「アホの集まりが持つ力を軽く見ないこと」。エッジの効いた21の皮肉

笑いを通して、政治や社会に対する大事なメッセージを伝え続けてきた米コメディアン、ジョージ・カーリン。万人の心を動かしてきた彼の知的なトークとウィットが見え隠れする数々の名言が「I Heart Intelligence」のMonica Abrahamsさんが紹介。

あぁ、改めて「笑うこと」の大切さを感じました。

01.

「新しいアイデアを観客に持ち寄って笑ってもらえるのは、主導権を握るような感覚だ。人がもっとも自分らしいときって、笑っているときだと思うんだ。それは予防線を張らず、禅を感じる瞬間。耳にしたことに対して笑いが起こるのは、心を開いている証拠。それは新しいアイデアに触れやすい環境なんだ。そしてそのアイデアを発展させることだってできる」

02.

「笑顔を絶やさない男は、きっと売れないものを売ろうとしているんだ」

03.

「ゴマをする奴や、愛国者や、チームプレーヤーは好きじゃない。それよりも基準を覆す個人主義者が好きだ。僕は周りにこう注意をする。『どこかしらで誰かに、TeamにI(個人)というアルファベットは入っていない、と言われる日が来るだろう。そんなときはこう言い返せば良い。「TeamにIはないかもしれない。でもindependence(独立心)、individuality(個性)、integrity(誠実さ)にはIがある、と」

04.

「僕はたまにアホなことをする。それは考えることだ。自分の意見を持っているせいか、僕は“いいアメリカ人”には値しないらしい」

05.

「教会と国は分離するべきだと思う。この2つは個々でも相当のダメージを与えているのに、一緒にしたら死は確実だ」

06.

「悪の勢力があなたの家に向かっている際には、道に迷いますように」

07.

「人生の終わり方に納得がいかないんだ。人生って大変だろう?長い時間を費やして何が手に入るんだ? 死だ。なんだ、それは? ボーナスなのか? 人生が逆戻しに進んだらいいと思うんだ。まず最初に死がくる。それから老人ホーム暮らしが始まり、若さを理由に追い出される。ゴールドの腕時計をつけ、仕事に向かう。40年ほど働き、またもや若さを理由に退職。それからドラッグやアルコールに手を出し、高校入学の準備に備える。そして中学校、小学校と通い、遊び惚ける。責任は一切被らず、赤ちゃんになる。子宮に戻り、最後の9ヶ月はぷかぷか浮かびながら過ごし、オーガズムで終わるんだ」

08.

「コンクリートの割れ目から生える花や草が好きだ。彼らは最高に勇敢だ」

09.

「宗教とは靴のようだ。サイズが合うのを見つければいい。でも僕には履かせないでくれ」

10.

「アホの集まりが持つ力を決して軽く見ないこと」

11.

「宗教とは、空のどこかから私たちを見守る『透明人間の存在』を信じ込ませた。この透明人間は、10のやってはいけないことリストを持っていて、それを1つでも破ると、ある特別なところへ連れて行かれ、火や煙で拷問され、一生苦しまされるんだ。ひとつの行いを正しく遂行できなかったがために焼かれ、窒息させられ、叫びつづける始末になる。それでも彼はきみを愛してる。彼は君たちのお金を必要としている。彼はいつだってお金が欲しいんだ!彼は全知全能で完璧。だけどなぜだか、金銭事情はうまくいっていないようだ」

12.

「学校で学んだことを一度切り捨てると、人生はとてもシンプルなものになる」

13.

「鶏の卵ではオムレツが作れるのに、人間の場合はこれが中絶だと言われてしまうのはなぜだろう?」

14.

「1つだけ、僕があまり文句をつけないことがある。それは政治家だ。みんな彼らは最低だって、イチャモンをつけるだろう? でも、政治家がどこからやってくるかわかるかい? 彼らは空から落ちてくるわけでもなければ、違う次元からやってくるわけでもない。彼らはアメリカ人の親のもとに生まれ、アメリカの家族、家、教育、教会、そしてビジネスを持ち、アメリカの大学を卒業している。彼らはアメリカ人からの1票で今の地位を確保したんだ。ベストを尽くした結果が、これなんだ」

15.

「『我が子は自分に自信があるから、成績表を車のステッカーにして貼る必要性は感じないんだ』。こんなステッカーが車に貼ってあったら、とても素敵だと思う」

16.

「人生とは、純粋にエンターテイメントでしかない。それ以上を求める人たちは、ポイントを掴めてない」

17.

「アホなやつとは、口喧嘩をしないこと。彼らのレベルまでずり落とされる上に、喧嘩慣れしているから負けてしまうんだ」

18.

「淀んだ空気、殺虫剤がバラ撒かれた土、アスファルトが敷かれ採鉱された山…なんて美しいんだ。アメリカよ、アメリカ。人はあなたの上にゴミを散らし、広告板で松の木を隠し、海をどんどん汚していく」

19.

「笑顔は万国共通だ」

20.

「私たちが羊だとしよう。草は私たちではない誰かが所有している」

21.

「どんな状況からでも笑いはとれる。探し出すことが難関なんだ」

Licensed material used with permission by I Heart Intelligence
Urban Outfittersが販売しているハロウィンコスチュームの1つには、皮肉がたっぷりと込められています。
今の世の中に、満足していてもそうじゃなくても、 Jan Siemenの10枚のイラストを見て感じたことについてじっくり考えてみて欲しい。案外、自分の人生に...
これはフォトグラファーMarieさんの作品、「Lifeconstruction」。全く知らない人同士を、あたかも親密な関係であるかのように撮るシリーズ作品...
幸せな一年を過ごしたいのなら、まず脳をポジティブに切り替えていくことが大切。そこで「Elite Daily」のAlani Vargasさんがかき集めたのは...
奥渋谷に世界中のクラフトビールが20種類! 北欧のカフェのような雰囲気で昼飲みできるビアバーØL Tokyo〒150-0042 東京都渋谷区宇田川町37-...
「ミハラヤスヒロ」や「ENGINEERED GARMENTS」「nonnative」など数々の人気ブランドとコラボしてきたラーメン店「一風堂」が次なるタッ...
人生には矛盾がつきもの。日常には小さな葛藤が溢れている。誰でも心当たりがあるシーンを巧みに切りとり、ユーモアで包んで表現しているのはセルビア出身のイラスト...
どんなに辛いことが起きても、いかなる困難に出会っても、いつも前を向いて行動する人がいます。そんな人たちに共通していることは、難しく考えずポジティブな言葉を...
生きていれば、世の中の不条理や他人の辛辣な言葉に傷つくこともあります。しかし、世の中は、そんなネガティブなことばかりではありません。それを思い出させてくれ...
ハイチをはじめとする中米やアフリカの国々を、「Shithole」と呼んだとされるトランプ大統領。これに対して、ある広告代理店が華麗な皮肉を使ったキャンペー...
2015年にニューヨーク5番街にあったフラッグシップ店が惜しまれながら閉店。この度ロックフェラープラザにカムバックです。あの巨大鍵盤「THE BIG PI...
ちょっとした皮肉とユーモア混じるChris Hallbeckが描いた“社会人マンガ”を読んだら、何だか心が和んでしまった。もう、立派な大人なのだけど、無邪...
「Higher Perspective」に掲載されている元記事のタイトルは「どんな時も参考になる名言」です。ややアバウトな印象ですが、逆にいうと、リストア...
生きていれば人との付き合い方や、そもそもの生き方など、考えさせられることは多いはず。人生に迷ったとき、私たちは何を信じて生きていけばいいのでしょうか?ここ...
生きることは悩み、考えること。誰もがふとした瞬間に自分の生き方について、つい考えてしまうのではないでしょうか?ここでは、家入一真さんが発案し、絶望名言委員...
中国・上海から100kmほど離れた海寧市。この都市に最近オープンしたセレクトショップ「Dear So Cute」が、淡いピンクとホワイトを基調とした内装で...
これは「Expanded Consciousness」に掲載された、ジョークや著名人の発言などを抜粋したもの。一瞬考えさせられますが、ウィットに富んでいて...
いつも新しい視点に気づかせてくれる偉人達の金言。今だに古びませんよね。「I Heart Intelligence」は、その中から特にハッとするような言葉を...
誰だって、つらい経験をし、自分の人生に絶望してしまいそうになることがあります。しかし、どんなにつらいことでもいずれ終わりが来ます。そして私たちは、そこから...
一瞬、明るいコミックかと思いきや、皮肉で毒っ気たっぷりのブラックジョークがまぶされた作品に出会った。一癖あるコミック集『LOLNEIN』を世に送り出してい...
だいたい「ストレス」と呼ばれるものの大半は、仕事か家族のどちらかに起因するでしょう。なぜなら、それはどちらも逃げることが難しいものだからです。逃げ出す前に...
私たちの心を時には鼓舞し、時には癒し、元気付けてくれる名言。長く語り継がれてきた言葉には不思議な力があります。そんな古今東西の名言に、遠越段さんが解説をつ...
女性ブロガーのSusannah B. Lewisは、生まれた日からひねりのある性格だったと豪語します。ドライなユーモアで、面白半分に爆弾発言をポロッと投げ...
哲学、教育、政治、アインシュタインは何を感じながら生きていたのか。人生論というよりは、社会をみていた彼の観点から、ハッとさせられる名言を「I Heart ...