「美術館のソファー」での寝落ちは、やめられない。

美術館って、うとうとしてしまう。

座った途端に「待ってました」と重くなる瞼に逆らうのは、至難の技だ。そして「仰せの通りに……」と、溶けるように落ちてゆく“うたた寝”というのは、ほんとうに気持ちがいい。

窓から差し込む太陽のあたたかさなのか、作品を維持するための湿度なのか、小声での会話や静かな足音なのか。なにがあんなにも、心地よく眠気を連れてくるのかはわからないけれど、彼らの気持ちはよくわかる。

すやぁ……と、眠りに落ちる様子を捕らえるためだけに、美術館に張り付いた写真家がパリにいた。

夢は、絵画より奇なり

「寝てますけど何か?」くらいに遠慮のないおじいちゃんもいれば、呆れたおばあちゃんに上着をかけてもらっているおじいちゃんも。よっぽど熟睡だったんじゃないか。

目を覚ました時は少し恥ずかしいだろうけれど、寝息が聞こえてきそうな彼らを見ていると、つられて眠たくなってきてしまう。

Stefan Draschanさんは、このように美術館で起きる「あるある」を撮影しては、アルバムにまとめている。他にも、<こっそり作品に触れてしまう人たち>や<服と絵画が被っている人たち>の写真集が。

もっと見たいひとはこちらからどうぞ。

Licensed material used with permission by Stefan Draschan
5月にセーヌ川にオープン予定の美術館があります。その名も「Fluctuart」。入館は無料で、年中開館することになるんだとか。屋根の上からはグラン・パレを...
今年4月、パリの11区にオープンした『Atelier des Lumières』は、全く新しい形の美術館。以前は工場だったこの施設の壁には、プロジェクショ...
世界で最も有名な美術館と言えば、たくさんの人々が口にするのがパリにあるルーヴル美術館だろう。そのルーヴルが長い歴史を継承しながら、新たなプロジェクトに積極...
イメージケーキ、をご存知だろうか。思わず写真を撮りたくなる独創的なビジュアルのそれは、東京・品川の原美術館にある「カフェ ダール」で提供されている。このカ...
イギリスでは、ストレス解消を求めて、美術館に足を運ぶ人が増えるかもしれません。思いっきり汗を流せる運動でも、心をからっぽにできる瞑想でもありません。美術館...
もう少し体をスッキリさせて月曜日に備えたい。「Elite Daily」のCaroline Burkeさん曰く、昼寝を上手に使えば、求めている"スッキリ"は...
外で食べるカレーっておいしい。そこで!庭園や公園を眺めながら食べられるおいしいカレーを集めました。弥生美術館・竹久夢二美術館に併設されているカフェ、夢二カ...
2018年11月11日にオープンした美術館「ジャミール・アートセンター」。ヴェルサーチが手がけたホテル「パラッツォ・ヴェルサーチ・ドバイ」の近くにあるので...
2023年にオープン予定のベイルートの美術館「Beirut Museum of Art」。ポイントはなんといってもその独創的な外観。70ものバルコニーから...
アプリ『Google Arts & Culture』に新しく追加された機能を紹介します。それは自分の顔に似た肖像画を自動でピックアップしてくれるというもの。
画家ゴーギャンが「古城のよう」と表現したことで知られるポリネシア、モーレア島を拠点に活動する写真家夫婦ヴィルジニさんとサミュエルさんは、10年ものあいだポ...
この街の美しい大聖堂にフォーカスしているのですが、たとえばかの有名なノートルダム大聖堂だって印象が異なります。
ひっそりとロシアの北西部で開催されている「Until The Ice Melts」という写真展。ま、目立たないのも無理はありません。写真を鑑賞できるのは分...
クレマチスの丘にある「IZU PHOTO MUSEUM」に行こう。そこは、静岡県三島市に隣接する、花・アート・食がコンセプトの複合文化施設。庭園やミュージ...
写真家のFarah Hughesが撮影するのは、産後うつになってからも子育てを続ける女性たちのポートレイト。実際に産後うつを経験したFarahが撮影した写...
サンフランシスコ近代美術館のサービス、「Send Me MOMA」はキーワードや絵文字を送ることで収蔵品からそれにあったアートを紹介してくれるというもの。...
美術館に足を運んでは作品の前で裸体を披露し、一躍スペインの“お騒がせアーティスト”となっているエイドリアンさん。突飛なパフォーマンスに批判の声もだいぶ多い...
あの水玉を360°体感できる草間彌生美術館が新宿にオープン草間彌生美術館〒162-0851 東京都新宿区弁天町107https://yayoikusama...
気がつけば、スマートフォン片手に、夢中になって撮影する人の姿で溢れるようになった。Instagramに代表されるようなSNSを開けば、撮ったばかりの写真が...
寝ても寝ても、改善されない理由がここにあるかも。