Urban Outfittersの皮肉たっぷりハロウィンコスチューム

確かに似てる〜!!って思っちゃいました。誰にかはわかりませんが(笑)。

アパレルメーカー「Urban Outfitters」が販売しているハロウィンコスチュームの1つには、皮肉がたっぷりと込められています。その名も「Influencer Halloween Costume Set」。つまり、“インフルエンサー”に仮装するセットアップなんです。

深めに被ったキャップにサングラス、タイトなヨガパンツにブラトップ。その上から羽織るモコモコしたパーカー。世の中に影響力があると信じられているインスタグラマーの服装にそっくりです。たぶん。

ここまでくると、39ドル(約4,400円)というチープな価格設定にも意味があるんじゃないかと勘ぐってしまうのですが、考えすぎですかね……?

このコスチュームで、オーガニック野菜が詰まった紙袋を腕に抱えて、トイプードルを散歩していたら、もう完璧です。

Top image: © Urban Outfitters
好奇心を満たそう!60秒以内で読める記事
「Urban Outfitters(アーバン・アウトフィッターズ)」の日本語版サイトでおすすめの「ワクワクするバスグッズ」を3つ紹介。バスボム手作りキット...
「Urban Outfitters(アーバン・アウトフィッターズ)」の日本語版サイトでおすすめの「思わずポチっちゃうアイテム」を3つ紹介。バスケットゴール...
「Urban Outfitters(アーバン・アウトフィッターズ)」の日本語版サイトでおすすめの「本棚で飾るために欲しい洋書」を3冊紹介。とはいえ、内容に...
コスプレイヤーで街がごった返す日本の「ハロウィン」。今年はお家で楽しんでみましょう!お家でハロウィンを楽しむアイデアをまとめてみました!
フォトグラファーの石川望さんに「普段使いできるカメラバッグ」を5つ挙げてもらった。
「Urban Outfitters(アーバン・アウトフィッターズ)」の日本語版サイトでおすすめの「リモートワークが捗るアイテム」を3つ紹介。スマホ用刑務所...
「Urban Outfitters(アーバン・アウトフィッターズ)」の日本語版サイトでおすすめの「佇まいが素敵な食器」を3つ紹介。トルティーヤチップスとサ...
「星野リゾート トマム」では、雄大な景色のなかで楽しむハロウィンパーティーを10月1日~31日で開催。広大な敷地を活かし、放牧されている羊や山羊、子牛と一...
「SHIBUYA QWS」で誕生したプロジェクトチームにより、”集まらないで渋谷らしく楽しむハロウィン”の推進プロジェクトが始動。仮装気分が毎日味わえるハ...
スタバがコラボした限定商品ってだけで、購買意欲がそそられちゃいます。
サステイナブルの観点から近年注目の「コンポスト」。「臭い生ゴミの処理に困っている」「SDGsや自給自足の生活に関心がある」という方のためになぜ注目されてい...
プロジェクター「Atmos FX」は、通報されそうなくらいリアルなゾンビやガイコツを投影してくれるんです。
アート・キャンディ・ショップ「パパブブレ」から、ハロウィン限定で「脳みそマシュマロ」が登場。
アメリカでは、ハロウィンの日程変更をめぐって12万を超えるネット署名が集まっている(7月31日現在)。署名の内容は、「10月の最終土曜日」に開催するように...
10月14日、ドミノピザから期間限定で発売される「ハロウィンルーレット」が話題を集めている。このピザには、最強レベルの辛さを誇る「ブートジョロキア」のソー...
NY発のロブスターロール専門店「LUKE’S LOBSTER」より、ハロウィン限定のシーフードロールセットが発売。ロブスター、シュリンプ、クラブなどをオリ...
アメリカの「Ben & Jerry's」からワンコ用のアイスが登場!
モンゴルの伝統技法で生産された天然ウール100%のあったか「ルームシューズ」が発売中。
「めったにない」ことの例えでもある「ブルームーン」が今年はハロウィン当日に見える!ハロウィンと満月のタイミングが重なるのは、なんと約19年に一度!これは見...
ハロウィンイベント「Hogwarts After Dark(ホグワーツ アフター )」が映画『ハリー・ポッター』シリーズのロケ地としても使用されたオックス...
URBAN RESEARCHが展開しているローカルコミュニティプロジェクト「JAPAN MADE PROJECT」。人気アパレルブランドが、なぜ地方でこの...
今年もハロウィンの季節がやってきました。最近では、仮装して街を歩いたり、パーティを開いたり、日本でも親しみのある行事になってきました。秋に採れる農作物の収...
賞金は300ドルと、年間パスポート2枚、パーク内で利用できるチケット、そして使用した棺桶です。
ハロウィンに向け、JA和歌山が打ち出した「柿」のピーアールがおもしろい。柿を楳図かずお氏の漫画にならって「グワシ」スタイルで持ち、「グワキ」のハッシュタグ...