ハロウィンナイトに「本物のドラキュラ城」で眠る人を募集中

まさにハロウィンの最高峰。この企画を知ってしまった以上、どんなに完成度の高いコスプレも物足りなく見えてしまう。従来のハロウィンナイトにはもう心が躍らなくなった、そんなあなたは今すぐ応募の準備を。

実在モデルとして知られる
ブラン城(ルーマニア)が舞台

Airbnbのハロウィン特別企画として発表された本イベントは、ドラキュラ城の実在モデルとして知られるトランシルヴァニア(ルーマニア)のブラン城で一夜を過ごすというもの。古くから吸血鬼が棲むと言われる、天然の要塞カルパティア山脈に囲まれた森奥深くの恐怖があなたを待っている。

当日は、山道を馬車で奥へ奥へと進んでいく。日が暮れ、コウモリと狼が躍動を始める薄闇の中、山の頂に忽然と現れるブラン城は、その幽玄な存在感で見る者を圧倒。

棺桶に入り、
夜明けを待つ恐怖を

城内では隠れ部屋、軋む階段、迷路のような薄暗い廊下をひとしきり回ることが可能。秘密の通路を抜け、広大なダイニングルームに至ると、卓上にはろうそくの明かりが煌々と灯り、小説で描かれた通りの郷土料理の晩餐が。

夕食後は、伯爵の地下室に降りてベルベッドを敷き詰めた棺桶に横になり、たったひとりで夜明けを待つ。トランシルヴァニアの夜は長い。足音やささやき声(?)、城壁を取り巻く狼の遠吠えを聞きながら安らかな眠りにつく。

ホストのダクレ・ストーカーさんの言葉に、こちらの期待はより一層高まるばかり。

「ブラン城は、ドラキュラ伝説発祥の地なので、教えたい秘話が山ほどあります。詳しいことは、城の薄暗い秘密の通路を案内しながらお伝えすることにしましょう」

当選商品は、2名1組の宿泊1泊とトランシルヴァニアへの往復航空券。応募期間は、日本時間10月27日(木)午前6時59分まで。興味のある人は、以下10のハウスルールを確認してこちらから応募を。ちなみに、お題は「ドラキュラ城で伯爵に牙を剥かれたそのとき言ってやりたい台詞」だそう。

ハウスルール10か条

・我が居城へようこそ。自由に入って、安らかにゆけ、幸せの欠片をここに残して。
・Airbnbからは日没後のヴァンパイア被害の保証は出ません。
・にんにくを数珠玉のように首にぶら下げてこないでください。にんにく臭いもの、香料も一切禁止です。
・銀のジュエリー類もご自宅に置いてきた方がよろしいでしょう。
・護符、聖水もご自宅に置いてきた方がよろしいでしょう。
・ナイフやフォークで十字を切ってはなりません。指とかでも十字はとにかくやめてください。
・見張り塔のこうもりに気をつけること。
・就寝前にろうそくはすべて消すこと。
・夜明け前にカーテンは全部閉め切ること。
・伯爵は「鏡を使った自撮りは得意ではない」と申しております。

Licensed material used with permission by Airbnb
プロジェクター「Atmos FX」は、通報されそうなくらいリアルなゾンビやガイコツを投影してくれるんです。
今年は一歩進んだ、いつもと違うハロウィンを過ごしたいという人におすすめなのが、Airbnbを通して宿泊可能な「リアルお化け屋敷」。紹介する5つの場所は、ど...
Urban Outfittersが販売しているハロウィンコスチュームの1つには、皮肉がたっぷりと込められています。
スタバがコラボした限定商品ってだけで、購買意欲がそそられちゃいます。
パラオ政府は、2020年より、サンゴ礁に有害な物質を含む日焼け止めを禁止にする方針を明らかにしました。
保護性もデザイン性も機能性も大事だけど、カスタムして遊ぶっていう感覚もアリだと思います。
ハロウィンを味わう暇もなかった人もいるはず。せめて…と言ってはなんですが、今夜くらいは、海外のホラー映画に出てくるような洋風廃墟の世界へ遊びに行くのはどう...
賞金は300ドルと、年間パスポート2枚、パーク内で利用できるチケット、そして使用した棺桶です。
今年もハロウィンがやってくる。いつの頃からか、日本人にとってのハロウィンは仮装やコスプレをして街を練り歩くことになってしまった。もちろん、それはそれで楽し...
アメリカ・カルフォルニア州のロングビーチにある「クイーン・メリー号」は、“地球上で最もお化けが出る場所トップ10”に選ばれている幽霊船です。実際に幽霊を見...
ワイングラスをモチーフにしてつくられた椅子『MERLOT』。丸みを帯びたグラスの曲線部分が背もたれになっていて、椅子の脚の部分はグラスのステム部分となって...
今年もハロウィンの季節がやってきました。最近では、仮装して街を歩いたり、パーティを開いたり、日本でも親しみのある行事になってきました。秋に採れる農作物の収...
近年、ハロウィンといえば、普段はできないような格好に「仮装すること」がメインの楽しみとして定着しています。が、中には「そろそろ他の楽しみ方を知りたい!」と...
ハロウィンの時期も近づき、ホラー映画で恋人との距離を縮めるためにも、名作ホラー映画を一緒に鑑賞してみてはいかがだろうか。『エクソシスト』、『シャイニング』...
10月31日(土)はハロウィン!仮装の準備をしている人も多いかもしれません。が、もうひとつ注目のイベントがあることを知っていましたか?なんとその数時間後、...
あなたの感情を読み取りブランデーの中にハートマークを投影するグラス。アプリと連動する必要あり。デートで使ったら、クールに振る舞っていても心の中を見透かされ...
本来の意味合いや目的なんかとは関係なしに、とにかくみんなで仮装して騒いでとことん楽しむ、みたいな風潮が定着した「ハロウィン」が今年もやってきます。定番メイ...
新宿にできた、新しいAirbnb東京オフィスのワークスペースが発表されました。同社といえば、サンフランシスコ本社の倉庫を使った4階建吹き抜けオフィスが話題...
今年もハロウィンナイトを楽しむ東京・渋谷駅付近は、まるで年末のカウントダウンのような酔狂ぶり。そして、日付が変わった2015年11月1日(日)朝、宴のあと...
ギョッとするような女性の顔。怖いんだけど、あまりにも見事でずっと眺めてしまう。このメイクを手がけたのは、ロンドンを拠点に活動する美容師のVANESSA D...
誰もがヒーローになれるし、ヒロインになれる。『Landwirth Legacy Productions』は、このメッセージを2分間に込めました。もらったお...
インターネットが登場して、ジャーナリズムは劇的に変化しました。テレビの時代は情報を受け取るだけだったのが、オンラインのニュース記事にコメントをつけて双方向...
ある日Instagramを見ていたら、カラフルなニューススタンドの写真が目に止まった。なんだか不思議な魅力を感じたのだけれど、一体どうしてニューススタンド...
2018年に創業10年を迎えたAirbnb。民泊の概念を普遍的にした彼らの影響によって、「旅」はどのように変わっていったのでしょうか。