眠い。ダルい。体が重い。「春」だからこそ、やらなくていいコト

ここのところ、起きると体が重いんです。

春、4月。

たくさんの人が新しいことに挑戦して、心機一転、やる気ムードが溢れる中で、どうも私は、体と一緒に気持ちもずっと気だるいまま。まわりを見渡して、自分も向上心に満ち溢れた波に乗れないというのが、また自己嫌悪。

なぜ春なのに(しかも晴れの日続き)、こんなにテンションが上がらないの?

“春バテ”って言葉があるほど、
この季節は疲れやすい。

正式に使われている言葉なのかはわからないけれど、夏バテと同じように、【春バテ】と呼ばれる症状があるらしい。

季節の変わり目は、風邪をひきやすいとは言うけれど、今の時期もまさに。寒暖差が激しくて体に負担がかかっているし、気圧も安定しないので偏頭痛持ちには辛い季節。さらに、花粉症をはじめとするアレルギー持ちにはストレスが溜まるばかり。

新生活で精神的に不安定だったりと、ホルモンバランスも崩れやすいみたい。なーんだ、やる気が出なかったり、体が重いと感じているのは私だけじゃなかったんだ。

無理をしても今は苦しいだけ。こういう時だからこそ、心には優しく、栄養を送ってあげよう。四角大輔さんの著書『人生やらなくていいリスト』より、【しなくていいことリスト】をあなたに紹介したい。

ひとりで頑張らなくていい

「おまえのことを思って言ってるんだ」というアドバイスにだまされるな。これは、あなたを愛しているだけの“ニセ・プロデューサー”の言葉だから。愛があるうえで、正しく理解しようとする人が、あなたにとっての“リアルプロデューサー”。

「自分らしく生きる人生」とは、周りと比べてこうしたほうがいい・いまはこっちの方が重宝される、といった【外部との比較】や【市場リサーチの結果】からは絶対に生まれない。

あなた自身が好きなこと、楽しいことが源になるのだ。リアルプロデューサーは、あなたがどんな時にハツラツとしているか、パワーを発揮できるかを知っていて、常に導いてくれる。

長い時間働かなくていい

たくさん仕事をこなし、誰よりも忙しそうにしている。 率先してサービス残業し、深夜や休日に自主的に自宅で仕事もする。日本では、いまだにこういう人が「働き者」として評価されるが、それは完全に間違っている。

行かなくていい現場。やらなくていいタスク。会わなくていい人。出なくていいミー ティング。無駄はいくつある?

ITの急激な進化によって、いまやひとりあたりの業務量は数倍に。なのに、働く環境も、オトナたちの意識もあまり変わっていない。若い世代にとって、今の日本社会は過酷すぎる。

ぼくが知る欧米では、当然「長く働くこと」より「生産性の高さ」が評価される。ちなみに、「働きすぎ」と揶揄される日本人の生産性は、 先進国で最低レベルだという残念な調査結果があることも、ぜひ知っておいていただきたい。

想いは隠さなくていい

数度のミリオンを記録した、男性デュオのプロデュースに携わった時。 彼らの存在を、「ダメ男だった中学生の頃の、ぼく自身に届けたい」という強い気持ちを維持できたから、誰よりも本気でやれた。

結果、彼らを売るためのプランニングやメディア戦術の精度も、ぼくの行動力も最高レベルまで高められた。 ある意味、こういったぼくの「個人的で純朴な想い」こそが、これまでのあらゆる成果のエネルギー源になっていたといえる。

頭脳はあくまで道具であって“動力源”ではない。すべての始まりは「無垢で熱い想い」でないといけない。

ぼくの周りで、圧倒的な結果を出し続けている人は全員、驚くほど純情だ。 そして彼らには、常に自分の心に正直で、人生と仕事を熱く愛しているという共通点があることを、ぜひ知っておいていただきたい。

具体的な夢がなくてもいい

夢はもったほうがいいかもしれないが、具体的じゃなくていい。
どの会社に入りたいか、どの職業につきたいかは、実は重要じゃない。

これは、「夢や目標がない。将来どうしたらいいかわからない」というような、仕事や人生で悩む学生から相談を受ける時、必ず伝える言葉だ。【夢=具体的な職業】こう考えていると、自分で自分を苦しめてしまうことになるからだ。

会社や職業とはあくまで目的地にたどり着くための、単なる手段ということ。その目的地にたどり着けるなら、その夢を実現できるなら、乗り物はなんだっていいはず。

夢だと思っていたものをとおして、実現したかったことは 何かを思い出してみてほしい。その先にあるのが【本当の夢】だ。大切なことは、「どんな職業に就くか。どんな人になるか?」ではない。

人生を賭けて追求すべきは、「なにをやりたいか。成し遂げたいか」なはずだ。

できない自分でもいい

「あの人みたいになりたい」 そういう、憧れの存在を見つけて、そこに近づいていくために努力するのも、成長するひとつの方法かもしれない。しかし、自分とは違う「誰か」を目標にすることには、危険があることも知っておいてほしい。

彼らと比べては、自分との差に愕然としてしまい、どんどん自分を嫌いになってしまうこともある。自分に厳しすぎると、常に【できない自分】【ダメな自分】だけと向き合うことになる。これはあなたの存在自体を否定する行為であり、それが続くと、自分で自分を壊してしまうことになるのだ。

世の中の動きに振り回されず、あなたがいるべき場所に、しっかり根を下ろす。過度な脚色はせず、シンプルに「自分らしさ」を追求し続ける。

最強のブランディング戦略とは、社会状況とは関係なく、その人らしさ、つまり、オリジナリティを突き詰めていくこと。 あなたらしさを最大限に表現した状態こそが、あなたがもっとも美しい姿なのだ。

 

4月20日(金)発売予定の『人生やらなくていいリスト』、予約はこちらから。

すべての「眠たい」人へ。
春は、人間にも虫にも動物にとっても気持ちがいい季節。それは、これらの野菜も同じ!みずみずしくて甘みを抱いたこの野菜たちを、早速今晩いただきましょう!
桜、チューリップ、タンポポ、スミレ、シロツメクサ……日本の春にはたくさんの花々が咲き誇りますが、ポーランドで春の花といえば何と言ってもクロッカス。タトラ山...
寝ても寝ても、改善されない理由がここにあるかも。
日本にもたくさんの宿坊がありますが、韓国もなかなか。WEBサイト「Templestay」を覗いてみると、法住寺(Beopjusa)、仏国寺(Bulguks...
全28種類!L.A.スタイルのパイ専門店※撮影した期間限定の六本木店は閉店しました。Pie Holic〒231-0001 神奈川県横浜市中区新港1丁目3番...
『やらなくてはいけないことリスト』を作っている人は多いでしょう。でも実は『やりたくないこと』が大切。何がやりたくないのか自分自身が知らないから。あなたの夢...
誰も踏み入れていない地をあえて散策することに、意味があると思うんです。だから春休みにどこに行こうか迷っているのなら、みんなが選ばない都会や文化をあえて探っ...
出会いと別れ、新たな環境に身をおく心機一転の「春」。この時期に自分の身辺整理(身も心も)をすることを、英語で(Spring Cleaning)と表現するん...
ぽかぽか陽気の日の昼下がりには。
2018年のIPPAWARD受賞作品のひとつ『I want to play』を撮影したフォトグラファーZarni Myo Winさん。曰く、撮影で重要なの...
もう、彼女たちに一目惚れ。ウルウルとした乙女の瞳に、愛らしく咲く花々。これって、最強の組み合わせなんじゃない?たまには、こんなお花見もいいかもしれない。
ミントとパルメザンチーズをたっぷりトッピングした、グリンピースのサラダ。春っていいなぁ……としみじみ思える一品です!
「本当の春」までは、あともうすこし。
東洋医学では、春は解毒機能をもつ肝臓の働きが活発になり、冬に溜まっていた老廃物や毒素を排泄するといわれています。そして、旬の春野菜には肝臓の機能をサポート...
ブリティッシュパブで味わうチップスとシェイク表参道の裏通りにひっそり佇む隠れ家カフェThe Shake & Chips Tokyo〒150-0001 東京...
寒さが和らぎ、あたたかい日差しを感じる季節がやってくると誰だって嬉しいもの。道端に咲くたんぽぽや河原でツクシが育っている様子を見ると、様々なものが春の訪れ...
通年で手に入る食材のニラですが、旬を迎えるのはこの春。肉厚の葉は、柔らかく、甘みが引き立つのが春ニラの特徴です。そんな、今だけのおいしさを存分に味わう「ニ...
だってこんな季節に、光も感じられないなんて。
ツボミがゆっくりと開いていく様子は、ハッと目の覚めるような美しさ。今までは、満開になる前の姿がこんなにも魅力的だなんて、気づきませんでした。タイムラプス動...
春のはじめに降る雨って、「うれしい」ものなんです。
去年の桜や一昨年の桜、どんな風に咲いていたか覚えてますか? 今年の春は、日本人らしく季節のお茶を片手に、一瞬一瞬を生きる桜の表情をしっかり目に焼き付けたい。
日本にも昔からある「エディブルフラワー」。菊の花も有名ですが、この季節はやっぱりこれ。保存がきいていつでも作れる「桜の花の塩漬け」です。
「春」と聞いて、どんな色を思い浮かべますか?爽やかな空の色だったり、可愛らしいお花の色だったり。イメージは人それぞれではないでしょうか。メキシコのデザイナ...