就職したい若者の4人に1人が「スーツを持ってない」って知っていますか?

現在、日本には200万人以上の
「若年無業者」が存在する

若者が仕事を失いやすく、誰もが無業(無職)になる可能性がある。そして、若者が働けないのは、個人に問題があると決めつけられてしまうのが今の日本の風潮だ。
ニートや貧困家庭の若者就業支援は新しい社会問題であるため、現在、日本の政府・行政のなかに若者支援を行う部署はまだない。

dont have suitsReference:政策提言「若者の仕事」

現在、若年無業者の数は200万人以上に。
そして、一人の若者が仕事に就けないままでいることと、働くことができるようになることとのコストギャップは1億5000万円とも試算されている。
この幅や対象者数を考えても、いち早く彼らがよりよい形で社会に(再)参入し、働けるようにすることは、社会が抱えるさまざまな問題を解決に導く最善策と言える

そこで立ち上がったのが、若者と社会をつなぐ活動をしているNPO法人育て上げネットだ。彼らは今、若年無理業者の実態を詳細に分析した、第二弾『若年無業者白書』を出版しようとしている。

■第一回の白書から出てきた新たな課題

2013年に出版された「若年無業者白書ーその実態と社会経済構造分析ー」。本の内容は、無業の若者が多数存在し、その状態から抜け出せないという課題を「社会問題」として訴えるというものだった。そこから、若年無業者は以下3つのパターンに分かれるという分析もできた。

求職型:無業者(通学、有配偶者を除く)のうち、就業希望を表明し、求職活動をしている非求職型:無業者(通学、有配偶者を除く)のうち、就業希望を表明しながら、求職活動はしていない非希望型:無業者(通学、有配偶者を除く)のうち、就業希望を表明していない

特に非求職型および非希望型の"暮らし向き"が、求職型と比較してあまりよくないことも分かった。

例えば、若年無業者のうち就職活動用のスーツを持っていない割合は4人に1人ということがわかった。その他、携帯電話、運転免許証、パソコンの保有割合も若年無業者は低く、求職型、非求職型、非希望型となるにつれて低下する。

実際、日本ではじめて若年無業者の実態を明示したこの作品は、多くのメディアに取り上げられ、話題となった。

しかし、それぞれの若者が抱える「課題」や「問題」の本質を明らかにするところまでは踏み込めてはいない。第2回目となる今回の出版プロジェクトは、そんな課題から生まれたものだ。

■新たな若年無業者白書での取り組み

readyfor2

NPO法人育て上げネットが明らかにしようとしているのは、上記3パターンごとの分析。例えば、「男女」「学歴」「年齢」「無業期間」「暮らし向き」など。
これまでは、彼らをどう支援していいのか、さらに、支援している団体がいても、その具体的な活動が明らかにされる機会はなかった。若年無業者に共通する要素がより明確化されれば、解決はもちろん、予防も可能となるはずだ。

■日本政府に若者支援担当部署を設置させたい!

彼らのゴールは、日本政府・行政のなかに若者支援を専門に行う部署を設立させること。分析結果をまとめた無業者白書を提出することで、硬直している現状を打破しようと考えているのだ。

■この活動は日本だけでなく、海外の若年無業者も救う

毎年、日本にはさまざまな国から若者支援に関わる専門家や研究者、メディアが視察に訪れる。「第一回若者無業者白書」は韓国で翻訳出版されるまでに至った。
この取り組みを海外へ発信することもまた、政府の役割である。とプロジェクトマネージャーの工藤さんは言う。
今回制作する白書を彼ら自身で英語訳し、海外の若者支援活動への貢献もしていきたいと考えている。

現在、NPO法人育て上げネットは白書の制作費をREADYFORで募っている。これからの未来を作る若者のために、是非協力をお願いしたい。

btn_sony_150417

 

もともとは、ポートランドのNPOが若者支援のために始めた取組み。LGBTやホームレスなど、社会に溶け込んで生活することが難しいと感じる若者たちが、うまくな...
昨今、ブラック企業やブラックバイトの実態が暴かれ、社会問題にまで発展しています。失業状態にならなければいい。とはいえ、労働環境によっては、働くどころか「隷...
ワーキングホリデービザを取得できるとして、海外で働きたいと考えている人が注目しているカナダでも、移民・難民の権利に関する問題は未だに根絶できていません。
宇宙飛行士になるための基礎知識と身体能力が鍛えられる「Space Nation Navigator」。
デザイン、サイズ、店舗を通して、本当の自分を表現したい全ての人を応援するアパレルブランド「The Phluid Project」。
サウジアラビアの首都リヤドで行われたコンベンションにて、人型ロボット「ソフィア」に市民権が与えられることが発表されました。サウジアラビアの女性よりも多くの...
彼らの日常を、ちょっと覗き見。
自分の「幸福度」を高める、働き方。
彼らの日常を、ちょっと覗き見。
言葉の力は偉大。人の心を喜ばせることができるし、悲しませることもできる。何かアクションを起こすきっかけ(Trigger)にもなったりする。今回紹介する『ト...
ある意味、好きな人にだけとどけばいい。
まもなく新年度。就職や転職、部署異動といったキャリアの転機を迎える人も多いと思います。厚生労働省が2013年に行った「労働安全衛生に関する調査」では、...
世界がもし1つの国だったら─。そんな理想を追求した動画がある。しかし中を見てみると、実は現代だからこその深刻な問題が浮き彫りとなった。一部の人々に偏る富・...
「自分は何をしたいのか」「どういう人と働きたいのか」「どんなスキルがあるのか」を軸に、自分らしい働き方を追求する人が増えてきています。働き方が多様化するな...
会社員を経て、フリーランス、起業という道を経たライターが、昨今のセクハラ問題について思うこと。
彼らの日常を、ちょっと覗き見。
彼らの日常を、ちょっと覗き見。
セグウェイから新製品が登場!その名も「Segway Drift W1 e-Skates」。軽くて小さいから持ち運びも簡単です。
「実際は3時間しか集中して働いてない」なんて言われたら、毎日残業している人は、異論を唱えたくもなるかもしれません。でも逆に8時間ずっと集中して仕事だけをし...
知らない土地の、知らない文化にもまれてくらす、同年代の若者たち。彼らはいったい、どんな日常を、どんな想いで、送っているのだろう。
巷にあふれるファストファッション。お手頃価格で流行りの服が買えるのはやっぱり嬉しい。…でも、本来はその低価格のカラクリだって把握する必要があるのでは?多く...
A to Zをデフォルメしたタイポグラフィをよく目にするが、「世界が抱える闇」を誰の目にもわかりやすく視覚化したものとして、これは秀逸。26文字のアルファ...
昔は、社会人になればすぐに、甘えの許されない状況に立たされざるを得なかった。それを行ううちに、社会を支える一人の大人としての自覚が生まれたものだ。ところが...
「Inc.com」に掲載された、仕事の生産性に関するこの記事は、社会人なら読んでおいて損はないはず。個人的には、特に01.を重点的に試してみたいと思いまし...