3年かけて撮影したのは、大都会で咲き誇る「春の花々」

ツボミがゆっくりと開いていく様子は、ハッと目の覚めるような美しさ。今までは、満開になる前の姿がこんなにも魅力的だなんて、気づきませんでした。

タイムラプス動画といえば、街や夜空を撮影したものが多いイメージ。だけど今回は、「春の花々」を対象としているのです。まずは、この映像を堪能してほしい。

鮮やかに咲き乱れる

まるで、眠りから覚めたようにゆっくりと開花していく花々。これは、アメリカで活躍するアーティストのJamie Scottさんが、3年もかけて制作した映像です。

ヒヤシンス、水仙、桜など春の植物が、セントラル・パークやマンハッタンを背景に咲いていく様子は、ちょっと神秘的に見えます。

夏はもう間近ですが、少し春の終わりが寂しいような気がします。だけど、生き生きと輝く花々を見ているうちに、春の余韻を楽しみながら新たな季節を迎えたくなりました。

Licensed material used with permission by Jamie Scott
桜、チューリップ、タンポポ、スミレ、シロツメクサ……日本の春にはたくさんの花々が咲き誇りますが、ポーランドで春の花といえば何と言ってもクロッカス。タトラ山...
もう、彼女たちに一目惚れ。ウルウルとした乙女の瞳に、愛らしく咲く花々。これって、最強の組み合わせなんじゃない?たまには、こんなお花見もいいかもしれない。
Phone XのCMにもその技術が起用された、幻想的すぎる映像作品をご紹介。Thomas Blanchard氏によるこの作品のメインとなるのは、花。題名は...
春は、人間にも虫にも動物にとっても気持ちがいい季節。それは、これらの野菜も同じ!みずみずしくて甘みを抱いたこの野菜たちを、早速今晩いただきましょう!
中国・上海から100kmほど離れた海寧市。この都市に最近オープンしたセレクトショップ「Dear So Cute」が、淡いピンクとホワイトを基調とした内装で...
フランス・トゥールーズで開催されたギリシャ神話を再解釈したショー「神殿の守護者」。その一環で怪物「ミノタウロス」と巨大クモ「アリアドネ」が登場しました。
フラワーアーティストのCHAJINさん著『きょうの花活け 花あしらい101の見本帖』(誠文堂新光社)。私にも花のある暮らしが始められるかも、そう思える一冊...
オーストラリアのアーティストが開発したのはミツバチの授粉をサポートする人工授粉”花”です。植物の生態系を維持するために、まずは農薬や殺虫剤からミツバチを守...
春のはじめに降る雨って、「うれしい」ものなんです。
美しい花にはトゲがある──、とはなにもバラだけを例えて言っているわけではない。サンザシやアザミ、そしてサボテンにも。それも一年にたった一日、わずか一晩しか...
愛猫と一緒に遊びたい。だけど仕事をしなきゃいけない……。そんなニッチな葛藤を解消してくれるワークデスクを、世界中のクリエイターが自身の作品を発信するWEB...
ニューヨークの摩天楼の特徴を最大限に活かした動画を撮影した、ビデオグラファーJulian Trybaさん。特徴は、タイムラプスの派生系である「レイヤーラプ...
すべての「眠たい」人へ。
なぜ、桜をバックにした女性はこんなに美しいのか?
近頃よく目にする、世界の様々な街のタイムラプス動画。ここでは花の都・パリが舞台です。登場するのは、ルーヴル美術館や凱旋門など、いわば王道の観光スポットばか...
僕がこの記事の中で「Love Symbol #2」を使っていることをお許しいただけるといいのですが……。
写真家のIsabelle Chapuisと、フラワーアーティストのDuy Anh Nhan Ducの2人による作品。それぞれの男女が一輪の花のように咲く姿...
たくさんの人が新しいことに挑戦して、心機一転、やる気ムードが溢れる中で、どうも私は、体と一緒に気持ちもずっと気だるいまま。まわりを見渡して、自分も向上心に...
日本にも昔からある「エディブルフラワー」。菊の花も有名ですが、この季節はやっぱりこれ。保存がきいていつでも作れる「桜の花の塩漬け」です。
誰でも花を美しく生けられる花器がありました。
ニューヨークの街並みに現れる色とりどりの花。何だろうと近づいてみると…なんと、ゴミ箱。街の風景に、文字通り「花を添えた」のは、NYのフラワーデザイナー、L...
ここに一つ感動的な動画を紹介します。ニューヨークの地下鉄で、花を売る女性。1輪1米ドル(120円ほど)で売っていたところ、ある男性が彼女に話しかけます。「...
華道家にとって、花ばさみは欠かせない道具です。僕が使用しているのは〈有次(ありつぐ)〉の花ばさみ。包丁で知られる京都の老舗ですが、刃物屋なので、花ばさみも...
「本当の春」までは、あともうすこし。