「風刺漫画」に見るSNS依存症。本当のつながりって、ナニ?

SNSが一般的になってから、英語に新しく登場した「Phubbing(ファビング)」という単語があります。これは、親しい相手が目の前にいるのにスマホが気になりすぎて、リアルなコミュニケーションに弊害が出ることを表現するもの。「phone(電話)」と「snubbing(無視する)」を掛け合わせた造語と言われています。

ロンドンに拠点を置くイラストレーターのJoe Stone氏は、いわゆるこの“コミュ障”というものを、漫画でシニカルに風刺しました。見ると、思い当たる節もあって、ちょっぴり切なくなるかもーー。

01.
『AN ETERNITY WAITING FOR YOU』

(ずっと、キミを待っている)

男:「ねえ、週末どっか遊びに行かない?」

10年後:…
30年後:…
50年後:…ピン♪

女:「No!」

02.
『RECURSION』

(堂々巡り)

男:Facebookチェックしなきゃ。退屈しのぎだ。

(…閲覧中…)

男:なんもないなー。ヒマすぎる。どうしよっかなー。

(…その後。)

男:Facebook見なきゃ。退屈しのぎだ。

(…閲覧中…)

男:なんもないなー。ヒマすぎる。どうしよっかなー。

03.
『THE TRUE FACE EMOTION』

(本当の表情)

男:「やばい、この動画見た?面白すぎる」。

女:「(笑)なにコレ、今までで一番かも」。

男:「涙出るよね」。

04.
『MULTITASKING』

(同時進行)

男「今日マジ面白かったんだけど、会社行く途中でさヘンな男が通りっ」。

 (ピン♪)

 

 「あ、ゴメ。ちょっと返信しちゃうね」。

 (…返信中…)

 

 「でね、通りを渡ろうとしてたんだ」。

 (ピン♪)

 「あー、ちょっと待ってね」。

 (…チャット確認中…)


 「あははははは!」。

 「いや、これマジで面白くて…」。


 「えっと、それでね、そのヘンな男が通りを渡ったんだよ。でさ、コッチを向いてこう言うんっ」

 (ピン♪)


女「…」。

05.
『NEVER ALONE』

(独りじゃない)

男「インターネット上にあるすべてが手のひらにあるんだ。孤独を感じるなんて無理!」。

Licensed material used with permission by Joe Stone
僕たちの生活を飛躍的に便利に、そして快適にしてくれたスマホやSNS。もはや「手放せない、手放すべき」といった賛否の議論は過ぎ去り、あまりにも日常のなかに溶...
以前も紹介したことがあるMarco Melgratiさんの風刺画。新しい作品も、インパクト大のものがズラリ。何気ない私たちの日々のおこないも風刺されていて...
スマホ依存が家族に及ぼす影響をシニカルに捉えた広告作品「Phone Wall」を紹介します。中国の心理学研究所が広告会社に制作を依頼したもの。急速に発展す...
SNSに1時間ほどでも滞在すると、睡眠の量や質には大きな影響が出る。スマートフォンなどの発するブルーライトもさることながら、24時間絶え間なく更新されるニ...
中国・上海から100kmほど離れた海寧市。この都市に最近オープンしたセレクトショップ「Dear So Cute」が、淡いピンクとホワイトを基調とした内装で...
ニューヨーク、ローマ、パリの街中で、折り紙ドレスを着たバレリーナを撮影するプロジェクト『Pli.e Paris』。
『スマホ依存症』って最近よく耳にしますが、常に持っていないと落ち着かない、1日に何時間も画面を見ている、などの症状は、多くの人に当てはまるものだと思います。
2014年に中国ではじめてリリースされた『Forest』は、スマホ依存症になることを防ぐためにつくられたアプリ。App Storeのランキングで1位になっ...
いつ誰にも邪魔されないで、自分と向き合った時間を過ごしたのかを考えてみてください。もし、思い浮かべられなかったら、依存症の可能性があるかもしれません。
フランスのイラストレーター「Jean Jullien」が描いた、テクノロジーに依存した社会を風刺する作品を紹介。その他の作品は、彼のホームページで。
レイアウトにも気を使ったバイクストアが、日本でも増えてきました。でも、デンマークでオープンしたばかりの「United Cycling Lab & Stor...
やめたい、自立したいと思っていてもなかなか抜け出せないのが、「彼氏依存症」。遠距離で会えないから彼氏の気持ちが離れないか心配、とにかく別れが怖い、大好きす...
イラストレーターMarco Melgratiが描くのは、「社会の闇」を感じる作品。彼のイラストは、世の中へのちょっとした嫌味を感じてしまうものばかり。会社...
日常風景を写真に収めた、アメリカ人フォトグラファーEric Pickersgill氏の作品。ただの日常を写しただけならば、彼がこれほど注目されることはなか...
5月ももうすぐ終わり。はやくも夏めいてきてます。海行きてー! って思ってなくても、ためしに原宿に行ってみて。
ヨーロッパやカナダで販売されているお菓子、ワインガム。ガムというよりも、グミみたいな食感で、国によってはかなりメジャーな存在です。
主に北欧で注目されている「Hold」は、学生に向けて開発されたスマホ依存症を治すためのアプリです。
これは、スマホ依存・無関心などを描いた風刺アニメ。ミュージックビデオとして作られたもので、内容はどれも身近なことばかり。わかってはいるけれど、何が起こるの...
2014年、ロンドンのクリエーターSteve Cuttsによる社会風刺アニメが、世界的な話題となった。消費や欲望、自然破壊といった“見えづらい日常”の行く...
依存性のある薬物を摂取すると、その成分を「もっともっと!」と欲するようになる。それが一般的に考えられている「麻薬中毒」の認識です。しかし、ここで紹介する動...
FacebookやTwitter、毎日見ないと気が済まない。いま、自分が「そうかも…」と思った人、チャンスです。このビデオを観てください。自分のしてきた事...
ここで紹介するのは、2017年にオランダのコメディー番組が制作した風刺動画。極端な論調ではありますが、厳しく銃規制がされている日本に暮らす人が見たら、ナレ...
日常の何気ない出来事をアニメや漫画のワンシーンのように作り上げるOscar Roguezの“ひとコマ漫画風”の写真。ちょっとお疲れのときでも、眺めていると...
Doctors Me(ドクターズミー)医師、その他専門家「Doctors Me」は、医師、歯科医、栄養士、カウンセラー、薬剤師、獣医などに直接相談できる、...