やばい、なんでこんなに眠いんだろ。

 

 

春眠暁を覚えず、処処啼鳥を聞く、

夜来風雨の音、花落つること知る多少


(春の夜は気候もよく心地よいので、
夜明けにも気づかず、もう鳥のさえずりがきこえる。
昨晩は嵐の吹く音がしたから、花がたくさん散ったことだろう)

 

「春暁」孟浩然

 

“春暁” がつづられてから何百年も経った2018年、
春に生きるわたしたちは、あいも変わらず「眠い」です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

目がさめるとすっかり朝になっていて、
真夜中のつよい風もやんで、窓のそとを見ると、
モクレンが散ってしまってる。

昨夜みた夢は思い出せないけれど、
なんとなく、とてもいい春の夢だったことは覚えてる。

 

 

 

Licensed material used with permission by gg
たくさんの人が新しいことに挑戦して、心機一転、やる気ムードが溢れる中で、どうも私は、体と一緒に気持ちもずっと気だるいまま。まわりを見渡して、自分も向上心に...
春は、人間にも虫にも動物にとっても気持ちがいい季節。それは、これらの野菜も同じ!みずみずしくて甘みを抱いたこの野菜たちを、早速今晩いただきましょう!
桜、チューリップ、タンポポ、スミレ、シロツメクサ……日本の春にはたくさんの花々が咲き誇りますが、ポーランドで春の花といえば何と言ってもクロッカス。タトラ山...
「本当の春」までは、あともうすこし。
アメリカのスポーツメディア『ESPN』の記事によれば、ウォリアーズはファンクラブに向けて、スタジアムに入るためのパスを月100ドル(約11000円)で販売...
醸造所が併設されているロンドンのパブ「Long Arm Pub & Brewery」。ここではMillennial Stoutと名付けられたアボカドビール...
もう少し体をスッキリさせて月曜日に備えたい。「Elite Daily」のCaroline Burkeさん曰く、昼寝を上手に使えば、求めている"スッキリ"は...
ぽかぽか陽気の日の昼下がりには。
ミントとパルメザンチーズをたっぷりトッピングした、グリンピースのサラダ。春っていいなぁ……としみじみ思える一品です!
もう、彼女たちに一目惚れ。ウルウルとした乙女の瞳に、愛らしく咲く花々。これって、最強の組み合わせなんじゃない?たまには、こんなお花見もいいかもしれない。
3年の月日をかけて開発された「Mighty Mug」。横からチョップしようがパンチしようが、正面からどつこうが倒れません。つまり、デスクワーク中に肘が当た...
通年で手に入る食材のニラですが、旬を迎えるのはこの春。肉厚の葉は、柔らかく、甘みが引き立つのが春ニラの特徴です。そんな、今だけのおいしさを存分に味わう「ニ...
誰も踏み入れていない地をあえて散策することに、意味があると思うんです。だから春休みにどこに行こうか迷っているのなら、みんなが選ばない都会や文化をあえて探っ...
寒さが和らぎ、あたたかい日差しを感じる季節がやってくると誰だって嬉しいもの。道端に咲くたんぽぽや河原でツクシが育っている様子を見ると、様々なものが春の訪れ...
羊の生活のようすをただ放映する、8時間にも及ぶ超長編映画『Baa Baa Land』。見たら、ほとんどの確率で眠くなるはず…。
ワイングラスをモチーフにしてつくられた椅子『MERLOT』。丸みを帯びたグラスの曲線部分が背もたれになっていて、椅子の脚の部分はグラスのステム部分となって...
出会いと別れ、新たな環境に身をおく心機一転の「春」。この時期に自分の身辺整理(身も心も)をすることを、英語で(Spring Cleaning)と表現するん...
去年の桜や一昨年の桜、どんな風に咲いていたか覚えてますか? 今年の春は、日本人らしく季節のお茶を片手に、一瞬一瞬を生きる桜の表情をしっかり目に焼き付けたい。
春のはじめに降る雨って、「うれしい」ものなんです。
ツボミがゆっくりと開いていく様子は、ハッと目の覚めるような美しさ。今までは、満開になる前の姿がこんなにも魅力的だなんて、気づきませんでした。タイムラプス動...
日本にも昔からある「エディブルフラワー」。菊の花も有名ですが、この季節はやっぱりこれ。保存がきいていつでも作れる「桜の花の塩漬け」です。
東洋医学では、春は解毒機能をもつ肝臓の働きが活発になり、冬に溜まっていた老廃物や毒素を排泄するといわれています。そして、旬の春野菜には肝臓の機能をサポート...
寝ても寝ても、改善されない理由がここにあるかも。
そもそもの見分けがつかないって人にヒントです。毛がモコモコしているのが「羊」で、角があるのが「ヤギ」という認識で探してみてください。1匹、2匹、3匹…と、...