ブラックユーモアたっぷりの石鹸。

世の中、面白いネーミングの商品は溢れている。そして、商品のユニークな説明もしかり。

けれど、これほどひねりが効いていて、パンチのあるユーモアは珍しい。変わったネーミングに続くのは、思わず吹き出してしまう香りの解説。早速、冗談みたいなラベルたちを紹介していこう。

#1
内向的な人

無臭

なぜなら、とにかく、あなたはどこにも出かけないからね。

#2
本物のアーティスト

失業者のような香り

ラーメンと高品質の絵筆を結合させたような。

#3
次男坊

主に目に見えない香り

さあ、君の髪の毛を紫色に染めよう。決して、誰にも気づかれないから。

#4
オタク

Wi-Fiの香り

この香りは、オタク以外は理解できない。

#5
新しいモノ好き

コーヒー、ベーコン、クラフトビール風

まさに、あなたのあごひげのような香り。

#6
破産したダメミュージシャン

「アルバイトを辞めるな!」のような香り

とはいえ。名声は、曲がり角にある。(爆!そんなわけないよね。)

#7
漢の中の漢

アラスカのような香り

熊の毛皮、もしくは、サーモンの臭いという気がする。美味しそう。

#8
ハイな人

コロラド州のような香り

どこかでは、誰かが大麻を吸っている。

#9
強迫性障害

強迫観念の行動のような香り

手を繰り返し洗うために立ち上がろう。

#10
酒飲み

あなたの口臭のような香り

でも、石鹸に文句をつけてもいい。

#11
ストーカー
 

ゾッとするような香り

不気味そのもの。まるであなたのよう。

#12
宝くじを買う人

夢物語のような香り

履歴書を書くよりもラク。

#13
昼飲み

土曜日のような香り

そして、日曜日も、月曜日も、火曜日も…コツはつかめましたね。

これらの石鹸は、アメリカの「Whisky River Soap Co.」のもの。冗談みたいだが、すべての商品はオンラインで購入することができる。

本社のサイトには、ここでは紹介しきれないほどの石鹸がラインナップされている。ちなみに値段は、ほぼ8.95ドル(約980円)ほど。気が置けないトモダチへのちょっとしたギフトにどうだろうか?

Licensed material used with permission by Whiskey River Soap
紀元前2800年に誕生して以来、「すべりやすい」という問題点をずーっと抱えてきたのが石鹸。2017年、ついに石鹸史上初の革命が。それがこのテトラポット型。...
フレグランスにこだわる人であればあるほど、お気に入りの香りがあって、それはもう人それぞれ。
フックに吊るしておけばソープディッシュが要らないし、省スペースになるし、無駄に溶けちゃうこともない。バスルームのちょっとしたインテリアにもなります。使って...
本物のお酒が入ったBoozy Soaps。一つひとつ手作りされていて、バーボン・ウイスキーなどのお酒のほか、ローズマリーの葉やクランベリーの種といった天然...
「Girls Don’t Cry」「Wasted Youth」のデザイナー・VERDY氏が原宿の新名所「ONE」で開催した裏ポップアップを緊急レポート&直...
多様な文化が行き交うことで栄えた神奈川の港街・横浜に、新しい旅のスポットが誕生したと聞き、さっそく泊まりに行ってみた。横浜中華街の中心部にオープンした「H...
『フライング タイガー コペンハーゲン』で発見。やけにBIGなサイズ感、季節感を意識した(?)カラーリング、それに合わせてセレクトされたグラフィックの紙ケ...
旅好きのあなたに一つ質問を。旅行に持って行くシャンプーのサイズって、結構悩ましくないですか?大きすぎると荷物になるし、持て余すのもイヤ。かといって、小さす...
牛の胆汁を使った石鹸で、油汚れや血液に強いことで知られているが、汗による黄ばみにも有効だ。
お祝いや感謝など、大切な誰かを思う気持ち──。それらを面と向かって相手に伝えるのは、なかなか照れ臭くて難しかったりしますよね。では、こんな「石鹸の力」を借...
アメリカ・オクラホマ州タルサでは、そんな彼らを好待遇で受け入れているんです。例えば、移住をすれば約110万円(10万ドル)が支給されるそう。さらに、月に約...
以前紹介し、特別な贈り物を届けたい人たちの心をギュッとつかんだ「Message Soap, in time」。直接口にして伝えるには少し照れくさい想いを「...
香水でもルームスプレーでも、その時々の気分で変えてしまう。だけど、今現在、ことタオルに関しては、“このスプレーの香りがいい!”と思って毎日のように使ってい...
ウォッシングサロン〈Freddy leck(フレディ レック)〉。オリジナルプロダクトも人気です。そのひとつ「Galleseife(ガルザイフェ)」は、と...
まな板の上に置かれた姿は、まるで本当のスイカのよう。間違えて食べてしまいそうな、キュートなハンドメイドソープを紹介しましょう。「Soaptopia(ソープ...
「Soaptopia」は、カリフォルニア ベニスビーチで生まれた、植物をベースに丁寧に作られたハンドメイドソープ&ナチュラルボディケアブランド。作りたての...
ニューヨーク、ローマ、パリの街中で、折り紙ドレスを着たバレリーナを撮影するプロジェクト『Pli.e Paris』。
もともとは、パッケージデザインに興味を惹かれて紹介しようと思ったプロダクト。でも、あまりにもユニークな商品コンセプトの存在を知ったからには、もうそっちをメ...
石鹸などを扱うアメリカの小売店Bath & Body Worksは、目の見えない障害者にアートを楽しんでもらおうと、「白い杖の日」に合わせて#TheBli...
トイレで「小」をする時、男性は手で大事なトコを触るもの。でも、手のひらには無数の細菌が潜んでいるから要注意。これが、原因で病気になってしまうケースも多くあ...
米・セントルイスに住むジェイク・オースティンは、長年ホームレスへのボランティア活動をしている男性。「ボランティア」とひと口に言っても、食事の補助から衣服提...
新生活がはじまりに、こだわりたいのは。
夜、トイレに行きたくて起きることがある。いきなり明かりをつけると、眩しい上に目がパッチリ覚めてしまう。だから、暗闇の中を手探りで洗面所方面へと進んでいくハ...
一見缶ビールや缶スープのように見える、「Soup Socks(スープ・ソックス)」&「Soup Socks(スープ・ソックス)」。いつもお世話になっている...