あなたは「依存症」です。それを伝えるために、写真から「あるもの」を消しました。

日常風景を写真に収めた、アメリカ人フォトグラファーEric Pickersgill氏の作品。ただの日常を写しただけならば、彼がこれほど注目されることはなかったでしょう。Pickersgill氏はデジタル加工を施し、写真の中からあるものを消し去ったことで、人々の目を作品に向けました。
それぞれの写真を見れば答えは明快。こうして消えてなくなると、普段からどれだけ私たちが、ソレに依存しているかがよく分かります。

スマホのない日常が
“非日常”に思える写真

cody_and_eri13641ca

このプロジェクトを閃いた日の出来事を、Pickersgill氏は鮮明に記憶していると公式サイトに綴っています。

ある朝、地元ニューヨーク州のカフェで食事をしていると…。隣の席に家族連れがやってきたそう。彼らはほとんど話をしないで、父と二人の娘は、自分の携帯電話ばかりいじっている。お母さんだけは携帯を持たずに、ただ黙って窓の外を見ていた。
いたたまれず悲しくなったのと同時に、「これがスマホ普及による社会的影響」だと痛感した彼は、日常のシーンからスマホやデバイスをあえて切り抜くことで、作品を見る人たちに“非日常”を伝えようとプロジェクトを開始したそうです。

melissa

スマホやタブレットなど、デジタル端末の世界的普及は加速度を増し、いまや人々が顔を合わせて話し合うよりも、スマホの画面を通して、SNSで近況を報告し合う方が、どこか日常を感じることも。道端で誰かにばったり出会って笑顔を交わす。そんな機会も、スマホの画面に目を落とし歩くことで、どんどん減ってきているのかもしれません。
アメリカのリサーチ会社「Pew Research Center」の調べによると、SNSを日常的に利用する人の割合は、2005年の統計開始以来、この10年で約10倍の65%にまで達しているという結果が出ました。この数字、じつは日本でもほぼ同等で、2015年末の時点で、利用者数はおよそ63.7%になる見通し(株式会社ICT総研調べ)だそう。

視界わずか40センチの
孤独な世界観

Chris_grass_bussiness

debbie_kevin

Lindsay_Louis

je3164ff_ty

ashleys_neighbors

michelle_and_jimmy

tanya_addi

Phyllis_Photographing

mom_dad

ダウンロード

court_sarah_couch

Snoopys

grant

wendy_brian_kids

Jamie_Joni_aiden

最後の写真に映る左端の男の子だけが、唯一カメラ目線なことが、逆に違和感を与える“非日常”ような気がしてきませんか?

Reference:Pew Research Center
Licensed material used with permission by Eric Pickersgill

スマホ依存が家族に及ぼす影響をシニカルに捉えた広告作品「Phone Wall」を紹介します。中国の心理学研究所が広告会社に制作を依頼したもの。急速に発展す...
フランスのイラストレーター「Jean Jullien」が描いた、テクノロジーに依存した社会を風刺する作品を紹介。その他の作品は、彼のホームページで。
いつ誰にも邪魔されないで、自分と向き合った時間を過ごしたのかを考えてみてください。もし、思い浮かべられなかったら、依存症の可能性があるかもしれません。
以前も紹介したことがあるMarco Melgratiさんの風刺画。新しい作品も、インパクト大のものがズラリ。何気ない私たちの日々のおこないも風刺されていて...
香川・高松にある「プシプシーナ珈琲」は、自家焙煎のコーヒー豆店。プシプシーナはムーミンの原作者であるトーベ・ヤンソンさんのお母さんが飼っていた猫の名前です...
プロポーズしたある男性。彼女の指に指輪をはめようとしたその瞬間、大きすぎたソレは排水口の中にポチャッ。その後、警察がリアルとネットを使った“本気の捜索活動...
2014年に中国ではじめてリリースされた『Forest』は、スマホ依存症になることを防ぐためにつくられたアプリ。App Storeのランキングで1位になっ...
やめたい、自立したいと思っていてもなかなか抜け出せないのが、「彼氏依存症」。遠距離で会えないから彼氏の気持ちが離れないか心配、とにかく別れが怖い、大好きす...
依存性のある薬物を摂取すると、その成分を「もっともっと!」と欲するようになる。それが一般的に考えられている「麻薬中毒」の認識です。しかし、ここで紹介する動...
これは、スマホ依存・無関心などを描いた風刺アニメ。ミュージックビデオとして作られたもので、内容はどれも身近なことばかり。わかってはいるけれど、何が起こるの...
シンプルなアイデアですが、予想以上の人気っぷりで、クリスマスまでのストックが既になくなっているこちらのチョコレート。ホットミルクの中に入れると、中から出て...
アメリカ合衆国の北フィラデルフィアのに位置する、ケンジントン。そこは、バッドランドとも呼ばれ、薬物中毒者が集まる場所。あまり口にされることのない、闇に包ま...
Igor Morski(イゴール・モルスキー)は、現代社会を風刺した多数のイラストを発表しているポーランドのアーティスト。温暖化や監視社会、まるで何かに操...
現代社会をシニカルに描くフランス人イラストレーターJean Jullienさんが、画集「MODERN LIFE」をリリース。さっそく話題になっています。1...
NHK大河ドラマ『平清盛』やJR東日本『JR SKISKI』などの広告写真から雑誌撮影まで、幅広く活躍する写真家、鈴木心。彼は、写真の楽しさを多くの人に知...
2018年のIPPAWARD受賞作品のひとつ『I want to play』を撮影したフォトグラファーZarni Myo Winさん。曰く、撮影で重要なの...
Doctors Me(ドクターズミー)医師、その他専門家「Doctors Me」は、医師、歯科医、栄養士、カウンセラー、薬剤師、獣医などに直接相談できる、...
『スマホ依存症』って最近よく耳にしますが、常に持っていないと落ち着かない、1日に何時間も画面を見ている、などの症状は、多くの人に当てはまるものだと思います。
これ、何がスゴいかって、動画を印刷できるんです。だから、『ハリー・ポッター』で見たような“魔法の写真”を手に入れることができます。
FacebookやTwitter、毎日見ないと気が済まない。いま、自分が「そうかも…」と思った人、チャンスです。このビデオを観てください。自分のしてきた事...
撮ったその場で現像できるインスタントカメラが、若い世代を中心に人気を集めている。この流れに乗って、モバイルプリンターを使ってスマホ写真を現像しようという動...
僕たちの生活を飛躍的に便利に、そして快適にしてくれたスマホやSNS。もはや「手放せない、手放すべき」といった賛否の議論は過ぎ去り、あまりにも日常のなかに溶...
ここで紹介するのは、2017年にオランダのコメディー番組が制作した風刺動画。極端な論調ではありますが、厳しく銃規制がされている日本に暮らす人が見たら、ナレ...
イラストレーターMarco Melgratiが描くのは、「社会の闇」を感じる作品。彼のイラストは、世の中へのちょっとした嫌味を感じてしまうものばかり。会社...