ハロウィンの夜、ゾクッとしたい人はどうぞ。

今夜はコスプレイヤーで街がごった返す日。コスプレはしなくとも、このイベントにあやかってはっちゃけたい!けれど……本当に残念ながら今日は火曜日。「たんなる平日でしかない」と心で悪態をつきながら、いつも以上にきらびやかな街を素通りする私。

今日も忙しく働いて、ハロウィンを味わう暇もないって人もいるはず。せめて…と言ってはなんですが、今夜くらいは海外のホラー映画に登場するような“洋風廃墟の世界”へ遊びに行くのはどうでしょう?

世界でも指折りの
「廃病院」へようこそ。

ここは、ベーリッツ・サナトリウム病院。第一次世界大戦における最大の会戦「ソンムの戦い」で、ヒトラーが利用した病院として知られている。

Daily Mail」を参考に紹介すると、1995年に民営化されて、パーキンソン病の患者を支援する神経リハビリテーションセンターとして使用されていた。しかし所有者が破産してしまい、今から17年前に完全に運営が止まり、当時のまま残されていると言う。

SNSを見る限り、一般人も立ち入りができるようだけれど、それにしてはInstagramで50件ちょっととあまりにも少ないから、数々の怪奇現象や、“見て”しまった人の噂が本当なのかもしれない……。

たっぷり20分間のツアー、隅々まで見たい人はこちらから。

部屋を暗くしてイヤホンをつけると、後ろ振り向きたくなくなりますよ。

Licensed material used with permission by Hermann Schulz
コスプレイヤーで街がごった返す日本の「ハロウィン」。今年はお家で楽しんでみましょう!お家でハロウィンを楽しむアイデアをまとめてみました!
廃墟となった病院は、ホラー映画の撮影舞台を彷彿とさせる。でも、こちらはリアルな病院跡地なのだ。数年に渡って、放棄された複数の病院を撮影したのは、ポーランド...
Urban Outfittersが販売しているハロウィンコスチュームの1つには、皮肉がたっぷりと込められています。
ハロウィンの時期も近づき、ホラー映画で恋人との距離を縮めるためにも、名作ホラー映画を一緒に鑑賞してみてはいかがだろうか。『エクソシスト』、『シャイニング』...
衣料品の残布・残糸問題に着目したアップサイクルのブランド「RYE TENDER(ライテンダー)」が今シーズンよりデビュー。12月10日(木)まで、東京・代...
プロジェクター「Atmos FX」は、通報されそうなくらいリアルなゾンビやガイコツを投影してくれるんです。
「星野リゾート トマム」では、雄大な景色のなかで楽しむハロウィンパーティーを10月1日~31日で開催。広大な敷地を活かし、放牧されている羊や山羊、子牛と一...
スタバがコラボした限定商品ってだけで、購買意欲がそそられちゃいます。
10月14日、ドミノピザから期間限定で発売される「ハロウィンルーレット」が話題を集めている。このピザには、最強レベルの辛さを誇る「ブートジョロキア」のソー...
アート・キャンディ・ショップ「パパブブレ」から、ハロウィン限定で「脳みそマシュマロ」が登場。
スウェーデンブランド「aarke(アールケ)」から、キッチンで見るたび胸踊りそうな美しいソーダサーバーが誕生した。
本来の意味合いや目的なんかとは関係なしに、とにかくみんなで仮装して騒いでとことん楽しむ、みたいな風潮が定着した「ハロウィン」が今年もやってきます。定番メイ...
「SHIBUYA QWS」で誕生したプロジェクトチームにより、”集まらないで渋谷らしく楽しむハロウィン”の推進プロジェクトが始動。仮装気分が毎日味わえるハ...
NY発のロブスターロール専門店「LUKE’S LOBSTER」より、ハロウィン限定のシーフードロールセットが発売。ロブスター、シュリンプ、クラブなどをオリ...
ハロウィンイベント「Hogwarts After Dark(ホグワーツ アフター )」が映画『ハリー・ポッター』シリーズのロケ地としても使用されたオックス...
若者たちで連日賑わう遊び場「Szimpla Kert(シンプルケルト)」は、ジドー・ネジェドというユダヤ人街にある廃墟バー。廃墟となって放置されていた集合...
スポーツやトレーニングの最中にも片手で栄養補給でき、手が汚れないチアパック入りの“飲むあんこ”、「theANko」が、11月にリニューアルデビュー。監修は...
電気自動車メーカー「Tesla」と民間宇宙開発企業「SpaceX」のCEOを務めるイーロン・マスクが、米・総合情報サービス企業「Bloomberg」の世界...
「めったにない」ことの例えでもある「ブルームーン」が今年はハロウィン当日に見える!ハロウィンと満月のタイミングが重なるのは、なんと約19年に一度!これは見...
賞金は300ドルと、年間パスポート2枚、パーク内で利用できるチケット、そして使用した棺桶です。
わざわざ新潟県の離島、佐渡島へと出向き、あたり一面まっ暗になった夜のバスツアーに参加する人が増えているという。それも、到着するまで目的地不明のミステリーツ...
今年もハロウィンがやってくる。いつの頃からか、日本人にとってのハロウィンは仮装やコスプレをして街を練り歩くことになってしまった。もちろん、それはそれで楽し...
今年もハロウィンの季節がやってきました。最近では、仮装して街を歩いたり、パーティを開いたり、日本でも親しみのある行事になってきました。秋に採れる農作物の収...
今年は一歩進んだ、いつもと違うハロウィンを過ごしたいという人におすすめなのが、Airbnbを通して宿泊可能な「リアルお化け屋敷」。紹介する5つの場所は、ど...