元トップCAが伝授!不機嫌にならないための5つのポイント

ANA(全日空)のCA(客室乗務員)として、25年間トップを走り続けてきた里岡美津奈さん。それができたのは「感情が安定していたから」と言う彼女の書籍『いつもご機嫌な女でいるためのちょっとしたコツ』から、ここでは不機嫌を回避し、感情をキープするヒントを紹介しましょう。仕事でもプライベートでもきっと役立つはず!

ネガティブな話の輪には
絶対に入らない

298f7e8b4117069bd24c53f832695edfef1468cb

私は、ネガティブな話の輪には絶対に入りません。 マイナスになることに加担したくないし、事実も確認せず相手のいないところで盛り上がる、その心持ちが好きになれません。 ウワサ話をしているその場の空気も、良くないオーラに包まれているような気がするのです。

「ブーメランの法則」を知っていますか?良いことをすれば良いことが返ってくるし、悪いことをすれば悪いことが返ってくるというものです。 ネガティブなことばかり言っていたら、いずれ自分も陰口をたたかれ、不機嫌になる。 不幸を口にしているのと同じですから、そういう人には、いつかそれが自分に返ってきます。

たかが陰口、されど陰口。 気がついたらネガティブな話をしているという人は、わざわざ不幸になろうとしているようなものです。

今のままで十分に魅力的!
自分磨きはほどほどに

Ea02bbd898f98496f89a9b6db7bcd5680a499edd

以前、あるイベントでお話をしたとき、参加された女性は素敵な方ばかりでした。

ただ気になったのが、自分磨きに余念がないこと。「ここまで磨かれたら、幸せになれる」と思い込んで、そこに到着するまでは幸せになれないと、自分をブロックしているように感じました。

しかし、誰が、いつ、「あなたは、もう磨かれましたよ」と教えてくれるのでしょうか。 あなたが自ら「磨かれた」と思えない限り、その自分磨きは容易に終わりません。そんなに頑張らなくても、あなたは今のままで十分に魅力的です。

何事にも過度な期待は禁物

Be46ecac3ded5439760e2f82dbb72df215fb844b

どんな仕事もそうですが、CAの仕事も理想と現実のギャップはあります。 お客様から様々なクレームをいただくことは珍しくないですし、一緒に働く外国人のクルーとは文化や習慣の違いを感じることもあります。 機内は乾燥し、肌の調子が悪くなったり髪の毛もパサついてしまうなど、女性にとって厳しいと感じることも多々あります。

だから、憧れを抱いている人ほど「こんなはずじゃなかった」とギャップに思い悩み、いつしか「辞めたい」が口癖になってしまう人もいました。

しかし私は、そういう感覚がありませんでした。 そもそも、CAの仕事に大きな期待を抱いていなかったのです。 この姿勢は、安定した感情で仕事をすることにおおいに役立ちました。 日々、ウキウキすることがなくても、お客様から特に褒められず、反応が薄かったとしても、「こんなものだろう」と思えました。 とはいえ、フライトは1回ごとに真剣勝負だったので、仕事が終わるたびに達成感がありました。 過剰に期待しなければ、余計な先入観がない分、感情の浮き沈みは少なくてすむのです。

起きたことを嘆くのではなく
しっかり状況を受け入れる

私は、41歳のときに乳がんと診断されました。これまでの人生の中で最も衝撃的な出来事で、さすがに気持ちが震えました。しかし、すぐに「宣告された事実は変わらないのだから、それなら軽やかに進んでいこう」という前向きな思いが芽生えました。

3月に診断され、覚悟を決めて4月に右乳房の全摘出を受け、乳房の同時再建手術をしました。 その間、1年ほどCAの仕事も休みましたが、入社以来20年、一万何千時間という長い時間を費やしてきたフライトがなくなり、1年も病気と向き合ったことは、当然ながら人生の大きな転機となりました。

手術の直前までフライトしましたが、そのときは、これまで大きな病気もせず、健康に働くことができただけでもありがたいことだったと実感しました 。見方を変えれば、病気になったからこそ、CAの仕事の素晴らしさに改めて気づいたように思います。

一見、理不尽だと思う出来事が起きたとき、「なんで私がこんな目に遭うの」と、つい被害者意識に陥り、悲観的思考でいっぱいいっぱいになってしまう人は多いです。 しかしそんなときこそ、いったん状況を受け入れることが大切です。なんで?どうして?といくら悩んでも答えは出ないのですから。

自分に与えられたことに
100%の力を注ぐ

6bb7a68ca7ad312f799b2d78ea3476a5e2a4e345

私たちは、つい、過去の栄光を持ちだしたり、まだ来ない未来を思い煩いますが、過去はすでに終わったことですし、未来がどうなるかなんて誰にもわかりません。

だからこそ、「今」にフォーカスして目の前のことを一生懸命やってみる。 その姿勢が、「自分の今いるところが、自分にとって最適だ」と実感することにつながっていくと思います。

例えば仕事で雑用を頼まれても不満をもらしている場合ではありません。 その雑用こそ、心を込めて一生懸命やってみるのです。 「今に集中する」を毎日続ければ、充実感につながり、いつしかできることも増えていきます。

『いつもご機嫌な女でいるためのちょっとしたコツ』

ご機嫌な人のまわりには、幸運も人も集まってきます。とびきり「ご機嫌」な人生を送る秘訣は、いつも「ご機嫌」でいること!皇室や各国国家元首などVIPを担当した伝説の元トップCAが教える、不機嫌を断ち切り、ご機嫌な毎日にシフトする最強の引き寄せ法則が詰まっています。

いつでも気分よく生活するなんて絶対ムリ!なんて思ってはいませんか?もちろん、人生は山あり谷ありですから、つらいことや悲しいこともありますが、ANAで25年...
つらくて逃げ出したくなった時や、悲しい想いが襲ってきた時──。そんな気持ちをスパっと切り替え、いつもご機嫌でいられるようにナビゲートしてくれるのが、ANA...
ANAの客室乗務員時代、皇室や各国国家元首など世界的なVIPの接遇担当に度々抜擢されていた里岡美津奈さん。「その場の感情に左右されず、いつも気持ちが安定し...
ANA(全日本空輸)在籍時代、天皇皇后両陛下、英国元首相マーガレット・サッチャー氏をはじめとするVIP特別機を担当し、トップCAとも言われていた里岡美津奈...
Daniil Istominさんはハサミではなく「斧」で髪を切る……いや、“ぶった斬る”美容師です。
「メイン州 観光」とネットで検索すれば、たくさん良いポイントがヒットするのですが、メイン州政府はまだまだ満足していない様子。
「嫌われるのが怖くて本音が言えない」「周りから距離を置かれている気がする」。こういった人間関係の悩みをなかなか解決できずに悶々としている人は多いことでしょ...
あなたの身の回りにも一人や二人は存在している、自分勝手な人。付き合いが浅いうちは気付かなくても、少しずつ自分勝手な人に振り回される回数が増えて困っている人...
ダブルブッキングや会議で意見が割れたときなど、どちらかを優先しなければならないケースは多々あります。そんなとき、慎重に対応するべきなのは「優先しなかったほ...
女子高生時代に不登校を経験した田中慶子さん。今では日本トップクラスの同時通訳者として活躍する彼女の著書『不登校の女子高生が日本トップクラスの同時通訳者にな...
パッチリ二重でバチバチまつ毛だったら、購入まで至っていなかったはずです。だって、カワイイだけだとすぐに飽きてしまうでしょう?
学生時代の苦い経験から、ガラッと180度人生を回転させた女性がいます。『不登校の女子高生が日本トップクラスの同時通訳者になれた理由』(アスキー・メディアワ...
彼女が何で怒っているのかわからない、妻が急に不機嫌になる…。女心がわからず苦労している男性諸君、彼女たちは理不尽に怒っているのではありません。女性には女性...
何か気がかりなことがあって、ネガティブな思考に捕らわれてしまうと、普段できていることができなくなったり、楽しいときもどこか憂うつな気分が抜けなかったり。「...
厳しい上司、考えの読めない後輩…。現代社会はストレスで溢れており、避けることはできません。とすれば、どのように付き合っていくのかが大事です。じつは、私がト...
3年連続ミシュラン掲載店のシェフが作る生ハムとフロマージュの「新感覚ラーメン」Ramen ドゥエ Edo Japan〒100-0011 東京都千代田区内幸...
京都大学デザイン学ユニットで「不便益」を研究しているという川上浩司教授。その著書のタイトルは『ごめんなさい、もしあなたがちょっとでも行き詰まりを感じている...
たとえ職場を変えても、新たな街に移り住んだとしても、ネガティブな人というのは必ずいて、あなたに付いてまわります。周りを変えることはできないからこそ、ポジテ...
アボカドサラダにトッピングされている様子は、とっても美味しそう!
いつも笑顔でいる人の周りには、自然と「いいこと」が引き寄せられます。まわりがいい「気」のようなもので満たされていくのです。人の悪口ばかり言っている人にはチ...
もしあなたがネガティブだとしても諦めないでください。悲観的な考えをしてしまうからと言って、前向きになれないわけではないのです。ここに今すぐ試せる6つのこと...
人生、このままじゃダメだとわかっていても、一度ネガティブ思考のスパイラルに陥ってしまうと、そこから抜け出すのは簡単ではありません。ここでは「Elite D...
子どもが不機嫌になって泣くと大人は叱りつけ、失礼な態度をとると注意する。よくよく考えると、私たちだって同じことをしてしまうことはあるのに、どうして子どもだ...
今の彼と一緒にいるのは楽しいけど、結婚するにはどうだろう?そんな「決め手」に悩む女性にぴったりなのは「Elite Daily」のLaura Arginta...