ハロウィンの夜、ゾクッとしたい人はどうぞ。

今夜はコスプレイヤーで街がごった返す日。コスプレはしなくとも、このイベントにあやかってはっちゃけたい!けれど……本当に残念ながら今日は火曜日。「たんなる平日でしかない」と心で悪態をつきながら、いつも以上にきらびやかな街を素通りする私。

今日も忙しく働いて、ハロウィンを味わう暇もないって人もいるはず。せめて…と言ってはなんですが、今夜くらいは海外のホラー映画に登場するような“洋風廃墟の世界”へ遊びに行くのはどうでしょう?

世界でも指折りの
「廃病院」へようこそ。

ここは、ベーリッツ・サナトリウム病院。第一次世界大戦における最大の会戦「ソンムの戦い」で、ヒトラーが利用した病院として知られている。

Daily Mail」を参考に紹介すると、1995年に民営化されて、パーキンソン病の患者を支援する神経リハビリテーションセンターとして使用されていた。しかし所有者が破産してしまい、今から17年前に完全に運営が止まり、当時のまま残されていると言う。

SNSを見る限り、一般人も立ち入りができるようだけれど、それにしてはInstagramで50件ちょっととあまりにも少ないから、数々の怪奇現象や、“見て”しまった人の噂が本当なのかもしれない……。

たっぷり20分間のツアー、隅々まで見たい人はこちらから。

部屋を暗くしてイヤホンをつけると、後ろ振り向きたくなくなりますよ。

Licensed material used with permission by Hermann Schulz
廃墟となった病院は、ホラー映画の撮影舞台を彷彿とさせる。でも、こちらはリアルな病院跡地なのだ。数年に渡って、放棄された複数の病院を撮影したのは、ポーランド...
ハロウィンの時期も近づき、ホラー映画で恋人との距離を縮めるためにも、名作ホラー映画を一緒に鑑賞してみてはいかがだろうか。『エクソシスト』、『シャイニング』...
Urban Outfittersが販売しているハロウィンコスチュームの1つには、皮肉がたっぷりと込められています。
プロジェクター「Atmos FX」は、通報されそうなくらいリアルなゾンビやガイコツを投影してくれるんです。
「Nike」の「JORDAN BRAND」をパートナーに、「Dior」が手がける今回の「Air Diorコレクション」。パーカーやMA-1といった定番のス...