「美術館のソファー」での寝落ちは、やめられない。

美術館って、うとうとしてしまう。

座った途端に「待ってました」と重くなる瞼に逆らうのは、至難の技だ。そして「仰せの通りに……」と、溶けるように落ちてゆく“うたた寝”というのは、ほんとうに気持ちがいい。

窓から差し込む太陽のあたたかさなのか、作品を維持するための湿度なのか、小声での会話や静かな足音なのか。なにがあんなにも、心地よく眠気を連れてくるのかはわからないけれど、彼らの気持ちはよくわかる。

すやぁ……と、眠りに落ちる様子を捕らえるためだけに、美術館に張り付いた写真家がパリにいた。

夢は、絵画より奇なり

81db67d942f7dc2d1f72f77f74ae7c3b132cf63559f031970737776822c71d431bcad32c4c72d389406fea8cd01227fd23a57d2a07726272df9dcf7d4bed0aa6f8ebb83eaa04617caa2f25083571c4e727339b0d4c6d3f0449212ee2c9b27ca7f2e59e262a36c436bf6b1db0246640634ca8fac801fbb7323fb3cf25b47b0caafa9b8adff0689f2f958feaea76903760e9313f19715f4f522bdac5a0df6b5df7Aad4cc7c0ca47b65b88929cc07f3216743501570290b43665a760988143ce2a3b7e07b3fea88c2bc50139f38dfd02acb1b78d8ee2bf8edecadb40687B642c4527a3adb85cac7b633499694f1a2c9e98f86f1210315bb01cef93c5cd7743bda9dd13fca5fE353a5263283c796042d7eea13d534d769c3a3ac305a52bd2a6544e557222e776d9f0176fcdd755f

「寝てますけど何か?」くらいに遠慮のないおじいちゃんもいれば、呆れたおばあちゃんに上着をかけてもらっているおじいちゃんも。よっぽど熟睡だったんじゃないか。

目を覚ました時は少し恥ずかしいだろうけれど、寝息が聞こえてきそうな彼らを見ていると、つられて眠たくなってきてしまう。

Stefan Draschanさんは、このように美術館で起きる「あるある」を撮影しては、アルバムにまとめている。他にも、<こっそり作品に触れてしまう人たち>や<服と絵画が被っている人たち>の写真集が。

もっと見たいひとはこちらからどうぞ。

Licensed material used with permission by Stefan Draschan
世界で最も有名な美術館と言えば、たくさんの人々が口にするのがパリにあるルーヴル美術館だろう。そのルーヴルが長い歴史を継承しながら、新たなプロジェクトに積極...
もう少し体をスッキリさせて月曜日に備えたい。「Elite Daily」のCaroline Burkeさん曰く、昼寝を上手に使えば、求めている"スッキリ"は...
クレマチスの丘にある「IZU PHOTO MUSEUM」に行こう。そこは、静岡県三島市に隣接する、花・アート・食がコンセプトの複合文化施設。庭園やミュージ...
サンフランシスコ近代美術館のサービス、「Send Me MOMA」はキーワードや絵文字を送ることで収蔵品からそれにあったアートを紹介してくれるというもの。...
写真家のFarah Hughesが撮影するのは、産後うつになってからも子育てを続ける女性たちのポートレイト。実際に産後うつを経験したFarahが撮影した写...
美術館に足を運んでは作品の前で裸体を披露し、一躍スペインの“お騒がせアーティスト”となっているエイドリアンさん。突飛なパフォーマンスに批判の声もだいぶ多い...
ユネスコ(国連教育科学文化機関)は、上野の国立西洋美術館を世界文化遺産として登録したと発表しました。これはフランスの建築家、ル・コルビュジエの建築作品を7...
気がつけば、スマートフォン片手に、夢中になって撮影する人の姿で溢れるようになった。インスタグラムに代表されるようなSNSを開けば、撮ったばかりの写真が途切...
六本木・森美術館で6月11日(日)まで開催中の『N.Sハルシャ展-チャーミングな旅-』が、SNSに特化した(とも思える)独特の手法で展示をし、観客を集め、...
画家ゴーギャンが「古城のよう」と表現したことで知られるポリネシア、モーレア島を拠点に活動する写真家夫婦ヴィルジニさんとサミュエルさんは、10年ものあいだポ...
昼寝をするときに、明確な時間を定めていますか?きっと、時間を決めずに「とりあえず寝ちゃおう!」というタイプの人が多いですよね。でも、それにはリスクがありま...
寝ても寝ても、改善されない理由がここにあるかも。
1989年、ルーヴル美術館中庭のナポレオン広場に設置された、建築家イオ・ミン・ペイによる「ルーヴル・ピラミッド」。当初、古典建築の前に近代的なモニュメント...
NHK大河ドラマ『平清盛』やJR東日本『JR SKISKI』などの広告写真から雑誌撮影まで、幅広く活躍する写真家、鈴木心。彼は、写真の楽しさを多くの人に知...
ここで紹介する「Landysh」氏の作品は、とにかく眠ることが好きな人々へ向けたイラストの数々。ユーモア溢れるメッセージと共に、どうぞ!01.朝が昼ごろに...
睡眠アプリ「Shleep」は、あなたの睡眠を分析して、ありとあらゆる知識を与えてくれます。操作もカンタンなので、ストレスフリーで使い続けることができそうです。
普段はカリフォルニアを拠点としているわたしですが、久しぶりに東へトリップしてきました。水に囲まれた街「シカゴ」は、日本から直行便で約12時間。1900年代...
近頃よく目にする、世界の様々な街のタイムラプス動画。ここでは花の都・パリが舞台です。登場するのは、ルーヴル美術館や凱旋門など、いわば王道の観光スポットばか...
「SILENTMODE」は、アイマスクの役割を担いつつ、クッションが付いているのでネックピローのように使うことができます。また、耳の部分にはスピーカーが搭...
アメリカ合衆国の北フィラデルフィアのに位置する、ケンジントン。そこは、バッドランドとも呼ばれ、薬物中毒者が集まる場所。あまり口にされることのない、闇に包ま...