現代に潜む「皮肉」をたっぷり感じてみよう。

今の世の中に100%満足している人は、どれだけいるんだろう。もし、幸せを感じていても、全く不満なく生きているワケではないと思う。

現状に満足していてもそうじゃなくても、下の10枚のイラストをまずは見て欲しい。何を感じたか考えてみると、案外自分の人生に潜む「問題」が見えてくるかもしれない。

01.

55c523507be6d8aa4c8861c84e9ab81a69812f1d

02.

44aa30d5df808367e68dd367f66d2c7c048d0419

03.

D3b27927fd1bcbdda568cc6b3674334274ec4757

04.

F06e0e8aa41e666875a299008f38c4e194f290f7

05.

6add9ae960b8c3ecd53929454195049c593e7481

06.

F26aefc4f58f15f948e0ca9bbb6b2cfa9558f7c7

07.

0d41fc994ab5a01dcaa9422b9efdf7d2e696f159

08.

Fc8fe654a543c2f53bcfe60b8dffd8cd47f9d90d

09.

8a0695fd2d7497e0acd855c9a0430948909aa516

10.

54ce8dd5d014a0b1301f892538fb38c36cbd86ea

これらの作者であるJan Siemenに作品の意図を聞いてみると。

世界に隠れた不条理や皮肉が好きで、できるだけ描き起こそうとしている。見る人によって感じ方は違うけれど、絵の意味については見た人に決めてもらいたいとのこと。

たまには、「答え」が用意されていないことについて、じっくり考えてみるのも悪くない。だって、今まで見落としていた何かに気づくキッカケになるかもしれないから。

Licensed material used with permission by Jan Siemen(Instagram)
日本人アーティストのアボガド6が描いたイラストには「現代社会の深い闇」が生々しく表現されている。
映画やマンガに登場する、生ける屍たち。一度は死んでいるのにも関わらず、何かに執着するように彷徨う彼らは、なんとも不気味です。Gunduz Aghayevは...
幸せって、みんなと同じ道を目指すこと? 人の価値は見た目で判断されてしまうの?イギリスのイラストレーター・John Holcroftさんは、そんな現代人へ...
Igor Morski(イゴール・モルスキー)は、現代社会を風刺した多数のイラストを発表しているポーランドのアーティスト。温暖化や監視社会、まるで何かに操...
日本と同じく米が主食のタイにも、冷やし茶漬けに近い食べ物がありました。
「世界一クリーンなフェス」として高い指示を受けていたフジロックに、ある異変が......。フットウエアブランド「KEEN」が「FUJI ROCK FEST...
以前も紹介したことがあるMarco Melgratiさんの風刺画。新しい作品も、インパクト大のものがズラリ。何気ない私たちの日々のおこないも風刺されていて...
現代社会をシニカルに描くフランス人イラストレーターJean Jullienさんが、画集「MODERN LIFE」をリリース。さっそく話題になっています。1...
現代社会は闇だとか、生きづらいとか。そんな批判をすることもできますが、だからこそ面白いこともきっとあるはず。Francesco Bongiorniさんが今...
世の中はもの凄いスピードで変化していく。たとえば携帯。最初は持ち運べる電話というだけで驚きだったはずなのに、着メロが作れるようになり、カメラが付いた。する...
まるでミックスネクターってくらいにフルーティさが際立つ、アメリカ、カリフォルニアの「アイアンストーン・オブセッション・シンフォニー」。超・超フルーティな香...
もしも彼らが2017年に足を踏みいれたら、夢と希望で溢れた物語は、どう変化してしまうだろう?と考えたTom Ward Studio。現代の闇を感じさせるに...
イラストレーターMarco Melgratiが描くのは、「社会の闇」を感じる作品。彼のイラストは、世の中へのちょっとした嫌味を感じてしまうものばかり。会社...
僕たちの生活を飛躍的に便利に、そして快適にしてくれたスマホやSNS。もはや「手放せない、手放すべき」といった賛否の議論は過ぎ去り、あまりにも日常のなかに溶...
サンフランシスコ在住のアーティスト、Michael Kerbowが描くイラストの多くは、「自動車」が主役。それも、たっぷりな皮肉交じりの。今回は、車社会へ...
香港のデザイン会社「Local Studio HK」が制作した、中国と香港の違いを表したイラストを紹介しましょう。左側が中国で、右側が香港。中国に対して皮...
一瞬、明るいコミックかと思いきや、皮肉で毒っ気たっぷりのブラックジョークがまぶされた作品に出会った。一癖あるコミック集『LOLNEIN』を世に送り出してい...
トマトケチャップで味付けするスタイルがごくごく一般的ですが、ここにある調味料をプラスすると、グンとおいしくなるんです。
これはフォトグラファーMarieさんの作品、「Lifeconstruction」。全く知らない人同士を、あたかも親密な関係であるかのように撮るシリーズ作品...
鳥かごの中で仕事をする小鳥、自殺する時計…。ポップなイラストの中に現代社会の闇を描いているのは、Elia Colomboさん。彼が発している強烈なメッセー...
人生には矛盾がつきもの。日常には小さな葛藤が溢れている。誰でも心当たりがあるシーンを巧みに切りとり、ユーモアで包んで表現しているのはセルビア出身のイラスト...
ちょっとした皮肉とユーモア混じるChris Hallbeckが描いた“社会人マンガ”を読んだら、何だか心が和んでしまった。もう、立派な大人なのだけど、無邪...
ディズニープリンセスが大好きな、イラストレーターのAnooshaさん。このたび、「もし彼女たちが、21世紀に生きていたら?」という想像のもと、以下のような...
大英博物館やテート・モダンなど、名だたるミュージアムを数多く抱えるロンドン。先日、この街のとあるギャラリーで開催されたのが、犬のための現代アート展です。「...