「ポケモンGO」が伝えるシリアの子どもたちの今。「僕はここにいるよ」

ローンチ以来、世界中で熱狂の渦を巻き起こし社会現象化しつつある「ポケモンGO」。その人気は内戦の続くシリアでも。けれど、この国でのプレイの目的は、よその国とは少々勝手が違うようです。

「誰か、助けにきて!」
ポケモンの絵を手にする子どもたち

Eafdac95b83e18c55fd5fbf362d18c06d56fd3a6

シリア反体制派の活動団体「シリア革命軍・メディアオフィス(RFS)」が、2016年7月22日にTwitterを使い発信したのは、ポケモンのキャラクターたちが描かれた絵を手にする子どもたちの写真。そこにはこうメッセージが記されていました。

「僕はイドリブ県のカフルナブルにいます。誰か助けにきて!」

私たちはここにいる──、人気スマホゲームを引き合いに、シリアにも捕まえて欲しい命がたくさんあることを訴えかけるメッセージ。ポケモンの絵を手にした子どもたちの写真は、今日までにSNSを介して多くの人が共有しています。

いまだ解決の糸口が見えない内戦が、すでに5年以上続くシリア。けれど、改めて世界の関心を向けることは難しい。そんな状況を変えようと「ポケモンGO」人気を逆利用したメッセージングに人々が共感した、と「BBC」は分析しています。


03ddec0f653e8ecf4b9c162ca28832c40a70c58a0886eee26416a60c22472490328b9b7c19bc2823F2d6c218b53d4cc957293efa67d26809acb666426da1fd7455ea5830baf9ef426191236ac08358d8

ポケモンGO人気の力で
シリアの惨劇を世界に伝えたい

D8e3fa818f8674ad27c4aa78a9235cbf6cbc9732

また、シリア国外のアーティストたちも、ポケモンを使ってシリアの現状を知ってもらおうという動きが活発に。

たとえば、現在デンマークを拠点に活躍するグラフィックデザイナーSaif Aldeen Tahhanさん(自身もシリアからの難民)は、「Syria GO」と題した架空のゲーム画像をネット上に公開。医薬品や勉強道具といった、シリアが今必要としている物資をゲットしていくという内容です。

以下に紹介するのは、Khaked Akilさんの作品「Pokemon Go in Syria  - Part 1」。自身の故郷アレッポの変わり果てた街並みの中に合成させたポケモンたちが、紛争の現実をよりリアルに訴えかけてきます。

「世界中でポケモンGOが空前のブームとなっていることは、ウェブやニュースで見て知っています。ゲームアプリに世界が熱狂する現実と、シリアの人々、子どもたちが置かれている目を閉じたくなるような現実。二つが同列で語られている。この矛盾にいてもたってもいられなかったとき、作品のアイデアを思いつきました」。

「Al Jazeera」にこう想いを語ったAkilさんと想いを同じくするアーティストが、ひとりまたひとりと、ポケモンGOの酔狂ぶりを逆手に取った作品で訴えかける。投稿の目的はひとつ、シリアで今起きていることに光をあて、世界の関心を集めること。

3a880a766f253b99f814c3a4584f7326998714260da9dc6ffe2d52692c2372d2c9d768f0c91de68b27a10c070f1738cbf8a73b9cf6db27aeae473ef5141ac85315a92e07f7f42cf05826ccfbd53f386b8ae16ffdad598ccb7d789d3935b8cc3adb53e958

内戦の続くシリアでは、瓦礫の下や銃を手にした兵士の横にモンスターたちが現れる。AR(拡張現実)と現実の境界線を痛烈に印象づけるアクションに、どんな感想を持ちましたか?

Reference:BBC, Al Jazeera
Licensed material used with permission by RFS Media Office, KHALED AKIL, (Facebook)
ポケモンGOのローンチに伴ってAR技術がより身近に。また、AppleのARKitが発表され、生活には欠かせないものになるでしょう。その技術を利用した、シリ...
ポケモンゲットで集票も獲得できる?日本よりも一足先にアメリカでローンチされた「ポケモンGO」。その爆発的人気は、米大統領選にも影響を与えようとしている。ヒ...
シリア内戦の引き金となった抗議デモが本格化してから、7年。いまだに終わりの見えない混沌のなか、人々はどのように生活しているのでしょうか。イラン人写真家Al...
重さは22.5kgもある。高さは38.5cmで、サイドテーブルと同じくらいか。「Consodi」は、Bluetoothも搭載していない有線接続タイプのスピ...
コミュニケーションがデジタル化している現代から、ホログラフィーでさえも触れるようになる未来へ。「人間の身体にはどんな意味が見出され、どのように変わっていく...
2015年夏、ヨーロッパは第二次大戦以来となる難民問題に直面しました。ドイツのデザインスタジオが製作した、この6分間のアニメーション動画は、シリアからの難...
街を歩いていると、ポケモンに遭遇。すかさずモンスターボールを投げ、見事にゲット!そんな子どもの頃に夢見ていた世界が、ついに現実のものとなりました。すでに広...
1996年に第一作が発売されて以来、19年間にわたって愛され続けてきた『ポケットモンスター』シリーズ。英語はもちろん、フランス語、ドイツ語など7つの言語で...
ユニセフが2016年9月に発表した「移民・難民危機レポート」によると、世界では約5,000万人もの子どもたちが、ふるさとを奪われているそうです。しかし難民...
内戦が続くシリアでは、国内でも多くの人が自宅を離れて避難生活を送っています。そんな彼らのために、MIT(マサチューセッツ工科大学)の生徒たちが、厳しい冬の...
機内食にエンタメ要素が増えること自体はうれしい。だけど、なんか前提がズレているようにも思うのです。
既存の地図と位置情報機能、カメラが取り込む情報を使って、スマホの画面に拡張現実(AR)を作りだしてポケモンを探す。すでに総ダウンロード数7,500万件を突...
2011年より続くシリアの内戦は、すでに5年9か月。出口の見えない迷宮のような日々に怯えながら今日を生きる子どもたちがいます。そんな彼らにほんのひとときだ...
先日、ついに日本でもサービスを開始した『Pokémon GO』。思っていた通り、街中の風景も少し変わった気がしますよね。でも、そんな注目度大のゲームだから...
ついに、ついに上陸。一足先にサービス開始となったアメリカでムーブメントを巻き起こしていた『Pokémon GO』が、先ほど“母国”日本でも配信開始。ゲーム...
いまや世界的な社会現象となっており、毎日話題が絶えない『Pokémon GO』。モンスターボールを投げているユーザーを街中でよく見かけるようになりました。...
かつて、スマホの登場により盛り上がった「スマホケース市場」。今となっては飽和し切った感は否めませんが、だからこそオリジナルな商品が求められているはず。そこ...
なかなか馴染みがないクラシックコンサート。ですが、一部のビジネスパーソンや海外では、教養を深めるため、そしてネットワークを構築するために愛されています。その
シリア出身のペインターAbdalla Al Omariさんは、最近ベルギーで難民として認定されたという。そして始めたのが「The Vulnerabilit...
飛躍的に増えた外国人観光客は、2020年開催の東京オリンピックでひとつのピークを迎えると言われている。国際社会における「ホントのおもてなしとは何か?」とい...
2017年10月、シリアの観光ビザがおりたChristian Lindgrenさんは、10日間だけ同国で旅をしました。行った先は、ダマスカス、アレッポ、ホ...
シリアの首都ダマスカスにある学校に通っていた、1996年の夏。欧米・アジアの外国人そのものが珍しかったこの頃は、どこへ行っても「日本人か?」のあとに、「ソ...
ほんのわずか数年前まで、世界をまわるバックパッカーにとって、シリアは中東で欠くことのできない国でした。レバノン→シリア→ヨルダン→イスラエルという定番ルー...
ここは、スイス第3の都市バーゼル。毎年、世界最大の現代アートフェアが開催されるなど、同国の中でも知名度の高い街と言っていいでしょう。実は最近、その街中にピ...