春にして死を夢みたあなたが、ずっと嫌いでした。

 

「いる」人が「いなくなる」だとか、「ある」ものが「なくなる」だとか。

大切な何かを「失う」というのは、すごくすごく悲しくて、辛くて、苦しいこと。その喪失感から立ち直るにも相当のエネルギーを要しますから、できるなら避けて通りたいと思うのが当然かもしれません。

でも映画『四月の永い夢』を観ながら考えたんです。失うことによって、わたしたちは否応無く本当の自分と対峙しなければいけなくなる。だとしたら、失い続ける中で、どんどん自分への理解が深まるのか?と。

 

あなたはまだ若いから、人生とは何かを獲得してゆくことだと思っているかもしれない。でも本当は、人生って失ってゆくことじゃないかと思う。失い続ける中で、その度に、本当の自分自身を発見してゆくしかない。

 

これは「恋人の死」という事実を3年もの間拒絶してきた主人公に向かって、恋人の母親が言ったセリフです。

ただでさえ混沌とした未熟な心に喪失感を抱くのは、誰だって怖いもの。向き合えないのも無理はありません。

けれど、人生を客観視して、何かを得るよりも失う経験の方が大きく成長できると考えられたなら。失ったという事実と、少しは器用に向き合えるようになるのかなと思うのです。

 

 

『四月の永い夢』

2018年5月12日(土)より、新宿武蔵野館ほか全国順次ロードショー。公式サイトはこちら

 

(c)WIT STUDIO / Tokyo New Cinema

たくさんの人が新しいことに挑戦して、心機一転、やる気ムードが溢れる中で、どうも私は、体と一緒に気持ちもずっと気だるいまま。まわりを見渡して、自分も向上心に...
『やらなくてはいけないことリスト』を作っている人は多いでしょう。でも実は『やりたくないこと』が大切。何がやりたくないのか自分自身が知らないから。あなたの夢...
AR(拡張現実)で立体をデザインできる3Dドローイングツールです。
「McLean Metalworks Hammock Mount」は自動車の牽引フックに取り付けるハンモック。
「死がもたらすのは、終わりだけじゃない」。写真から、そんな言葉が聞こえてくるような気がします。これは、蜷川実花さんが昨年の春、父・幸雄の死に向き合う日々を...
桜、チューリップ、タンポポ、スミレ、シロツメクサ……日本の春にはたくさんの花々が咲き誇りますが、ポーランドで春の花といえば何と言ってもクロッカス。タトラ山...
ぽかぽか陽気の日の昼下がりには。
ジャケット写真も、出演者の情報もない。たったひとつのセリフだけをみて、心に刺さった作品を選んでみる。
現在、死海のまわりには、死海の塩やミネラルを利用したプロダクトを製造する工場が乱立。その結果、海水面が低くなっていき、シンクホールができるようになってしま...
5万4千枚もの写真をつなげて作られたこの作品の臨場感は4Kならではのもの。葉の上で光る水滴、まっすぐに空へとのびる木々。朝日を受けて輝く湖面。3分40秒間...
夢マニアなら、「夢での出来事とは現実で起こりえることの予測ではない」なんて常識。「Elite Daily」のライターAnnakeara Stinsonさん...
猫に好かれる人でいたいのに嫌われる人というのは、意外と多いものです。猫に嫌われる人の性格や言動にはある特徴も見受けられます。しかしそれにこだわらないことも...
どれだけ頑張っても内容を思い出せない「夢」。結構モヤモヤしますよね。でも、夢を記憶に定着させる方法があるみたいですよ。
ストレスが溜まっているかどうかを見分ける一番カンタンな方法は、起きた直後に覚えている夢を解釈してみること、とは「Elite Daily」の人気ライター、J...
春は、人間にも虫にも動物にとっても気持ちがいい季節。それは、これらの野菜も同じ!みずみずしくて甘みを抱いたこの野菜たちを、早速今晩いただきましょう!
乳がんを患い悲嘆にくれる女性が、否定的な言葉を次々口にするところから始まるこの動画。けれど、そこにある仕掛けが隠されていた……。
コーヒーとチェリーパイと1枚の写真、下世話なテディベア、ドラッグ入りのミルク……。
鳥には、自由や解放、憧れといったイメージがあるかもしれませんが、その印象や状態によっていろいろな意味をふくんでいるもの。説明してきましょう。夢に出た鳥の色...
「Collective-Evolution」に人生観を変える名作映画10選が掲載されているのでご紹介。これは、ライター兼ブロガーとして活躍中のJeff R...
男性学の第一人者である田中俊之さんは、30代後半〜40代前半の男性、つまり「40男」こそ夢を持つべきだと言います。きになるその理由とは?彼の著書『〈40男...
すべての「眠たい」人へ。
今回紹介するのは、会場ではなく上映する「作品」に、あるテーマを持たせたもの。なんでも、「食」にまつわる作品ばかりを、世界中からセレクトしているのだとか!