸せな人生を送るためには邪魔にしかならない」と言います。

01.
思いもよらないほど
世界にはいろんな人がいる

この広い世界には、あなたが思っている以上にたくさんの人がいます。もしかしたらまだ出会っていないだけで、自分にぴったりの相手がいるかもしれません。それなのに、理想のパートナー像を細かくリストアップしていたら、せっかくの可能性を狭めてしまうことになります。

既婚者に「パートナーは、あなたが思い描いてた理想像と同じだった?」と聞いたら、ほとんどの人は首を横に振るはずです。

02.
チェックリストにとらわれて
相手を変えたくなる

とってもステキな人に出会い、デートをして、いいなと思ったけど、もしその人が自分の「絶対譲れないポイント」の4分の3しか当てはまらないとしたら?

そんなとき、人はついつい相手を自分の理想に変えようとしてしまいます。チェックリストをすべて満たしてくれるという人は、そういるものではありません。でも大事なのは、チェックリストに当てはまる相手を見つけることじゃなく、自分と一緒に幸せになれる相手を見つけることですよね。

03.
理想と違うと
デートすら
しなくなっちゃう

「理想を持つなと言うけど、ある程度振るいにかけることは必要なんじゃないの?」と思うかもしれません。確かに、相手が自分と合うか合わないかを考えることは必要です。

でも、あなたが「こういうタイプがいいな」と思い浮かべた時点で、無意識のうちにその条件はどんどん増えていくものなのです。知らず知らず、イメージは細かくなってしまいます。

想像の世界ではいくらでも理想の人を思い描けるけど、現実にデートできる人の選択肢は限られています。理想のイメージのせいで最初から「この人はない」と決めつけてしまうのはもったいないことです。

04.
恋愛には
ダークホースがいる

恋愛のこととなると、誰もが「初心者」のようなもの。「自分は恋愛上級者」「私は自分のことをよくわかってる」という人にだって、驚くようなことが起こる、それが恋愛です。

まったく予想外の「ダークホース」に惹かれて、あなたの世界を180度変えてしまうことだってあり得るのです。細かすぎる理想は、あなたに訪れるかもしれない未知の可能性をつぶしてしまいます。思い込みにしばられず、自分の心を動かすものに素直になれば、新鮮な驚きが待っているかもしれません。

05.
年をとるのが
どんどんつらくなる

誰だって自分の老いを感じるのはつらいものですが、理想のパートナー像を思い描いていると、つらさがさらに増します。年々増える譲れないポイント、でも20代はもう終わってしまう、理想の相手に出会えないまま30代に、いくつになったら理想通りの結婚ができるのだろう…と、現実が重くのしかかってきます。

頭の中の世界だけに生きてしまうと、つらく暗い気分になりがち。もっと現実の世界に出て、実際に人と会って、明るく広い世界に生きましょう。思い描く理想とはまるで違うけど、思いもよらないような形の幸せが待っているかもしれませんよ。

Licensed material used with permission by Elite Daily

関連する記事

期待に応えてくれないパートナーに、イライラしていませんか?もしかしたらそれは、恋愛に対する「期待」が大きすぎるせいかもしれません。そう気づかせてくれるのは...
パートナーとのケンカの理由にありがちな家事分担の不平等を解消するために開発されたアプリ「Labor of Love: Tasks Marriage」。
理想のパートナー像は、誰もが少なからず持っているもの。でも、なかなかそんな人に巡り会えないのなら、それはあなたの理想が高すぎるからかもしれません。以下は「...
初デート用の「チェックリスト」を自分でつくって、基準をはっきりさせておけば間違いは防げる。Elite Dailyによれば、デートの合間に見定めるべきリスト...
米国発のブランド「KEEN」が、今月から月間で、地球環境について考える活動「Detox the Planet」を展開して、2025年までのPFC-FREE...
付き合いはじめてもう◯年、年齢的にもそろそろ結婚を意識する時期だけど…。「本当にこの人でいいの?」と、なかなか決断に踏み切れないのも事実です。そんなときに...
今から20年前の2001年4月1日、オランダは世界で初めて同性婚を認める法律を可決した。世界で初めて正式に結婚した同性婚カップルのヘルト・カステーゲルさん...
「Elite Daily」の男性ライターPaul Hudson氏が紹介しているのは、幸せで長続きするカップルに共通する12のコト。いつもすぐに別れてしまう...
「愛が薄れてしまったから」、「より理想と思えるパートナーに出会ってしまったから」。一度はうまくいっていた恋愛が幕を閉じる理由はいろいろあるでしょう。ところ...
ある人は言いました。「準備をしないことは、失敗に備えているようなものだ」と。「Elite Daily」の既婚者ライターJasmine Vaughn-Hal...
英・豪華客船「タイタニック号」の沈没事故から109年目を迎える今年、ボストンを拠点とする「RR Auction」が、同船で上級無線通信士を務めたJack ...
日頃の彼の行動、改めて思い出してみてください。
パートナーと一緒にいる「安心感」に敵うものは、なかなかないですよね。でもその関係、見掛け倒しではありませんか?心の底から寄り添うためには、お互いに深く理解...
一緒にいるのが楽しくて付き合い始めた、ふたり。なのに、だんだん相手のことを嫌いになっていくのはなぜだろう?もしかしたら、あなたは勘違いしているのかもしれま...
結婚は、人生でとても大事な節目。すでに結婚しているカップルならば、いくつか誓いごとをしたはずです。そんな「結婚式で本来誓うべきこと」をMichelle H...
正直になるのって、結構難しいことです。大人になるにつれて、周りの意見を気にするクセが染みついてしまっているのもしょうがありません。でもだからこそ、大切なパ...
賢くパートナーを選ぶ。そんなロジカルにモノゴトが上手くいかないことくらい理解しているつもりです。が、それにしたってこの動画(「The Schoool of...
北アイルランド議会は今月13日より「同性婚」を認める法律を施行した。初めて認められる見込みの同性婚カップルは、バレンタインデーあたりで結婚式を挙げる予定だ...
結婚と家族セラピーを専門とするCarolina Castaños医師のアドバイスに基づいた記事を紹介します。

おすすめ記事

米国にできた最新の「7-Eleven Evolution」で夢のような宿泊プランが企画中。快適なラウンジシートや「プレイステーション 5」が用意されている...
大分県の景勝地、耶馬渓に3日間限定でが「耶馬溪トンネルホテル」がオープン。客室となるのは道路に設置されたキャンピングカー。トンネル内には、建築家・佐野文彦...
埼玉県、名栗エリアの北欧文化を体験できる施設「Nolla naguri(ノーラ名栗)」が、グランピングエリア開業にともない2021年4月29日(木)にグラ...
「Goldwin」の2021年春夏シーズンのコレクションがローンチ。
「ラムを作ろう、壁ではなく」というタイトルのユニークな動画広告は、オーストラリアのラム肉メーカー「Australian Lamb」が制作したもの。「私たち...
3月16日、軽井沢にほど近い御代田町に新たなラグジュアリーホテル「THE HIRAMATSU 軽井沢 御代田」が開業。すでに予約を受付中。
米・ニューヨーク市の「ハドソン・リバー・パーク」と「ジャビッツ・センター」が増設されることが分かった。
手持ちのマスクが最強になるスペシャルなマスクカバーが、トラベルギアブランド「TO&FRO」から発売。
朝目覚めてから、夜眠りにつくまで。その間の心の持ちようが日々のハッピー度を大きく左右する、と主張するのは、「Elite Daily」のライターJulia ...
ジャケット写真も、出演者の情報もない。たったひとつのセリフだけをみて、心に刺さった作品を選んでみる。