結露や輪ジミを防ぐ「宙に浮くマグカップ」

デスクワーク中、眠気覚ましに飲むコーヒー。もやもやの頭で気づいたら、机や書類がカップの結露で濡れていたり、溢れた中身で輪っか状のシミが…。この「あるある」への救いの手がありました。

濡れるのが嫌なら
浮かせてしまえばいい!

その名も「Floatingmug(浮くマグカップ)」。カップを宙に固定して、下に水滴の受け皿を設置。なんてアバンギャルドな解決策。

確かに底が机に触れなきゃ周りが濡れる心配もないんだけど、だからって浮かすとは正直、想定外。

開発者はこちらのTigereさん。こちらも想定外のリアクション(笑)。

「ことの発端は僕の奥さんさ。彼女はいつもいつも、家のそこかしこについたコーヒーの輪ジミに叫び声をあげてたんだ。解決のため、それこそあらゆるカップを試したよ。二層式の巨大なタンブラーとかもね。でもそんなのでも結局はシミが残っちゃうんだから」

そこでこの構造だったというわけ。

なるほど、ハンドナプキンを敷いてもふやけて役に立たないほどビショビショに結露する夏場なんかには、特に重宝しそう。加えて普通のコースターと違って受け皿部分が一体になっているのも、持ち運びやすく嬉しいポイント。

ところでこれ、ちょっと意外なものから着想を得ていたんだそう。

ひらめきの種は…
バナナスタンド!

「美しくて便利でユニークなものを作りたかったんだ。悩みに悩んだ末、バナナスタンドを見てついに思いついちゃった。この曲線がなんだか、マグカップの取っ手に似てる。そう思ったとたん、今まで求めてきたものを実現する方法がわかったのさ」

もともと物作りの経験はゼロだったというTigereさん。彼の最初のプロトタイプはこんな感じでした。

不器用ながら、頑張りとコンセプトが伝わってくるなぁ。そしてこれをさらに使いやすく美しく、ガラスで作ったのが今の姿。

オフィシャルページにはこんな文言が。

これは、世界で最も美しいマグ

・コーヒーが大好き

・より快適にお茶を楽しみたい

・デスクやベッドサイドで飲み物を味わいたい

・読書のおともにしたい

・一風変わった喜ばれるプレゼントを探している

・綺麗なデザート容器を求めている

そんな人にはパーフェクト。

現段階では、17ドル(約1,900円)の投資でマグカップ1個がもらえるそう。興味のある人はチェック。

Licensed material used with permission by The Floating Mug Co.
「レザー」と「セラミック」のバランスがおしゃれなマグカップ。デザイン性に特化したアイテムだからこそ、カップ以外の使用方法が次々に思い浮かびます。
このマグカップのユーモラスな形がすごくいい。“まる”というのがひとつのキーになっているようで、持ち手も台座も全体のフォルムも丸っこい。でも、カワイイだけに...
メディアクリエイターのハイロックさんが、自身の“マグカップコレクションの頂点に君臨する”と紹介する逸品。
近年、日本よりも世界での注目度が高い盆栽。身近なインテリアや芸術作品として、自然を凝縮した「BONSAI」に傾倒する外国人が急増。そんな彼らでなくても、「...
「Magic of Water」は無重力を楽しめるインテリアです。
商業施設の壁面緑化や植栽など、プロ仕様の花材だった「フェイクグリーン」。それをインテリアを彩る「グリーン雑貨」として室内に持ち込んだ、フェイクの仕掛け人・...
花一輪をプレゼント……はキザでも、ワイン1本ならプレゼントできちゃうかも。
そんな簡単な贈り物にするのだっていい、エチケットの花一輪が可憐で愛らしいアルゼ...
花を美しく飾る、その目的のためだけにつくられた切り花のためのテーブルです
「Personalized Heat Change Mug(英訳:熱で変化するパーソナライズマグカップ)」は、名称そのままに、温かい飲み物を入れると注文の...
サボテンや多肉植物は、乾燥した場所で育つたくましい植物。かわいらしいけれどちょっとゴツい見た目は、じつはどんな部屋にも馴染むんです。いつものインテリアに飽...
私たち人間は、とどまることなくゆらゆらと漂うものに、自然に惹かれてしまうのかもしれない。だからこそ、なのだろうか。こうした「浮遊系インテリア」を、最近はよ...
昨今、スタンド型やパッドタイプなど、あらゆる形状の充電器が販売されていますよね。でも、充電以外の機能が備わっているものって、あまり見かけない気がします。た...
カナダ・バンクーバー出身のアーティストDaniel Nelsonさんが手がけたスケートボードデッキ。流木と水色のUVレジンからできていて、川の水面をそのま...
飲み頃がずーっと続いてくれたならば、いつまでもおいしいまま。そういうところからスタートしたマグなんでしょうね。
「ecoBirdy」はゴミになってしまう“プラスチックおもちゃ”を回収して、新しいキッズ用インテリアを製造しています。
そんななかで『MONG MONT』は、インテリアの邪魔をしないという今までの考えではなく、むしろ壁に飾って見せるための<芸術性>を重視してつくられました。...
おやつとしてではなく、朝ごはんとしても人気のフレンチトーストは、栄養バランスも満点なんです。アレンジ次第で、健康にも美容にも効果が期待できる「朝からフレン...
身近な人の死は、避けては通れない出来事。誰しもに平等に訪れるとはいえ、気持ちを切り替えるのはなかなか難しいものです。しかし、このアイデアでそうしたショック...
インテリアや料理好きの間で、ビーカーやフラスコなどの理化学製品が“理系インテリア”として人気を博しています。このムーブメントの発信源は、清澄白河にあるその...
木目が特徴的なこちらのアイテム。実は「割り箸」からできています。年々増えている使い捨て箸への問題意識から生まれたプロダクトです。アジアン料理のブームが巻き...