モノを減らすのではなく、そもそも「買わない」暮らし方

「今の生活に満足できない」「いつも気持ちがもやもやしている」という方、モノにあふれた生活を送っていませんか?ミニマリズム(モノを極力持たない暮らし方)を紹介するメディア「becomingminimalist」を読めば、その生活から抜け出すためのヒントが見つかるかもしれません。

いざ生活を始めるとイベントがあればモノは増えるし、なかなか捨てる機会もないので、ますますスペースをとる一方。倉庫や収納を増やすという手もありますが、一時的な解決にしかならないことも。ここでは、モノを買うことで生まれる「5つのデメリット」を見てみましょう。

01.
必要のないモノを持っていても
誰も幸せになれない

私たちがめったに使わないモノは普段、押し入れやガレージ、棚の奥深くに眠っているでしょう。でも、世界の誰かがそれらを必要としているかもしれないのです。ただ無意味に保管し続けていては、あなた自身も周りの人も幸せにはなれません。

02.
部屋がどんどん狭く感じ
出費が増える

モノを多く持つことで部屋が狭く感じるようになり、より大きい収納が必要だと考えるようになります。そして大きなカラーボックスや最新の収納なんかを購入しがちです。それでも足りなくなり、今より広い家に引っ越し、それでも足りなくなり、倉庫をレンタルしたり…と、私たちはこのサイクルを繰り返すのです。

モノを持ちすぎると、気が付かないうちにどんどん出費がかさみ、負のスパイラルが始まっていくのです。

03.
欲望は止まらず
心も満たされない

買ったものを綺麗に箱にしまい、クローゼットに陳列するという行為は、「さらに多くのものを購入したい!」という欲望を引き起こすことになります。新しいものを手にいれては、また欲しくなる。しかしそれを繰り返せば繰り返すほど、本当に心が満たされることはなくなっていくでしょう。

04.
「本当に欲しいモノ」が
分からなくなる

家にある一つひとつのモノを見て、あなたはすべてに価値を感じられるだろうか?おそらく、本当に必要というよりは「ただ、なんとなく捨てられない」というのがほとんどでは?

モノを減らせば、最も重要なものは何なのか、自分が情熱を傾けるものは何なのか、そして何がしたいのか、も明確になってきます。たくさんのモノを所有して暮らすことに安心していると、雑音に囲まれしまい、本当に大切な家族や友達を見失ってしまうかもしれません。

05.
身動きがとれなくなり
ライフスタイルも変わらない

モノを持ちすぎていると、ライフスタイルはそう簡単に変えられなくなります。引っ越しするにも腰が重くなるし、人生を自由に生きたいなら、古いものやいらないものに囲まれていてはいけません。

限りある人生を抱えきれないほどの荷物と共に過ごすのか、身軽に自由に飛び回るか。あなたはどっちがいい?

「ひとつ買ったら、ひとつ捨てる」

しかし実際、「モノを持たない」というのはとても難しいもの。そんなとき「ひとつ買ったら、ひとつ捨てる」というルールを取り入れてみてください。

新しい靴を買ったら、持っている靴を一足処分する、という風に。この方法は「リプレイスメントショッピング」と呼ばれていて、無駄にモノを買わなくなる習慣がつくそうですよ。

Licensed material used with permission by becomingminimalist

関連する記事

物を減らしてゆとりを持つことを数年間実践しているライターが書いた記事。ミニマリズムを実践することで、実際どのような効果があるか、本人の経験から具体的に掘り...
ミニマリズムについての本を書き、講演もしているJoshua Beckerは、なぜミレニアル世代がモノを買わないのかという観点から、論理的に7つのトピックを...
誰もが適切な量ではなく、「自分の価値を損なう」までにモノを増やしてしまっている。そんなモノとは1度距離を取ってみたほうがいい。モノを持たなくて済む、社会の...
ものをたくさん持たず、シンプルなライフを提案する「ミニマリズム」を実践する人も、数多く見受けられるようになってきました。リーダーシップやコーチングに精通す...
使い込むほど魅力が高まる家具や日用品を、サブスクリプション型で提供する新サービス「(tefu)vintage supplies」が誕生。
一口にシンプルな生活、ミニマルな生活と言ってもいろんな捉える方がある。でも減らすことの利点に関して確実に言えるのは、「余裕」ができるということだ。街も、部...
「ミニマリスト」とは物理的な意味のほかに精神的な意味も持つ。ここでは、ミニマリストの意味や得られるメリット、ファーストステップとしておすすめのアクションに...
家庭内のごみを極限まで出さない「ゼロ・ウェイスト」という考え方がアメリカ・カリフォルニアをはじめ、フランス・カナダなど世界的に注目されています。ごみを捨て...
最低限のものしか持たない「ミニマリスト」という生き方が話題になっています。これまでは物欲まみれで、モノに囲まれて生活してきたけれど、近頃どうも満足しない…...
毎年約150万キロも捨てられているチューインガムをスニーカーへとアップサイクルしたオランダ・アムステルダムのプロジェクト。
3月24日、ニュージーランド議会は、流産や死産で子どもを失った人に3日間の忌引有給休暇を取得できるようにする法案を提示し、全会一致で可決となった。この法案...
海外で生活マーケティングを学んだという沖幸子さんは、自身の著書『部屋も心も軽くなる「小さく暮らす」知恵』(青春出版社)のなかで、お金との向き合い方を変える...
「お金の貯まる人は収入が多い人」と思い込んでいませんか?実は、収入の多さと貯金の金額とはあまり関係がありません。「お金が貯まる人」とは、お金が自然に貯まる...
日本でも「断捨離」や「ミニマリスト」など、物を「捨てる」ことで本来の豊かさを求める人が増えています。しかし、生活を劇的に変化させてしまうと、それ自体がスト...
スペインの首都、マドリッドに暮らして約5年。日々の暮らしの中で、スペイン人から学ぶことは本当にたくさんあります。それは、彼らが「人生を謳歌するエキスパート...
様々な国で「ミニマリズム」を語り、その概念を広める活動をしている「Becoming Minimalist」のJoshua Beckerさん。これまでに多く...
家のなかの「モノ」ってちょっと厄介。だって放っておくと、いつの間にか増えてしまいますから。ここではヨガインストラクター兼人気ブロガーである、みうさんの著書...
これまで50作にも及ぶ著書を記してきた本田直之氏。そのなかの22作をピックアップして、これまでに彼が綴ってきた言葉をまとめたのが『LIVE SIMPLY ...
普段の生活はもちろん、就職、結婚、転職などのライフスタイルの変化で、モノはどんどん増えていきます。適度に断捨離できれば良いのですが、なかなかそんな時間はな...
ぼくの部屋はモノで溢れていた。床を埋め尽くす本、フィルムを通したこともないカメラのコレクション、クローゼットに収まらない服。でも、ある時ぼくはモノが少ない...

おすすめ記事

3月16日、軽井沢にほど近い御代田町に新たなラグジュアリーホテル「THE HIRAMATSU 軽井沢 御代田」が開業。すでに予約を受付中。
米国にできた最新の「7-Eleven Evolution」で夢のような宿泊プランが企画中。快適なラウンジシートや「プレイステーション 5」が用意されている...
米・ニューヨーク市の「ハドソン・リバー・パーク」と「ジャビッツ・センター」が増設されることが分かった。
「リクルート住まいカンパニー」が昨年12月から今年1月にかけて実施した「SUUMO住みたい街ランキング2021 関東版」の結果をご紹介。
男女500人を対象に実施した「テレワークになったら住んでみたい街ランキング調査」が今月初旬に不動産買取業の「AlbaLink」から発表された。
シティマップ「Urban Prints」は、無駄な情報を一切省き道路だけで表現したシティマップです。主張しすぎないデザインだからこそ、部屋の用途を限定せず...
「Goldwin」の2021年春夏シーズンのコレクションがローンチ。
埼玉県、名栗エリアの北欧文化を体験できる施設「Nolla naguri(ノーラ名栗)」が、グランピングエリア開業にともない2021年4月29日(木)にグラ...
今月1日、「帝国ホテル東京」がホテル内での「サービスアパートメント」をローンチ。3月15日からの入居開始に先駆け、現在、予約を受付中だ。
ファンタジーの金字塔『指輪物語』、『ホビットの冒険』は、世界中に熱狂的なファンがいる作品。小説を元にした映画『ロード・オブ・ザ・リング』や『ホビット』も、...