死と隣りあわせ。「金」採掘場で働く子供たちをあなたは知っていますか?(動画あり)

フィリピンの首都マニラの南東に位置する街マラヤ。 農村地域に広がる貧困が、多くの子供たちを小規模金採掘に関わらせている。生きるため食べるために、危険を冒すことを受け入れざるを得ない環境に暮らす子供たち。
人権NGO団体「HUMAN  RIGHTS WATCH」が製作したドキュメンタリー動画をもとに、小規模金採掘の現状を紹介したい。

冷たい水の底へ
25メートルの地下へ
金を求めて子供が潜る

スクリーンショット 2015-10-10 17.27.53

6歳から金採掘を始めた少年。四角いマスで囲われたこの水の底、十数メートルの土砂に混ざった金を掘り出すために、酸素チューブを口にくわえて彼は潜っていく。冷たい水の中で体はしびれ、全身がふやけるまで、およそ1時間の作業だそう。
危険な作業を子供たちに任せるのも、彼らのサイズに合わせた穴を掘る方が労力も少なくて済むからだ。フィリピン政府は、「危険な児童労働」を法律で禁止しているが、HUMAN  RIGHTS WATCHの調査員Juliane Kippenberg氏は、それが小規模鉱山での金採掘現場では、全く機能していないという。

11歳の時から採金の仕事を始めたAlbertくんは、貧しい家族を支える担い手の一人として、小学校を辞め採掘現場で働くことを決めた。彼は、採掘のために狭い坑道の入り口を25mも降りていく。十分な酸素も行き届かず、もちろん酸素ボンベもない。暗い穴の底にあるのは、わずかばかりの送風機だそう。

スクリーンショット 2015-10-10 17.26.04

いっぽう、Jacobくんは14歳の時に初めて潜った恐怖が今でも忘れられないと、当時の体験を話す。

「トンネルの中では『もしも、穴が崩れてきたらどうしよう?』なんて考えちゃいけない。だけど怖くてどうしようもなかった。暗闇の中では、壁から飛び出た岩にも、足場の木材にも注意しないといけなかったんだ」

あるとき、いつものように穴の中へと降りていくと、仲間の目の前で木材を繋ぎ止めているロープが切れ、Jacobくんらの上に崩れてきた。運良くそれを回避することができたが、それは九死に一生の体験だった。
このように、採掘現場はつねに危険と隣り合わせ。実際、2014年9月には、17歳の少年が地下鉱山で金の採掘中、窒息のために命を落としている。

水銀を手掴みする子供たち
排水はそのまま川に流出

スクリーンショット 2015-10-10 16.15.01

スクリーンショット 2015-10-10 16.52.13

「採掘された土砂に水銀を混ぜ、専用のふるいにかけてくるくると回転させます。そうして混ぜ合わせることで金と水銀がくっついて、合金(アマルガム)ができあがる。それから、布でアマルガムを包んで水銀だけを絞り出すんです」

と、Michelleさんは普段の作業の様子を説明する。こうして取り出された合金を今度はバナーで炙り、金を精製していくんだそう。水銀が子供たちの体に与える影響は言うまでもない。
フィリピンは2013年、水銀に関する水俣条約に署名しているが、まだ批准するまでには至っていないことは、この現場の状況からも伺える。

スクリーンショット 2015-10-10 16.22.54

NGO国際水銀シンポジウムの記録によると、フィリピンの小規模金採掘における水銀使用量は年々増加し、フィリピンの年間水銀放出の約30%が金採掘によるものと推定されている。流出した水銀は、そのまま生活用水とともに子供たちの遊ぶ川へと流されていく。残念ながら、現段階では政府による対策は功を奏していないと言う他ない。

政府の対策も
追いつかないのが現状

スクリーンショット 2015-10-10 17.09.26

こうした子供たちの置かれている危険な環境にHUMAN  RIGHTS WATCHは、フィリピン政府に対して再三、警鐘を鳴らし改善要求をしている。しかし…

「限られた人数の監視員では、地域全体を調査して回る訳にはいかないのが現状ですが、現在、定期的に技術者が監視にあたってはいます」

こう答えるのは、フィリピン政府の担当次官Elmer Billedo氏。改善要求への施作として、露天採掘禁止の措置を取り、採掘現場へ調査員を派遣するなどの施作をとってはいるものの、上記のコメントの通り、子供たちが危険にされされている現実からは、結果となって目に見える成果は今のところ、ないと言うのが正直なところのようだ。

近年、すべての子供に教育を保障する措置を取ってきたフィリピン政府。だが、貧困家庭の子供たちにとって、学業と仕事の両立が困難なのは言うまでもない。前出のKippenberg氏は、児童労働の根源を断つには、「政府が貧困家庭を経済的に援助する保障づくりが先決」と、訴えている。

Licensed material used with permission by HUMAN  RIGHTS WATCH

「保育園落ちた日本死ね」の匿名ブログをきっかけに、待機児童問題が一気にフィーチャーされたことは記憶に新しいですが、世界を見渡せば、日本社会が参考にしたい子...
カナダに本拠地を置く、有名ポルノサイトPornhub。彼らが、面白い取り組みを始めたとして話題になっています。以前にも、女性のお尻をリアルに再現した最新デ...
A to Zをデフォルメしたタイポグラフィをよく目にするが、「世界が抱える闇」を誰の目にもわかりやすく視覚化したものとして、これは秀逸。26文字のアルファ...
買い物をするときの判断軸になる、品質と値段。でも、安くて品質も担保されているもののウラには、必ず「理由」があります。この動画は、フェアトレードを促進する「...
2024年のオリンピック開催地にパリが選ばれたことを機に、フランスの人権団体はアスリートと難民を比較した動画を作成しました。どれも30秒ほどですが、短い時...
ワーキングホリデービザを取得できるとして、海外で働きたいと考えている人が注目しているカナダでも、移民・難民の権利に関する問題は未だに根絶できていません。
世界がもし1つの国だったら─。そんな理想を追求した動画がある。しかし中を見てみると、実は現代だからこその深刻な問題が浮き彫りとなった。一部の人々に偏る富・...
昨今、ブラック企業やブラックバイトの実態が暴かれ、社会問題にまで発展しています。失業状態にならなければいい。とはいえ、労働環境によっては、働くどころか「隷...
サウジアラビアの首都リヤドで行われたコンベンションにて、人型ロボット「ソフィア」に市民権が与えられることが発表されました。サウジアラビアの女性よりも多くの...
世界の名だたる起業家が注目している、ユニバーサルベーシックインカム。ここでは、「どのような制度なのか」を詳しく解説します。
巷にあふれるファストファッション。お手頃価格で流行りの服が買えるのはやっぱり嬉しい。…でも、本来はその低価格のカラクリだって把握する必要があるのでは?多く...
2015年夏、ヨーロッパは第二次大戦以来となる難民問題に直面しました。ドイツのデザインスタジオが製作した、この6分間のアニメーション動画は、シリアからの難...
人間の本性は善であり、成長するうちに悪を知ってしまうという「性善説」。一方で人の本性は悪であり、生きていく中で善を学ぶというのが「性悪説」です。「The ...
少子化中のフィリピンがドゥテルテ大統領下で100の国公立高校・大学を無償化すると発表。日本でも近年高等教育の無償化の是非が議論されているが、いわゆる「富裕...
2014年、ロンドンのクリエーターSteve Cuttsによる社会風刺アニメが、世界的な話題となった。消費や欲望、自然破壊といった“見えづらい日常”の行く...
「彼女にすべて内緒のプロジェクトだからね。ドキドキしたよ」。画家のJared Heidenさんは、恋人Rachelさんへのプロポーズを地平線の見える気球の...
ギャルモデルであり、現役・慶応義塾大学大学院生でもある鎌田安里紗さん。10代、20代を中心に支持を集める彼女はエシカル・プランナーでもあり、多数のファッシ...
その手法に賛否両論あるものの、毎回過激なメッセージングで動物愛護への問題提起を投げかけるPETA(動物の倫理的扱いを求める人々の会)。今回も、ロンドンを舞...
船尾修さん。アジア・アフリカでドキュメンタリー作品を撮り続けている写真家。彼は撮影でフィリピン・ルソン島の世界遺産に登録されている棚田に訪れた時、そこがか...
ここで紹介するのは、デンマークの広告会社がインターネット上でも男女平等を実現しようという目的で行った社会実験動画。内容を知ると、彼らの平等に対する考えがい...