ついつい「モノを買ってしまう人」への、ゆる〜い皮肉。

先日、Amazonでイヤホンを買ったとき、「この商品を買った人はこんな商品も買っています」で、イヤホンケースを発見。何の変哲もないデザインなのですが、思わずポチってしまいました……。でも、後悔はしていませんよ。だって、安かったし、バッグの中でコードが切れる心配もないワケだから。

だけど、ここで紹介する「アート作品」を前から知っていたら、あのとき、僕の指はきっと違う動きをしていたはず。

現実だと違和感たっぷり…

41328233ee102548427eb6d2c312ee6fa1bc74a8Fb5b0f6efc11aaa1d28ae0b68a46538c1ff8851cD6ac591fe4fe7e17fe2ad24610074c566a700be47da51047f4ba90e9bf35a9b475cc3fe60e0f7c668f3335f286279f498bcac3dc324f798c118e56b8Eb36c496e147af628bef90ac5e4e751c1159887fE58b901b15163eaf3ba26a53178a2562d5f77d9d4fee2c5f1dc6f254e1078c59b820db1d38185c2d

アーティストのScott KellyとBen Polkinghorneによる観光をメインにした作品は、僕のような人に向けられたもの。つまり、レコメンド機能に反応して、衝動的に何かを決めてしまう人

キッパリ止めろ!と言いたいのではなく、「本当にイイのか?」と、一歩立ち止まって考えられるようになって欲しいのだとか。

現実生活で考えてみれば、こんなことをしていたのかと痛感してしまいます。彼らは、多くの人をギクッとさせるだろうことも言っています。

「もしも、ネット情報で行動が決まってしまうならば、僕たちの決定権ってどこにあるんだろう?」

Licensed material used with permission by Scott Kelly, Ben Polkinghorne, Homepage
今の世の中に、満足していてもそうじゃなくても、 Jan Siemenの10枚のイラストを見て感じたことについてじっくり考えてみて欲しい。案外、自分の人生に...
ちょっとした皮肉とユーモア混じるChris Hallbeckが描いた“社会人マンガ”を読んだら、何だか心が和んでしまった。もう、立派な大人なのだけど、無邪...
以前も紹介したことがあるMarco Melgratiさんの風刺画。新しい作品も、インパクト大のものがズラリ。何気ない私たちの日々のおこないも風刺されていて...
大手企業のコーポレート・ロゴをアレンジして喧嘩道具にしたのは、NYを拠点に活躍するインターネットアーティスト・デジタルクリエイターのTom Galle。ど...
茹でてクタクタになった素麺が激変!
コーヒーメーカーで作った料理を紹介するYouTubeチャンネル。タコスやピザ、スイーツまで。見るとだんだん中毒になっていく……!
サンフランシスコ在住のアーティスト、Michael Kerbowが描くイラストの多くは、「自動車」が主役。それも、たっぷりな皮肉交じりの。今回は、車社会へ...
人生には矛盾がつきもの。日常には小さな葛藤が溢れている。誰でも心当たりがあるシーンを巧みに切りとり、ユーモアで包んで表現しているのはセルビア出身のイラスト...
これはフォトグラファーMarieさんの作品、「Lifeconstruction」。全く知らない人同士を、あたかも親密な関係であるかのように撮るシリーズ作品...
デザイナーKlemens Schillingerさんが制作したのは、スマホ中毒リハビリ用アイテム。これを使えば、スマホをいじっているときの動作ができるそうです。
iPhoneひとつあれば、旅の記録と記憶は美しく残せる。世界のiPhone Photographersの貴重な瞬間を捉えた写真の数々を観ると、旅にあらため...
女性ブロガーのSusannah B. Lewisは、生まれた日からひねりのある性格だったと豪語します。ドライなユーモアで、面白半分に爆弾発言をポロッと投げ...
買い物はハッピーな気分になるし、いいリフレッシュになります。でも、「becommingminimalist」のJoshua Beckerさんによれば、人は...
アートを買うきっかけってどんなとき?購入する背景は様々だし、金額もピンキリ。富裕層とそうでない人で感覚の違いもある。中目黒高架下の並びにあるギャラリーで、...
幸せって、みんなと同じ道を目指すこと? 人の価値は見た目で判断されてしまうの?イギリスのイラストレーター・John Holcroftさんは、そんな現代人へ...
ハイチをはじめとする中米やアフリカの国々を、「Shithole」と呼んだとされるトランプ大統領。これに対して、ある広告代理店が華麗な皮肉を使ったキャンペー...
フランスのイラストレーター「Jean Jullien」が描いた、テクノロジーに依存した社会を風刺する作品を紹介。その他の作品は、彼のホームページで。
最初にビルの屋上でマイクロファームを始めたのは、ニューヨークだっただろうか。2010年代に入って、都心における農業が注目された。そして今、世界的に注目を集...
「そうだ、旅に出よう!」と、“思うだけ”の人はたくさんいる。でも、実現している人が世界にはたくさんいる。バンで自由気ままに旅をするSusi Cruzさん。...
眺めていると楽しくもあるんだけど、ちょっとチクっとくるレトロな絵にう〜んと、考えさせられてしまった。この作品の生みの親は、イギリスで活躍するイラストレータ...
マスメディアの広告は商品を宣伝するが、アートは、人間や社会にとって大切なものを宣伝している。幸運なことに、僕たちのまわりには多くのアートがある。広告では忘...
ブリティッシュ・コロンビア大学の研究曰く人間は「モノよりも時間を買ったほうが幸せになれる」。でも、そもそもなぜ現代人はここまで「時間がない」のか。「瞑想ブ...
一瞬、明るいコミックかと思いきや、皮肉で毒っ気たっぷりのブラックジョークがまぶされた作品に出会った。一癖あるコミック集『LOLNEIN』を世に送り出してい...
Igor Morski(イゴール・モルスキー)は、現代社会を風刺した多数のイラストを発表しているポーランドのアーティスト。温暖化や監視社会、まるで何かに操...