映画を見たあとに感じる「あの余韻」。東京の街明かりを見下ろした4分間のタイムラプス

『Tokyo from above(上から見た東京)』は、日本を拠点に活動しているタイムラプスクリエーター、Justin Tierneyによる作品。

スカイツリーから始まり、国内の都市をいくつかまたいで撮影していますが、なかにはホテルの一室から撮影したものも。え、そんなに珍しくないって?まあ、そう言わずに再生してみてください。もともと映画音楽の制作に携わっていた人物ならではの世界観が、たまらなく心に沁みてきます。ボストン・グローブ紙は彼の音楽をこう表現しました。

暗く、洗練された、不気味にも艶やかな、説得力と即効性のある音楽世界。

東京の街明かりを見下ろした映像との相性は抜群です。

 

これは、この撮影プロジェクトのパート1。webサイト「at the CONFLUX」を見ると、6月6日に次の作品がアップされると告知されています。合計で5つの作品が展示される予定なので、ぜひチェックしてみて!

Licensed material used with permission by Justin Tierney

Video : AerialArterial
Website : JustinTierney.com
Project : at the CONFLUX
Instagram : @jtimelapse
Facebook : JustinMarkTierney

「一つひとつが持っている字の意味が合わさって、新たな言葉が作られるところが魅力です。例えば、寺で日の光を見ていると『時』になったり、女性が家(屋根の下)に...
2016年1月、初めて日本を訪れたイギリス人シネマトグラファーChristoph Gelepさん。5日間の東京滞在、夢中でカメラを回し続けた彼の目に映る東...
「光が変化し何か特別なものへと代わる瞬間を待っています。街や自然の景観が光とぶつかり合い、裸眼では見ることのできない幻想的な世界観をつくり出す、その瞬間を...
ツボミがゆっくりと開いていく様子は、ハッと目の覚めるような美しさ。今までは、満開になる前の姿がこんなにも魅力的だなんて、気づきませんでした。タイムラプス動...
Silver and Goldのオリジナルブランド「SGGM」のStrap Mocです。