リアルすぎて通報されそうな「ハロウィンデコレーション」

毎年、日本でも楽しむ人が多くなってきているハロウィン。本場アメリカでは、熱を込めて作られたデコレーションの精度が高すぎて、本物だと思い込んだ人が警察に通報をしてしまう出来事が多々起きています。

さて、ここで紹介するのはハロウィン専用で使うプロジェクター「Atmos FX」。通報されそうなくらいリアルなゾンビやガイコツを投影してくれるんです。昔からあるクラシックなデコレーションですが、とにかくクオリティが違います!

すでに自分のプロジェクターを持っているなら、データだけのダウンロードも可能。要するに、日本でも今すぐに購入できるってワケです。家族や友だち、パートナーを驚かせたい人は、「Atmos FX」を使ってみるのもアリかも。

スタバがコラボした限定商品ってだけで、購買意欲がそそられちゃいます。
賞金は300ドルと、年間パスポート2枚、パーク内で利用できるチケット、そして使用した棺桶です。
Urban Outfittersが販売しているハロウィンコスチュームの1つには、皮肉がたっぷりと込められています。
今年もハロウィンがやってくる。いつの頃からか、日本人にとってのハロウィンは仮装やコスプレをして街を練り歩くことになってしまった。もちろん、それはそれで楽し...
世界でここだけ!日本発のクラフトビール「KAGUA」が樽生で楽しめるビアバーFar Yeast Tokyo Craft Beer & Bao〒150-00...
アメリカの複合施設『Mountain Horse Farm』では、ストレス解消を目的とした新たなアクティビティを提供しています。
アメリカ・カルフォルニア州のロングビーチにある「クイーン・メリー号」は、“地球上で最もお化けが出る場所トップ10”に選ばれている幽霊船です。実際に幽霊を見...
今年もハロウィンの季節がやってきました。最近では、仮装して街を歩いたり、パーティを開いたり、日本でも親しみのある行事になってきました。秋に採れる農作物の収...
ハロウィンを味わう暇もなかった人もいるはず。せめて…と言ってはなんですが、今夜くらいは、海外のホラー映画に出てくるような洋風廃墟の世界へ遊びに行くのはどう...
今年は一歩進んだ、いつもと違うハロウィンを過ごしたいという人におすすめなのが、Airbnbを通して宿泊可能な「リアルお化け屋敷」。紹介する5つの場所は、ど...
本場の味・ボリューム・雰囲気がそのまま!ステーキハウス激戦区・NYの名店が日本上陸BENJAMIN STEAK HOUSE〒106-0032 東京都港区六...
10月31日(土)はハロウィン!仮装の準備をしている人も多いかもしれません。が、もうひとつ注目のイベントがあることを知っていましたか?なんとその数時間後、...
本来の意味合いや目的なんかとは関係なしに、とにかくみんなで仮装して騒いでとことん楽しむ、みたいな風潮が定着した「ハロウィン」が今年もやってきます。定番メイ...
まさにハロウィンの最高峰。この企画を知ってしまった以上、どんなに完成度の高いコスプレも物足りなく見えてしまう。従来のハロウィンナイトにはもう心が躍らなくな...
近年、ハロウィンといえば、普段はできないような格好に「仮装すること」がメインの楽しみとして定着しています。が、中には「そろそろ他の楽しみ方を知りたい!」と...
宿泊客同士のコミュニケーションを重視するソーシャルホテルのなかでも、アメリカ・マイアミに2ヵ所ある『Life House』のシステムはとくにおもしろいです。
ASMRでは珍しいリアルイベントです。開催地はロンドン。期間は11月9日(金)からたったの2日間。予約状況は開催前に満席!
サンフランシスコ ダンジョン」という、地元の暗黒歴史をテーマにしたホラー観光名所で、あの刑務所を再現した宿泊施設が限定オープンするのだ。看守や囚人による余...
ハロウィンの時期も近づき、ホラー映画で恋人との距離を縮めるためにも、名作ホラー映画を一緒に鑑賞してみてはいかがだろうか。『エクソシスト』、『シャイニング』...
誰もがヒーローになれるし、ヒロインになれる。『Landwirth Legacy Productions』は、このメッセージを2分間に込めました。もらったお...
1年なんてあっという間だから、楽しいイベントは少しでも多い方がいい!ちなみに2018年のイースターは「4月1日」ですよ。
カナダ・ブリティッシュコロンビア州ナナイモに暮らす、ToddさんとNicoleさんカップル。彼らのマタニティフォトは他と全然違います。
2015年からニューヨーク州で年に一度行われているイベント「LUMA」。目玉となっているのはプロジェクションマッピング。街の市役所や裁判所の建物に投影され...
今年のハロウィンに父親に仮装をした6歳のNathanくん。普通なら、ヒーローやモンスターを選びそうなのに、彼は弁護士でも医者でもない、なかなか帰ってこない...