「本当にやりたいコト」を見つけられない、あなたの特徴5つ

果敢に目標にチャレンジしている友人を見て、「やりたいコトがあっていいなあ」と羨ましがっているそこのあなた。それって、もしかしたらあなたの「思考」に問題があるかもしれません。以下の5つに当てはまっていたら、立ち止まって、もう一度考え直してみて。

01.
周囲と同じレールを
外れることが怖い

8ae627fb82c206d6f06661c05dc67a8492841681

社会的な圧力は非常に大きい要素。家族や友人、そして特に交流のないFacebookの知り合いたちに「どう思われるか」を気にしすぎるあまり、なかなか行動できなくなってしまう。そう、あなたは判断されることを恐れています。私もかつてはそこにいました。そして気づいたのです。

一度、「すべての人があなたの行動をチェックしている」という考え方を取り払ってください。すると、本当にやりたいことにチャレンジするのが、100万倍簡単になります。

みんな忙しいのです。そして誰も朝起きてあなたが何をしているかなど、考えていません。心配すべき自分の人生を、みんなが持っているのです。 

02.
リスクを意識してばかり

私たちには「失ってしまうかもしれないもの」が数多くあります。だから、決して失敗できない……、と思われがちですが、本当はそんなことありません。すべては挽回可能。失うものなんて何もないのです。

いつも、私たちは起こりうる最悪のケースを心配しすぎ。実際は、たいていの物事はどうにかなるものです。常にポジティブシンキングを意識してください。一度や二度うまくいかなくたって大丈夫。

03.
好奇心が欠落している

69924de20f5717a4444f3a05d5f4f10b515b3f67

振り返ってみると、これまでに私がした多くの決断は、ガッツが元になってなされています。外からどう見えているかはわかりませんが、個人的には素晴らしい結果を手にすることができたと考えていますよ。

新しい経験に常にオープンであり続け、どんどん影響を受けてください。何事に対しても、とりあえず「YES」。その結果、1ヶ月後にどんな変化があるかを体感してほしいのです。

もしこれがバカげて聞こえるなら、まずはやってみて。あなたがいつも行きたいと思っていた場所へ向かう飛行機に乗ってみてください。

04.
快適な場所を離れる
勇気がない

おそらく、いまあなたは快適な場所にいます。少々のことを除けば、ほぼすべてが想定の範囲内。

だからこそ、何か大きな変化が起きたときには対応できません。できることといえば、「恥じること」くらい。

ぜひ、変化を楽しむマインドを持ってください。あなたの人生の新しい章を始めるのです。コンフォートゾーンから抜け出しましょう。

05.
現実的に考えすぎ。
夢を持たない

3866fdd925d301a40433fa852ab00b4b13c5ad41

世界はポケモンを捕まえることに躍起。何が可能で、何が不可能か、なんて境界はないと言っていいでしょう。

「何かを変えること」を夢見てください。もし、実行したらどんなに人生が好転するかを想像してください。一人のときに、クリエイティビティーを最大限に発揮し、未来について考えましょう。

あなたが今したいと思ったこと、決してチャレンジするのに遅すぎることはありませんよ。

Licensed material used with permission by Elite Daily
本当に自信のある人とはどんな人でしょうか? きっとあなたの周りにも自信に満ちた魅力的な人がいるでしょう。本当の自信というものは、素晴らしい習慣と努力によっ...
ビジネスの場面でここぞという時に役立つのは、何と言っても「自信」ですよね。せっかくならば、絶対に揺らぐことがない強い自信をつけましょう。この8つの事を習慣...
もう何度も耳にしているかもしれないが、人生はそう長くない。真面目な人であればあるほど責任を感じることが多かったり、義務的に行動することがあるかもしれない。...
2018年6月23日(土)から、アップリンク渋谷、新宿シネマカリテほか全国順次ロードショー。
用途もデザインも、両方兼ね備えていないとダメっていう、うるさい(めんどくさい)料理男子たちへ。
長い人生、ずっと同じ自分じゃつまらない。どうせなら、毎日少しずつ内面を磨いて、より良い自分へと変身しませんか?「Inc.」のライター、Nicolas Co...
あらゆる情報が簡単に手に入ってしまう今だからこそ、本当に必要な情報を見極めなければならない。あれもこれも受け取っていると、いつの間にか情報の洪水に飲み込ま...
一口にシンプルな生活、ミニマルな生活と言ってもいろんな捉える方がある。でも減らすことの利点に関して確実に言えるのは、「余裕」ができるということだ。街も、部...
自信が簡単に手に入れられるのであれば、手に入れたい。けれど、いろんな人に自信の話をしていく中で、男性と女性には自信について差があるように感じてきた。という...
日本人は謙虚だからでしょうか、若者は自分に自信が持てていない人が多いようです。2015年の内閣府公表の調査結果を見ても「自分には長所がある」「自分に満足し...
ニュージーランドのクライストチャーチの街中や植物園には川が通っていて、ボートで観光することができます。特におすすめなのは、朝の時間帯です。
「女性の社会進出」とは言っても、まだまだステレオタイプな意見も多いし、自分のやっていることに自信が持てなくなっちゃうときもあります。そんな社会の中でも、し...
世の中にはいろいろな人がいますが、本気で自分に「自信」を持っている人を思い浮かべられますか?まるで、生まれついてからずっと自信家であるかのような人を…。多...
ミッションと野望は違う。ミッションとは、世のためになる事。そして、誰にでも見つけることができるもの。「The School of Life」は、あなただけ...
自分の弱さを克服し、ここぞというときに力を発揮したい。そんな人にオススメの記事です。「I Heart Intelligence」でライターのJustin ...
人間の限界を超えた、超情報化社会と超大量生産経済が到来し、世の中は要らないもので溢れている。真の自由を得るためには、不要なものを見定め、思い切って捨てる覚...
どの成功者も溢れんばかりの自信に満ちている。自分にちょっと自信が持てない私は、「Goalcast」で「自信をもつための10のヒント」を熟読してしまったんだ...
慈悲深きマリアを象ったフラワーポット。
「自信」は、生まれ持った特徴だと思われがちですが、じつは練習を重ねていくことで誰もが身に付けられるものです。米メディア「I Heart Intellige...
美人は3日で飽きるとはよく言ったものですが、その格言に賛同するのは、米女性起業家のSaren Stiegel氏。男性がずっと側にいたいと思える女性は、美し...
マイナス思考は、人生をつまらなくします。ネガティブなことに振り回されずに生きていけたら、人生は今より楽しくなるに違いありません。でも、どうすれば自信が持て...
何かに流されながら、なんとなく生きていませんか? 面倒だから今この流れに乗ってしまおう…なんて考えていると、表面上は取り繕えていても、後でつらい思いをする...
自分に自信がある人たちは、一体どこがどう違うのか?10の習慣として紹介されているので、さっそくチェックしてみましょう。「I Heart Intellige...
忙しいと、自分の良いとろこより自分の失敗の方が目についてしまいます。そしてそれを目の当たりにすれば、自分に自信がなくなっていきます。でも、毎日小さな習慣で...