あなたが知らない「薬物依存」の本当の原因(動画あり)

依存性のある薬物を摂取すると、その成分を「もっともっと!」と欲するようになる。それが一般的に考えられている「麻薬中毒」の認識です。

しかし、ここで紹介する動画は少し違った視点から、依存の原因について説明しています。より精神的な要因が関係しているのだとか。

中毒の原因は
「クスリ」じゃない?

327885b5cabf09f6e2ee8f22600355bff68a6010

まずはじめに問われたのはこんなこと。欧米では、骨折した患者が病院に運ばれると、痛み止めとして「モルヒネ」を投与されることがあります。医療用のため、非合法で売られているものよりも強い効果がありますが、彼らが依存症に陥ることはありません。なぜでしょうか?

本当の原因は…

Aeb7446054679291366fa12e79e2cda05902ca2e

動画の結論はこうです。依存してしまうのは、ズバリ「孤独」だから。その理由として、ある実験と戦争の事例を紹介しています。

マウスの実験

D65f8e4fe3417f5c3b16b110152d226319ce25db

使用されたケージには、2種類の水が用意されました。一方のボトルはコカイン入りです。案の定、マウスは中毒症状を起こし、やがて死んでしまったそうですが、この検証方法について、異議を唱えた心理学者がいました。

5a2ab4cfdb2dfe7f47fa4cdad070d0e1498f0ff1

彼は1匹しかマウスがいないという環境に疑問を感じました。もしかしたら孤独なのでは?と考え、彼らにとって楽園のような環境を作ってからもう一度実験を開始。そこには広い芝生があり、遊び遊具はもちろん、友達も恋人もいます。すると、同じように2種類の水を設置しても、彼らは普通の水を選んで飲むようになりました。

しかも、これと同じことが人間にも起こったそうです。それが、

ベトナム戦争で起きたこと

60d0fbace005471e55740b543683397faca4fcc0

当時、麻薬を使用していたアメリカ人兵士の割合は全体の20%ほどだったそう。終戦後に中毒患者が増えるのではないかーーと懸念されていましたが、追跡調査ではそのような事実はなく、うち95%が薬物の使用を絶っていたとも。

そのため、依存が発生する原因は薬物そのものの影響ではなく、精神的負荷にある。彼らは「孤独の檻」から抜けだしたのだ…そう主張しているのがこの動画というワケです。

69f4bf995f657590e6eabc5995ec6afd2f5b8d46

世界にはストレスの「はけ口」となっているものがたくさんあります。SNS、ポルノ、ギャンブルなどなど。そして、その中のひとつとして「麻薬」が紹介されています。

8a13de1c24d5bdaa9c817802ee96dc3f57dfcc64

薬物に手を出した結果、人々は社会的に罰せられ、孤独と向き合うことになります。が、これはまったくの逆効果であると指摘。

中毒患者に必要なことは、楽園をつくりだすこと、つまり人と人との繋がりを持つことにあるといいます。

E9a50c88c950e190fba5a07d66f23f0726d20c40

YouTubeページのコメント欄には、「的を得ている」など、賛同する意見も数多く投稿されています。なかには、「アルコールだって麻薬だ」と注意を呼びかける人も。

心の中のモヤモヤに対処できず「孤独の檻」に入ってしまったとき、手に入れるべき本当の鍵とは何なのか…。落ち込んだときの対処法として、参考にできるかもしれませんね。

Licensed material used with permission by Kurzgesagt
いつ誰にも邪魔されないで、自分と向き合った時間を過ごしたのかを考えてみてください。もし、思い浮かべられなかったら、依存症の可能性があるかもしれません。
アメリカ合衆国の北フィラデルフィアのに位置する、ケンジントン。そこは、バッドランドとも呼ばれ、薬物中毒者が集まる場所。あまり口にされることのない、闇に包ま...
「合法ハーブ」「お香」「アロマオイル」などと称して販売されている危険ドラッグ。合法と呼ばれているから安全、どれも法の規制が及ばない、一回だけなら大丈夫…。...
重さは22.5kgもある。高さは38.5cmで、サイドテーブルと同じくらいか。「Consodi」は、Bluetoothも搭載していない有線接続タイプのスピ...
天に向かってまっすぐ伸びたその塔は、まるで巨大なランプ。これは、ポーランド人デザイナー3人組が考案した災害シェルターだ。
2018年7月までにサンフランシスコが薬物注射施設をオープンすると、「San Francisco Chronicle」が報道しました。そこには、ハーム・リ...
「米・国立生物工学情報センター(NCBI)」で発表された、研究論文が物議を醸している。マリファナは、私たちが思っているよりも安全なものかもしれないというの...
「大麻より中毒性の強いものは、身近にたくさんあるんだ」。そう主張するのは、米メディア「WeedHorn」のCEO、Rick Bakasさん。Weedは草…...
やめたい、自立したいと思っていてもなかなか抜け出せないのが、「彼氏依存症」。遠距離で会えないから彼氏の気持ちが離れないか心配、とにかく別れが怖い、大好きす...
スマホ依存が家族に及ぼす影響をシニカルに捉えた広告作品「Phone Wall」を紹介します。中国の心理学研究所が広告会社に制作を依頼したもの。急速に発展す...
いろんなストーリーが浮かんできます。
少し涼しくなってきたけど、なんだか体がだるい、まだ冷房に依存している、なんて人も多いはず。でも、エアコンの使いすぎは考えものです。アメリカの人気メディア「...
YouTubeが2017年上半期に日本国内で注目を集めた音楽動画トップ50を発表。これは2016年12月1日以降にYouTubeで公開されたMV(ミュージ...
FacebookやTwitter、毎日見ないと気が済まない。いま、自分が「そうかも…」と思った人、チャンスです。このビデオを観てください。自分のしてきた事...
人は悩みや不安や嫉妬などの感情を一人で抱え込みがち。そして他には理解されないだろうと、閉じこもってしまい、そのまま孤独感を感じてしまいます。「The Sc...
日常風景を写真に収めた、アメリカ人フォトグラファーEric Pickersgill氏の作品。ただの日常を写しただけならば、彼がこれほど注目されることはなか...
ドクター・スースは「恋をしていると眠れなくなるのは、現実が夢を超越するから」なんてロマンチックなことを言いましたが、相手に夢中になりすぎて盲目になってしま...
体の酸化を食い止め、病気を予防する。そこにビールが関わってるって!?
Doctors Me(ドクターズミー)医師、その他専門家「Doctors Me」は、医師、歯科医、栄養士、カウンセラー、薬剤師、獣医などに直接相談できる、...
アメリカの心理学の調査によると、現在の10代のZ世代たちはスマートフォンの世代。スマートフォンが原因で家族や友達、または恋愛に対しても消極的になり、画面と...
ここで紹介するのは、2017年にオランダのコメディー番組が制作した風刺動画。極端な論調ではありますが、厳しく銃規制がされている日本に暮らす人が見たら、ナレ...
健康、恋愛、アクティビティ、フードと快適な日常生活を送るための情報が満載のアメリカのメディア「MindBodyGreen」。そのなかで、非常に興味深い記事...
心理学と神経科学を専門とするJulianne Holt-Lunstad教授の研究によると、「寂しさが死に直結する」という危機感を持つべきなのは、私たち人間...
ここで紹介するYouTube動画は、様々な夢の種類とその夢が表している心理状況を紹介したもの。最近夢にうなされてる…なんてあなたは要チェック!夢でわかる心...