読めない街の「らくがき」をきれいに清書してみたら・・・

建物の壁面や商店のシャッターにスプレーやフェルトペンでなぐり描いたグラフィティ(文字だけのものはタギングとも)を読解するのは至難の技。あえて読みにくく描いているとさえ思えてくる。だからこそ単なるらくがき感が強調され、美観を汚すものとして嫌われもする。

では、もしもそれが誰でも読みやすい書体で描かれていたらどう?もちろん、らくがきなことに変わりはない。けれど、整然と並んだ文字の羅列を見ていると、あまりノイズに感じられないのはなぜだろう。

らくがきを「上書き」すると
誰の目にもノイズにならない

読めない文字に着目したのがフランス人のMathieu Tremblinさん。彼は、街に描かれたグラフィティを一度ペンキで消したあと、書いてあった文字を解読して、それを誰もが読みやすい字(楷書)に書き換えるプロジェクト「Tag Cloud」を、2010年より開始した。文字通りらくがきを「上書き」するアーティストだ。

たとえば、こんな感じに。

「らくがき」をきれいに清書「らくがき」をきれいに清書「らくがき」をきれいに清書「らくがき」をきれいに清書

Mathieu Tremblin. Tag Clouds “Rue Montesquieu”. 2016. Lyon (FR).

1996年、10代のMathieuさんはノーマン・メイラー著『The Faith Of Graffiti』と出会う。ニックネームや所属するチーム名、怒りやスラングをスプレーに込めてなぐり描く。自身の存在意義を示そうとする文字は、根無し草のような彼らが示すアイデンティティそのものだと気付いたと言う。

Mathieuさんもスプレー缶を手にした。けれど彼には意図があった。

「らくがき」をきれいに清書「らくがき」をきれいに清書

Mathieu Tremblin. Tag Clouds “Rue de Gaillon”. 2010. Rennes (FR).

「らくがき」をきれいに清書

Mathieu Tremblin. Tag Clouds “Kruisstraattunnel”. 2013. Eindhoven (NL).

「らくがき」をきれいに清書「らくがき」をきれいに清書

Mathieu Tremblin. Tag Clouds “rue du Frout”. 2012. Quimper (FR).

「らくがき」をきれいに清書「らくがき」をきれいに清書

Mathieu Tremblin. Tag Clouds “Colombier Optique”. 2010. Rennes (FR).

「らくがき」をきれいに清書「らくがき」をきれいに清書

Mathieu Tremblin. Tag Clouds “rue Jules Ferry”. 2012. Arles (FR).

「らくがき」をきれいに清書「らくがき」をきれいに清書

Mathieu Tremblin. Tag Clouds “Gontardstraße/Karl-Liebknecht-straße”. 2010. Berlin (DE).

どこか、サインボードや広告のように見えなくもない。

単なる「自己欲求」から
「共有」できるアイコンへ

「らくがき」をきれいに清書
Mathieu Tremblin. Tag Clouds “Place publique”. 2011. Toulouse (FR).

「街の壁やシャッターを汚すだけのグラフィティは、単なる自己欲求に過ぎない。でも、それを美しく見せることで“統制”が生まれるんです。僕は、誰にも読めないような文字をそのままにしておきたくなかった。誰にでも読みやすい記号に置き換える、それがプロジェクトのコンセプトです」。

単なるいたずら書きから、誰もが解読でき理解できる文字へ。このMathieuさんの実験芸術は、必ずしもグラフィティを否定するものではないようだ。グラフィティやタギングのすべてがらぐがきで、景観を汚すものとも限らない。けれど、彼が目指しているのは、読まれず理解できないグラフィティをデザインの力でタイポグラフィー化することだそう。「Memefest」のインタビューに対する応えからもそれは読みとれる。

「このプロジェクトを手がけている時、自分も気分はグラフィティ・アーティストになっています。無秩序の中から整合性を生み出していく作業です」。

都市の景観のなか、認識できて初めて「ストリートアート」だとMathieuさん。グラフィティを正当化しているか?といえば、そんなこともない。もしかしたら、彼のプロジェクトにより、街中でよく目にするような消してはまた描かれの“イタチごっこ”にも変化が訪れるかもしれない。

Reference:Memefest
Licensed material used with permission by Mathieu Tremblin
過去にリオデジャネイロのファベーラやケープタウンのシャンティタウンを色鮮やかに変えてきたアーティストeL Seed。そんな彼がカイロの街に描いたアートを改...
ロンドンをベースにするアーティストScott Conrad Kellyが、100箇所以上のトイレの落書きから、男女が描く内容の違いを解析したプロジェクト「...
娘が壁に描いちゃったラクガキ。それを叱るんじゃなく、お母さんはこんなアイデアでみんなをほっこりさせてくれました。
“今がツラい”みなさまを自由にするための12星座占い。元銀座ホステス・開運アドバイザー 藤島佑雪先生が、今週のアナタが「ツラい」と感じること、悩むことにお...
モスクワ出身のアーティストevgeny chesさんは、街にあふれるストリートアートを森の中に持ち込みました。しかしそれは、森を汚してしまう「落書き」では...
フランス・トゥールーズで開催されたギリシャ神話を再解釈したショー「神殿の守護者」。その一環で怪物「ミノタウロス」と巨大クモ「アリアドネ」が登場しました。
鳥の巣箱を使ったストリートアート。道路標識や壁など、街中の何気ないところに設置されたそれは、まるで宝探しみたいで見ているだけでもおもしろい。
6月あたりからフランスで精肉店が襲撃される事件が徐々に増えています。
「卒業旅行は、海外でアートに浸りたい!」思い浮かぶ候補地は、ニューヨーク、ロンドン、パリ、フィレンツェ…あたりだろう。美術館でじっくりと鑑賞する。勿論、そ...
先日、ニューヨーク市マンハッタンにある「グランド・セントラル駅」に“世界でもっとも高価なインスタレーション”が設置。一見、ただの紙切れが渦巻いているように...
ストリートアートの世界で、女性の作品は軽視されがちだと考えるアーティストのNINAが立ち上げた女子のためのグラフィティキャンプ。少しでも興味のある若者たち...
フランスの4都市に、大量発生した隠れミッキー。
結論から言えば、こちらで紹介するフードは、すべてペーパーアート。しかしながら、それを分かったとしても、精密なクラフトワークには目を見張るばかり。一連のアー...
2024年のオリンピック開催地にパリが選ばれたことを機に、フランスの人権団体はアスリートと難民を比較した動画を作成しました。どれも30秒ほどですが、短い時...
美術館などのアート施設が近くにない人にも、アートを届ける素敵なプロジェクト。
米「CIA」がUFOに関する機密情報を公開した。このたび公開された700を超える文書は、機密ファイルがまとめられているサイト「The Black Vaul...
「YSL Beauty(イヴ・サンローラン・ボーテ)」が今月発表したのは、1本でどんな色の口紅でも作り出すことのできるスマートデバイス「Rouge Sur...
新橋と虎ノ門をつなぐ「新虎エリア」に位置する「新虎ヴィレッジ」に、グラフィティアートを自由に表現できる「フリーウォール」が出現。
Vhilsのグラフィティは、壁にペンキやスプレーで色を塗って描かれているのではない。火薬で「爆破」して描いているんだ。すべてのグラフィティが、爆破によって...
大人になった今、壁に落書きしようだなんてまったく思わないけど、このおウチを覗いたらなんだかやっぱり楽しそう!まあ、マネしようとは思わないけどね(笑)
ストリートカルチャーの4大要素としても知られるグラフィティアートに特化した美術館「Museum of Graffiti」がフロリダ州マイアミに誕生!
100箇所以上の公衆トイレにある膨大な量の落書きを撮影して、それらを性別ごとに徹底的に分析したプロジェクト。
ナガタタケシとモンノカヅエによるアートデュオTOCHKAは、キャンバスではなく、空中に描く光のアニメーションを制作。アーティストたちが描くのではなく、プロ...