昔の文字は、現代の技術でサクッと読める!

書くことはもちろん、読むことさえ難しい、昔の日本人が書いた文字。それを瞬時に判読できたら、なかなか素敵だと思わない?

そんな夢のような話が現実に!現代の技術を活かして、昔の文字をパパっと認識するアプリが開発されたのだ。

© tkasasagi/ Twitter

国文学研究者であるカラーヌワット・タリン氏は2018年に「くずし字認識モデル」を開発し、そこから改良を重ね、2021年3月に「くずし字認識AI」のアプリとしてiOSAndroidに向けて無料配信することを発表した。

くずし字とは、昔の日本語の字体であり、今では使われなくなった変体仮名などのことをいう。

そんなくずし字を読めるようになると、昔の書物が読めたり、歴史に対する知見が広がるきっかけになったりするかもしれない。

開発者であるカラーヌワット・タリン氏は、アプリを使った人がくずし字を読み、歴史に興味を持ち、そして古典文学を大事にしてくれるようにという思いから開発に至ったようだ。

今まで“なんとなく”昔の文字と認識していたくずし文字。

くずし字認識AIのアプリで“なんとなく”とはおさらばできそう。

Top image: © iStock.com/m-ikeda
好奇心を満たそう!60秒以内で読める記事

関連する記事

身の品質を示すあらゆるデータが詰まったマグロの尾の断面。大量の断面画像データと熟練の目利き職人による品質判定データのディープラーニングにより、職人と90%...
アプリと専用キットを使いスマホで精子を撮影するだけで、濃度や運動率をセルフチェックできるサービス「Seem(シーム)」が、10月1日からAndroid版ア...
アーティストBen Snellさんのサポートによって、AIがオブジェを考案しました。
中国で3歳のときに誘拐され、行方不明となっていた21歳の男性が発見された。本人特定には、いわゆる「老け顔アプリ」の技術が活用されたという。
メキシコの公式観光ポータル「Visit Mexico」は、Instagramにメキシコの写真をアップロードし、もっとも「いいね!」を獲得した人に1年間の無...
株式会社シグナルトークが、市販食品の健康への影響を判定するヘルスケアアプリ「FoodScore」をローンチ。
AIがイスを設計しました。裏ではデザイナーのフィリップ・スタルク、ソフトウェア開発企業のオートデスク、インテリアブランドのカルテルがサポートをしています。
数千のヌード絵をデータとして取り込んだAIが描いた作品が、Twitter上でちょっとした話題になっている。「次世代のアートが生まれたかもしれない」って。
Amazonで飛ぶように売れている、萩原季実子先生の『誰でも一瞬で字が上手くなる大人のペン字練習帳』は、外出を控えざる得ないこの時期に、自宅で字の練習がし...
クリエイティブエージェンシーAKQAのプロジェクトのひとつとして、AIが新たなスポーツ「Speedgate」を作り上げました。
東京オリンピック・パラリンピックのチームUSA閉会式パレードユニフォームとアパレルコレクションを「ラルフ ローレン」が今月発表した。
バレンシアガの洋服のデータを取り込んだAIが、それらの要素分解をして、いくつかの特徴を捉えて新しい洋服を再構成しました。
「AI」が食事のアドバイスをし、生涯収入をアップさせるという世界初のサービス「WorkUp AI(ワークアップAI)」がスタートした。専用アプリを入れたP...
2019年5月16日から8月26日までロンドンで開催されるエキシビション「AI: More Than Human」。内容は、AI(人工知能)と人類の関係性...
創業100年を超え、米国発の自動車メーカーとして一時は世界最大の規模として名を馳せた「ゼネラル・モーターズ(GM)」が、約57年ぶりに会社ロゴを新しくする...
ブラウジング中のユーザーの表情からサイトが与えている影響を分析して教えてくれる「Misu」というアプリ。自分で判断するのは難しいインターネットの心理的影響...
無印良品のS字フックは、アルミやステンレスなどいくつかの種類があります。そのなかで異彩を放っているのが「トラベルフック」。
ポケモンGOのローンチに伴ってAR技術がより身近に。また、AppleのARKitが発表され、生活には欠かせないものになるでしょう。その技術を利用した、シリ...
Androidを世に広める「Google」とロンドンに拠点を置くデザイン会社「Special Projects」が先日ローンチした「Paper Phone...
AIコーディネート提案アプリ「XZ(クローゼット)」が、手持ちの服の着用割合を可視化し、着ていないアイテムを有効活用するようサポートしてくれる新機能をリリース。

おすすめ記事

米国にできた最新の「7-Eleven Evolution」で夢のような宿泊プランが企画中。快適なラウンジシートや「プレイステーション 5」が用意されている...
「ラムを作ろう、壁ではなく」というタイトルのユニークな動画広告は、オーストラリアのラム肉メーカー「Australian Lamb」が制作したもの。「私たち...
埼玉県、名栗エリアの北欧文化を体験できる施設「Nolla naguri(ノーラ名栗)」が、グランピングエリア開業にともない2021年4月29日(木)にグラ...
米・ニューヨーク市の「ハドソン・リバー・パーク」と「ジャビッツ・センター」が増設されることが分かった。
西洋芸術では、“禁断の果実=リンゴ”のイメージが定着しているが、『旧約聖書』にはただ「果実(木の実)」として書かれており、リンゴを示す言葉は一度も用いられ...
ノンフィクション作品の読者と比べて、フィクションを好む読者のほうが高い言語能力を持つことが、「コンコルディア大学」のSandra Martin-Chang...
「ポジティブなメッセージを伝えていきたい」NYブルックリン在住のラッパー、DAG FORCEの連載。
アメリカの自動車ブランド「シボレー」が「ディズニー」とコラボ!新型の「Bolt EUV」のプロモーション動画を発表した。
手持ちのマスクが最強になるスペシャルなマスクカバーが、トラベルギアブランド「TO&FRO」から発売。
大分県の景勝地、耶馬渓に3日間限定でが「耶馬溪トンネルホテル」がオープン。客室となるのは道路に設置されたキャンピングカー。トンネル内には、建築家・佐野文彦...