台湾で有名な「ポケモンGOおじいちゃん」の進化が止まらない……!!

台湾の“おじいちゃんポケモンGOプレイヤー”として知られる御年71歳の陳清波氏。スマートフォンを無数に取り付けた自転車で街を回遊する姿が、世界中のメディアで報道された有名プレイヤーだ。

同氏は2018年ごろから「ポケモンGO」にハマりだし、当時は愛用の赤い自転車にスマートフォン6台を装着してポケモンをゲットしていたというが、その姿は作品のキャラクターよろしくどんどん進化

次々にスマートフォンでの同時プレイ数は増え続け、2年が経った現在、なんと64台ものスマートフォンを自転車に装着して街を移動している姿が報告されたという。

© yanwu0701/Facebook

この急速な成長に驚きを隠せないが、じつは陳氏、PCやスマートフォン関連機器の製造メーカーである「台湾ASUS」のアンバサダーに任命されていたというのだ。

自社製品のバッテリーの持ちをアピールするため、同社は陳氏にスマートフォンを提供。どのような契約内容かは明らかになっていないが、ハードウェアを含めたランニングコストをすべてサポートしているとの噂もあるようだ。

そして、今までは台湾内でも大きな注目を集めていた同氏であるが、その急速な進化に対して批判の声も上がっている様子。

流石に64台ものスマートフォンを載せた自転車での移動は前方不注意を生みやすく、不安定なバランスから周囲を事故に巻き込むリスクを高めているという指摘が相次いでいるようだ。

高齢者の適度な運動として素晴らしい効果がある「ポケモンGO」だが、事故には気を付けて安全にプレイしていただきたい。

Top image: © iStock.com/Happy_vector, iStock.com/rambo182
好奇心を満たそう!60秒以内で読める記事

関連する記事

アメリカ・フロリダ州を拠点にするカトリック教徒のグループFundación Ramón Panéが、ポケモンGOに似たアプリを開発しました。その名も『Fo...
先日お伝えした「グッチ」と「ザ・ノース・フェイス」によるコラボレーションコレクションの一部が「ポケモンGO」にも登場するらしい。実際のコレクションと同じデ...
1996年に第一作が発売されて以来、19年間にわたって愛され続けてきた『ポケットモンスター』シリーズ。英語はもちろん、フランス語、ドイツ語など7つの言語で...
アメリカで先行リリースされ、爆発的熱狂ぶりが連日ニュースで報道される「Pokemon GO」。そのゲーム内アイテムを使い、一夜にして飛躍的に売り上げを伸ば...
バイクギアメーカー「KUSHITANI」とサステイナブルブランド「SEAL」がコラボした廃タイヤチューブをアップサイクルしたバッグギア2製品が発売。
2月にローンチされた『Pokémon HOME』はNintendo Switchとスマートフォンを対象としたクラウドサービス。連携するソフトやサービスを通...
ローンチ以来、世界中で熱狂の渦を巻き起こし社会現象化しつつある「ポケモンGO」。その人気は内戦の続くシリアでも。けれど、この国でのプレイの目的は、よその国...

人気の記事

SNS映えに特化した観光サイト「スナップレイス」が、2020年の総集編として「インスタ映えスポット」ランキングトップ10を発表。
2021年3月16日(火)に開業する「フォションホテル京都」に、フォションブランドとして世界初出店のスパ「Le Spa Fauchon/ル スパ フォショ...
3月16日、軽井沢にほど近い御代田町に新たなラグジュアリーホテル「THE HIRAMATSU 軽井沢 御代田」が開業。すでに予約を受付中。
「ニューヨーク近代美術館(MoMA)」のミュージアムショップがセレクトしたスピーカー/ラジオ「OB‐4 マジックラジオ」が日本初上陸。DJコントローラーの...
PBM(プラントベースドミート)の未来型レストラン「The Vegetarian Butcher」の、世界初コンセプトストアにおいて、都市型農園「アーバン...
遺伝子検査によって肌傾向を分析できる次世代スキンケアサービスが登場。簡単な検査キットで肌タイプを知り、さまざまな種類の化粧水を試して、自分に合ったスキンケ...
大分県の景勝地、耶馬渓に3日間限定でが「耶馬溪トンネルホテル」がオープン。客室となるのは道路に設置されたキャンピングカー。トンネル内には、建築家・佐野文彦...