やりすぎ注意!いいものでも依存したら毒になる4つのもの

私たちの生活を取り囲むテクノロジーは驚くほど急速に発展し、次々と便利になってきています。しかし、それがどんなに素晴らしい道具だとしても、自分のためになっていないのであれば、役立っているとは言えません。

私たちはまだ成長の途中。「Elite Daily」のライター、Mansal Dentonさんが提案するように、道具に振り回されず、少しだけ立ち止まって「便利なもの」と良い関係が築けているかどうか考えてみませんか?

01.仕事

Bbcf559b75af1cf9786148251302e6ad35446f25

一生懸命働いて目標に向かっていくのは素晴らしいことだけど、仕事への熱意は、ちゃんと自分の心の奥底から湧き上がってくるものですか?両親に認められたい、仲間や意中の人から注目された、そんな気持ちからではありませんか?

他の誰かが「働くのは良いことだ」と言っていたとしても、それがあなた自身の価値観に合わないのであれば、無理に続ける必要はないのです。自分が仕事のことをどう思っているか、考えてみましょう。

02.運動

4a0bba3bc9d2728a18aa270a382e10206f70003e

適度な運動は素晴らしいけど、ときには自分の運動習慣を見直すことも大切です。運動は脳内に様々な種類の化学物質の分泌を促し、気分を向上させる効果があります。

適度な運動がストレス解消に役立っているうちは良くても、「運動をしなきゃ」「運動したら気分が良くなる、早く気分が良くなりたい」といった焦燥感を持ち始めていたら、注意が必要です。

03.SNS

5a518ac1477d777343206c7e226b037b2a625f64

ついついチェックしちゃう、FacebookやTwitter、Instagram。世界中の人とつながりを持てるのは素晴らしいことです。

だけど、いま目の前の関わりがある人とのつながりをおろそかにしてまで、SNSのチェックに時間を使ってしまっているのだとしたら、それは間違った使い方なのかもしれません。これを機会に「つながり」の意味を見直してみましょう。

04.刺激

53bdf8263ef8a2cb92507d50126bdc296be37cc4

最後に静かに腰を下ろして自分の声とだけ向き合ったのはいつでしょうか。私たちの生活はあらゆる刺激であふれています。テレビ、音楽、ニュース…。

私たちが成長するためには刺激が必要なことはもちろんですが、あまりに多すぎると自分の内面と向き合う時間がなくなってしまいます。ときには刺激から距離をおいて、ゆっくりと考える時間をとりましょう。

Licensed material used with permission by Elite Daily
人によって性格はまったく異なるので、一緒に仕事をしているとどうしても衝突する場面って出てきますよね。あの人はどうしてあんな考え方をするんだろう、と思うこと...
精神科医師の水島広子さんが書いた書籍『女子の人間関係』(サンクチュアリ出版)では、そのタイトル通り、女性の人間関係について困っている人の悩みに真摯に答えて...
とかく人間関係とは、ストレスを抱える要因になるものです。学校でも、会社でも。風通しさえよくなれば、ストレスを抱えることなく他人と付き合えるようになると説く...
フレキシブルな労働を可能にしてくれる「あたらしい働き方」。このようなワークスタイルに憧れる人はたくさんいます。けれど、誰もができるとは限りません。それ相応...
グローバル経済の時代、「働き方」も目まぐるしい変化を遂げている。ブルーカラーのみならず、ホワイトカラーの労働までもが国境を越えるようになった。この先も、自...
これまで女性は「仕事か家庭か」「出世か出産か」の二者択一を迫られることが多かったと思います。けれど、今はプライベートを大切にしながら仕事も継続できる時代。...
職場でもプライベートでも、人間関係は難しいもの。最近はSNSの登場でさらにその関係は特殊になってきました。そんな中、人と人との関わりあいを円滑にするのが「...
ちょっと乱暴に言えば、ひと昔前は全員が一律に同じことを学ぶのが学校というシステムでした。しかし考え方も生き方も働き方も、すべてが多様化してきた今、学校で教...
今の時代、これまでは考えられなかったほどのスピードであらゆることが目まぐるしく変化することで、価値観が多様化して働き方や生き方について考える機会が増えてき...
SNSのプロフィール写真って、やっぱりこだわりたくなりますよね。角度を工夫したり、加工してみたり…。でも、自分で「これが一番いい!」と思っても、意外と他の...
人間関係や仕事、家庭でのトラブル。毎日生きていればつらいことだってありますよね。でもイヤなことだって自分の捉え方次第では、幸せにだってなり得ることだって…...
仕事漬けの毎日を過ごしていると、ふと何のために働いているのかわからなくなってしまうときがありますよね。毎日が忙しすぎて、大切なことを見失っているということ...
やり甲斐や達成感。仕事においてこの点を重要視する人も多いですが、一方で職場関係に苦手な人がいるとなかなか対応に困るもの。ついには「べつの仕事を当たったほう...
本田直之さんと四角大輔さんの共著『モバイルボヘミアン 旅するように働き、生きるには』では、仕事とプライベートを分ける「ライフワーク・バランス」ではなく。「...
人によって働く意味は様々。正解も不正解もありません。しかし、働く女子がいずれ直面するのが結婚や出産といったライフイベント。働く意味が変わってきたり、働くこ...
10年後、あなたの仕事はまだ存在しているでしょうか。もしくはロボットが替わりにやってくれている可能性は?現代は、仕事というもの自体が新陳代謝を迎えているの...
「人間は、自分が幸福であるということを知らないから、不幸なのである」とは、 ドストエフスキーの言葉。幸せは、何気ない日常の中にあります。普段気づいていない...
働き方が多様化していく中、「本業と副業」の関係ではなく、「いくつもの本業(複業)」を平行して行なう“パラレルワーク”という働き方に注目が集まっている。ひと...
わたしたちが暮らす現代社会は、いま大転換期を迎えています。そんな新しい価値観の時代の、新しいライフスタイルとはどのようなものか。日米のベンチャー企業への投...
考え方は主流でなくともミニマリストは、仕事をする上で重要なことをしっかりと見極められているのかもしれません。ここでは、「BecomingMnimalist...