「ひとりの時間」を今まで以上に満喫する8つのヒント

「私は、1人きりの時間を必要とするタイプ。友達は多くて社交的だけど、自分だけの時間を取れないと息が詰まりそうになる時がある」

ライターのAnnakeara Stinsonさんの言葉を読んで、私は「うんうん」と深く頷いてしまった。孤独に感じる人もいるかもしれないけれど、誤解を恐れずに言えば、ジブン時間ほど楽しいものはない

誰かと時間を過ごすことにしか慣れていない人たちに向け、1人でも楽しめる方法を8つ、Stinsonさんが「Elite Daily」にまとめている。

01.
まずは、思うままを
ここぞとばかりに!

De90b4e35f53cd87082f21025a8107acbdec4e55

自分のやりたいように好き勝手できることは、1人で時間を過ごす醍醐味のひとつ。周囲を気にせず食べたいものを食べ、見たい動画を見て、好きな音楽を聞いて、行きたい場所へ行く。

部屋で過ごすにしろ、小旅行に行くにしろ、一種の冒険のようなものだと考えよう。とにかく、自分が思うままに過ごしてみること。

02.
くつろぐ時は、身もココロも。

思いっきりくつろぐことは、自分自身を安心感と心地良さで包むことができるのと同時に、1人の時間を楽しむためにはとても良い。

柔らかいスウェットパンツに着替え、ブランケットに身を包み、本を読んだりスケッチでもしてみよう。家から出たい気分なら、お気に入りのセーターを着てソックスを履いて、近所を散歩するのもあり。

03.
静かな場所で
ひとり「自分に集中」

Bde8fcab215f89033e264795fd466ab93d102aa6

いろいろ考えすぎて不安に感じたり、やることが多すぎて心が押しつぶされそうになる時があるだろう。そんな時は1人でどこかに座って、自分の呼吸に集中してみたり、簡単な瞑想をしてみるのも良い。静かな場所で、自分のことだけに集中する時間を作ることで、だんだん精神を安定させることができるようになるはず。

事実、瞑想することで、沈んだ気持ちや不安感などストレスを大きく減らすことができると研究で証明されている。「瞑想」って、聞きなれない人には抵抗があるかもしれないけれど、まずは試してみるのはどうだろう。ハマるかもしれない。

04.
24時間、音楽と一緒

ラジオでも新しいアルバムでもなんでも良い、好きな音楽を聞こう。音楽には気を紛らわし、心を前向きにしてくれるチカラがあるから。

05.
“内なる自分”とのトークタイムも

2b4c9dccd6e396f13d73358bdd640551c84a0dd5

1人になることの利点は、普段は時間や余裕がなくて考えないようなことを自分に問いかけられるということ。自分だけの時間を作ることで、今の気持ちと向き合うことができる。

最近、前よりストレスを感じていない?やることが多すぎて、時間がどれだけあっても足りないと感じない?今の自分の状況を書き出してみよう。

私の場合、1人になった時は自分自身に語りかけると、無意識に感じていたことやアイデアが浮かんで自分をより知ることができる。自分の気持ちを確認することで自信が持てるようになるし、より充実した人生を送ることができるのだ。

06.
あえて、不安なキモチに立ち向かう

1人で過ごすのは凄く不安だと感じる人もいるかもしれない。そう感じるのは当然のことだし、そういうもの。孤独、不安、恐怖。始めのうちは、こうしたネガティブな感情を持つかもしれないけれど、安心して。そのうち消えるから。

まずすべきことは、ネガティブな感情からどう解放されるか方法を導き出すこと。不安な気持ちはそのうち消えるものだとしたうえで、今それを感じているということを認識するのが大事。何をしたら笑顔になれるか、自分自身に問いかけてみよう。

07.
予定を立てて自分とデート

35c99ebbe26953c2027ada2118559673b4e5c686

貴重な1人の時間を家で過ごしてしまうのは、もったいないと感じる人もいるはず。であれば、美術館へ行き、ぼーっと見て回るのはどうだろうもしくは映画館の最後列で、ポップコーンを食べながら映画鑑賞するとか。

実際に自分で経験してみて、自分自身を“デート”に連れていくと違う国で旅行しているような気分になり、住んでいる街の魅力をさらに知ることができると思う。誰かにスケジュールを合わせる必要もないし、会話中に気が散る心配もない。

08.
Wi-Fiの届かない場所で
空想からインプット

携帯の電源を切りパソコンをシャットダウンして、散歩ないしはソファーにもたれかかってボーッとしてみよう。空想することは、ただ脳を休めるだけではなく、知性のサインである可能性もある。

さぁ、これで1人で過ごす準備は万端だ。

Licensed material used with permission by Elite Daily
ひとりレストラン、ひとり映画。自分では快適なつもりでも、「ひとりで海外旅行に行く」って友だちに言ったら、「なんでひとりなの?」と驚かれることも。でもやっぱ...
自分らしさなんて、いらないんじゃない。私はそう思う。『自分らしさ』がわからなくて立ち止まるくらいなら、今、どんなモチベーションでも良いから、動き出すことに...
70年代、80年代の日本では右肩上がりの経済成長が約束されていた。その時代には、企業の中で与えられたものをこなしていけば、それなりにやっていける社会が成り...
仕事柄、私は今まで一流と呼ばれる多くの人々と会ってきた。また、私の学生時代からの友人もさまざまな業界で活躍している。そういう人と接するときにいつも聞いてい...
アメリカのクリエイティブエージェンシーRedpepperが開発したのは、『ウォーリーをさがせ!』のウォーリーを最速4.45秒で探せるロボット。
マレーシア人のSaraswatiさんは、メイクをする時、普段から身に着けているヒジャブもフル活用するメイクアップアーティスト。折ったり結んだりして、自由自...
何かに流されながら、なんとなく生きていませんか? 面倒だから今この流れに乗ってしまおう…なんて考えていると、表面上は取り繕えていても、後でつらい思いをする...
ひとり暮らしでもしていない限り、自分ひとりの時間って取りづらいものですよね。それでも、ときには誰の目も気にせず「ひとりだけ」の時間を楽しみたいもの。そんな...
ひとり暮らしは、自由の象徴。全裸で踊り狂ったって誰もあなたを咎めません。ただその分、責任も発生します。「Elite Daily」のライター、Laura A...
人生で初めてのひとり暮らし。自分で買い物をしたり家事をしたりと、多くの人は「自立した素晴らしい生活」を期待しているかもしれません。でも実際は、孤独、金欠、...
コーヒーメーカーで作った料理を紹介するYouTubeチャンネル。タコスやピザ、スイーツまで。見るとだんだん中毒になっていく……!
「そうだ、旅に出よう!」と、“思うだけ”の人はたくさんいる。でも、実現している人が世界にはたくさんいる。バンで自由気ままに旅をするSusi Cruzさん。...
「だって~」「でも~」「どうせ~」「〜だから」…このようにDがつく言葉が口癖だというアナタは注意してください。なぜなら、この前後につく言葉は決まって「言い...
無自覚のうちに、心の病にかかっていたKelly Nelsonさんは、家族の死をきっかけに自分の心に疑問を持つようになったと言います。ひとりになることを過度...
人生は困難の連続です。そんなときこそ、自分のことをちゃんと好きでいられることが大事。今回は「Elite Daily」のライターMel Whitneyさんが...
現代では「内面の美」や「日々の充実感」を求める女性が増えているように感じます。しかし、これらの目に見えないことに価値を見いだすために必要なのは、「自分自身...
「しあわせ」が、どこか遠くにあるものだと思っていませんか?大切なのは、まず考え方を変えることです。「Elite Daily」の人気ライターPaul Hud...
千葉県成田市といえば真言宗智山派の大本山「成田山新勝寺」があり、全国からたくさんの参拝者が訪れます。その成田山のお土産品として大人気なのが「てっぽう漬け」...
それは1月のこと。27歳の若さで、癌によりこの世を去ったオーストラリア出身のHolly Butcherさん。彼女が死の宣告を受けたのは、26歳のときです。...
遊び呆けた20代前半はいつしか過去に。20代後半へ突入したと思ったら、目まぐるしく時間は過ぎ、いつの間にか30歳目前。自身もアラサーであるライター・Jen...
誰の目も気にすることなく、のんびりと生活できる「ひとり暮らし」。頼れる家族やルームメイトから離れ、すべてひとりでこなしていくのはちょっと不安かもしれません...
「しあわせ」と聞くと、自分の外側にある何かと結びつくことだと感じるかもしれませんが、外的な要因ばかりに求めていたら、自分がすり減っていってしまいます。でも...
10代の頃に思い描いた通りの順風満帆な人生を送れている人は、それほど多くはないでしょう。だからこそ、0がつく誕生日を人生の節目としたり、ターニングポイント...
「人間は、自分が幸福であるということを知らないから、不幸なのである」とは、 ドストエフスキーの言葉。幸せは、何気ない日常の中にあります。普段気づいていない...