心の強い女性になるために、持つべき「5つの習慣」

美人は3日で飽きるとはよく言ったものですが、その格言に賛同するのは、米女性起業家のSaren Stiegel氏。男性がずっと側にいたいと思える女性は、美しくスタイルのいい人よりも、自分をしっかり持った芯の強い女性――そう言い切る彼女が提案する、5つの習慣を紹介しましょう!

01.
欠点なんて見ない

iStock_000064644831_Mediumconfident-women150902-02

自分のスタイルに、漠然とした不安を抱えている。これはほとんどの女性に当てはまるのではないでしょうか。でも、欠点を見るのではなく自分のいいところに目を向け、他人にもそうするのです。
学歴がなく恥ずかしいと思ったら、そんな考えは捨て自分の強みが活かせることをしましょう。
本当にやりたいことをする時に、あなたを止めるものなど何もありません。

02.
どんな些細なことでもOK!
「自分だけの儀式」を持つ

デートの前に自信がなくなった時。私は、ハイヒールを履いて優雅にアパートの中を歩きまわることで自信がつきます。緊張して穏やかな気持ちになりたい場合は、自分の呼吸に集中します。
芯の強い女性たちは、リラックスしたり集中するために自分だけの儀式を持っているのです。

03.
1人の時間こそ
ポジティブに過ごす

Bubble Bath

1人の時間が自信を育てます。惨めな気持ちを抱きながら1人でいると、不安を持ち続けてしまうでしょう。でも、泡風呂やヨガなどをしてゆっくり時間を過ごし自分を見つめることで、知らなかった一面にも気付けるのです。

04.
どうでもいい批判なんて
真に受けない

不当な批判を聞いても、真に受けなければ嫌な気持ちにはなりません。周りの人に対し、愛をもって接しましょう。すると彼らの言動も変わって聞こえます。
人生とは悲劇ではありません。自分の人生を愛した時に、自信は生まれてくるのです。

05.
前向きになれる
「自問自答」を!

iStock_000068552101_Mediumconfident-women150908-06

もしあなたが、自信をなくすような問いかけを自分にしていた時。たとえば、「どうしていつも私なのだろう?」なんて言ったら、当然後ろ向きになります。
一方、「どうして私は幸せなんだろう?」とか「どういうことに幸せを感じるだろう?」と聞いてみましょう。またトラブルが起きた時は「この問題の素晴らしいところってどこだろう?」、「この問題の何に感謝したらいいのかな?」と自問するように。すると、自然と自信が湧いてくるはず。

Licensed material used with permission by mindbodygreen

自分に自信がある人たちは、一体どこがどう違うのか?10の習慣として紹介されているので、さっそくチェックしてみましょう。「I Heart Intellige...
「女性の社会進出」とは言っても、まだまだステレオタイプな意見も多いし、自分のやっていることに自信が持てなくなっちゃうときもあります。そんな社会の中でも、し...
自信が簡単に手に入れられるのであれば、手に入れたい。けれど、いろんな人に自信の話をしていく中で、男性と女性には自信について差があるように感じてきた。という...
「あの人、カッコいい!」と思う女性の条件はさまざまだと思いますが、「芯があってブレない女性」はその一つなのではないでしょうか。「Higher Perspe...
ニューヨークにある古いキャンピングトレーラーを改装してつくられた女性専用のタトゥースタジオ「Ink Minx」。運営者は、パキスタン出身でイスラム教徒のS...
使い勝手はどれもフツー。めちゃくちゃフツーです。
「私はポジティブな習慣の力を強く信じています」。そう語るのは、「Inc.com」の人気ライター、Nicolas Coleさん。大切なのは、夢の実現に向かっ...
ビジネスの場面でここぞという時に役立つのは、何と言っても「自信」ですよね。せっかくならば、絶対に揺らぐことがない強い自信をつけましょう。この8つの事を習慣...
本当に自信のある人とはどんな人でしょうか? きっとあなたの周りにも自信に満ちた魅力的な人がいるでしょう。本当の自信というものは、素晴らしい習慣と努力によっ...
「Higher Perspective」にポジティブに生きるための5つの習慣が掲載されています。自分をネガティブだと捉えている人たちの中には、前向きになり...
自信を持って推せる台湾雑貨のお土産を選びたい。行ってみたいのが『物外設計』という文具ブランドのお店。なかでも「Y STUDIO」シリーズは、女性の手にも映...
気持ちのいい一日は「朝をどう過ごすか」にかかっています。「Inc.」に寄稿する女性起業家のElle Kaplanさんが提案する、ちょっとした朝の習慣を生活...
ビューティプロデューサーとして、これまで14万人もの女性にアドバイスを実践してきた平野宏枝さん。そんな彼女が、LAと日本を行き来するなかで見つけた「自分も...
依存したり、振り回されたり、ダメな恋愛はもう疲れたというあなた。その恋愛、あなたにも原因はありませんか?どんなにすてきな男性と出会ったとしても、自分をしっ...
一般的に、男性が守ってあげたくなる「弱さ」が、女性の魅力だとされる風潮があります。しかし、ここで紹介する「Thought Catalog」の記事は、正反対...
オランダのスニーカーブランド『Maecer Amsterdam』と『NASA』のコラボスニーカー。このアイテムの再販が決まったようです。
「かよわい子」というのを売りにしていた女性も、そろそろ戦略を変える時期。「Thought Catalog」のHolly Riordanさんの記事から、パワ...
自分の弱さを克服し、ここぞというときに力を発揮したい。そんな人にオススメの記事です。「I Heart Intelligence」でライターのJustin ...
どれだけ些細なことでも、だれかの優しさに触れると、心はほっこりとするもの。そんな日々の小さなしあわせに気づくのも大事なことですが、自分からそのしあわせを作...
なぜだか魅力的で、その人が部屋に入るだけで男性たちがソワソワ…。そんなカッコイイ女性っていますよね。じつは、そんな魅力的な女性が裏でやっているシンプルだけ...
健康的で爽やかな朝を迎えたいけど、朝からジョギングに行ったりヨガを始めたりするのはちょっと面倒…。毎日そんなに特別なことをしなくても、日々の習慣をちょっと...
「強くあれ」って言われても、結構大変。いつでもそうしていられるワケじゃないし、ときには惨めな気持ちにだってなる。自分の意思をきちんと自分の言葉で伝えられる...
ビジネスコーチのMelanie Gormanさんと著者のJohn Grayさんが共同で寄稿した「Your Tango」の記事は、女性が意見することを激励し...
現代社会は価値観が多様化し、様々な考え方が認められている。言い換えれば、一般的な視点から見れば非常識と思えるようなこだわりを持っている人も多い。しかし、そ...