「幸せに暮らすためのライフスタイル」を探す旅。

クエンティン・タランティーノ監督作品『イングロリアス・バスターズ』で、世界的な脚光を浴びた女優メラニー・ロランは、近年監督業でも注目されている。

彼女が、俳優でありジャーナリストでもあるシリル・ディオンと共同監督した映画がある。『TOMORROW パーマネントライフを探して』は、2015年12月にフランスで公開された後、熱狂的に口コミが広がり観客動員数110万人を突破。フランスで最も権威のあるセザール賞に輝いたドキュメンタリーで、日本で12月に公開が予定されている作品だ。

環境問題を解決するアイデア集とも、新しいライフスタイルを模索する作品とも言える“めちゃくちゃポジティブな映画”だった。

ロランがこの映画を作るに至った経緯は、コリブリ運動(環境と生活の両方を大切にする社会を考えて行動する)創始者の1人であり、映画のシナリオを書いていたディオンと意気投合したからだった。

2012年、彼女が妊娠していたときのこと。「ネイチャー」に掲載された科学者たちの論文内容を知らされ驚いた。

そこには、“今のライフスタイルを続ければ、人類は滅亡する”と書かれていた。科学的根拠をもとに、21人の科学者が生態系壊滅を説明したものだった。

気候変動と人口増加が、
人類を滅亡へと導いていく!?

82a190ee3eb3c1c1dd8efb8b893eeb773a2f605b

絶望的な状況と事実を知り、子どもたちの未来を不安に思ったロランは、一日中泣き続け、論文を知らされたことを恨んだほど辛かったという。

ディオンは、自身の映画を軌道に乗せるべきだと考えていた。同時に、危険性を告発するだけの作品にしては意味がないとも思っていた。

必要だったのはポジティブな映画だった。彼女はその考えに共感し、携わっていた仕事を一部キャンセルしてまで制作に打ち込んだ。そして、世界を変えようとしている人々を訪ねる旅に出たのだった。

幸せに暮らすための、
ライフスタイルを探す旅。

73562f882abc6ff1aed93993e8d3c49528a1273f7197cc295884cc82f4d9ff38a9c123a725354791A9444b70924c7eaa7d4bfdb60cfc61d618dc6c655a80a5c2e3be4f28ddeee6d6ec249ff12f7d4e7e

この映画では、深刻な問題を明るく解決していく人々の様子が次々紹介される。彼らが訪ねたのは、各分野のカリスマとパイオニアたちだ。

映画の構成は、農業、エネルギー、経済、民主主義、教育に分けられ、それぞれのコミュニティを回っていくロードムービーになっており、こんなやりかたがあったのか!と、驚きのアイデアがめまぐるしくも紹介されていく。

一例のなかでも、古代ギリシャの政治や陪審員制度を例に挙げて“政治家をくじ引きで決める”なんて発想には驚いた。しがらみがなく、率直な決断ができると考えられているという。

ほかにも“落ち葉をリサイクルして栄養価の高い土をつくる”や、“公共の土地に野菜やハーブを植えて共有する”など、数え切れないほどの解決案が矢継ぎ早に提示されていく。

「すべてを捨てる必要なんてない。」

De944fa728f5f5b8a6a7d42b8b7ef6cdae8cbfd7

「たんにエコロジーに関するドキュメンタリーというのじゃなくて、未来の社会がどのようなものなのかをまなざす映画なのよ。」、と話した彼女。こんな思いがあった。

「誰だってたいへんなことを率先してやりたいとは思わないでしょう。でも、きちんと向き合うほかない。問題を対処するだけの力を得るためには、できるだけ取っ付きやすく、しかも楽しんでできる解決法が必要だと思うわけ。だからこそ、むしろ楽しみながら問題に取り組んでいるような人たちを紹介してゆこうとしたの。

すべてを捨てる必要もなければ、人生を変える必要もなく、また農場に孤立して自給自足生活をするような必要もない。映画の中で紹介した先駆者たちはみんな、私たちの手の届くところに居て、私たちと同じような暮らしの中から未来を生み出しているのよ。」

上映は、12月23日(金・祝)より渋谷シアター・イメージフォーラムで始まり、全国順次公開予定だ。彼らがその目で見てきたヒントやライフスタイルが、これでもかと詰まっている。

映画の雰囲気をふんわりと軽くしているスウェーデン出身フランス育ちのジャズ・シンガー、フレドリカ・スタールの歌もおすすめ。詳しくはコチラからチェックしよう。

Licensed material used with permission by ©MOVEMOVIE - FRANCE 2 CINÉMA - MELY PRODUCTIONS
『エターナル・サンシャイン』で監督を務めたミシェル・ゴンドリー。彼がiPhone7のみで撮影した11分の短編映画「Détour」が、Apple社の公式Yo...
パリから北西フランス、または南フランスを巡る旅に出発し、その模様を動画で伝える。現在、そんなフランス旅行の「公式レポーター」を募集するキャンペーンが展開さ...
YouTubeが2017年上半期に日本国内で注目を集めた音楽動画トップ50を発表。これは2016年12月1日以降にYouTubeで公開されたMV(ミュージ...
チェコ生まれで、現在はノルウェーで暮らしているエヴァさん。今年で69歳になった彼女に、パートナーはいません。ここ数年間相手を探し続けているのですが、なかな...
小学校のカリキュラムに「映画」が追加されたアルゼンチン。「VARIETY」によると、7つの州に限定されていますが、2016年の8月からプログラムはすでに開...
世界で若者が暮らしやすい都市のランキングが発表された。トロントにある市場調査会社によって制作されたものだが、そのランキングとは如何に!?第1位は、フランス...
人生経験豊富な「おばあちゃんの料理チャンネル」が、YouTubeオフィシャルブログに掲載され話題になっています。先生はインドのアーンドラ・プラデーシュ州に...
スペイン人のアクロバティックパラグライダー、オラシオ・ジョレンスは、その光景を目の当たりにして、こう思ったそうです。「今まで世界中の空を飛んできた。けど、...
2024年のオリンピック開催地にパリが選ばれたことを機に、フランスの人権団体はアスリートと難民を比較した動画を作成しました。どれも30秒ほどですが、短い時...
人気、実力共にフランスを代表する監督になったフランソワ・オゾン。最新作『婚約者の友人』は「嘘」について描かれた映画だ。第一次世界大戦後のフランスとドイツを...
ScottとEmilyのManning夫婦は、大の旅好き。ふたりは大学を卒業してから新居を探していたのですが、ちょうどいい家がなかなか見つかりませんでした...
永川さんは電通を退社後、世界中の都市の様子をYouTubeで発信する 「WORLD – CRUISE」というプロジェクトをはじめられました。このプロジェク...
英国のレシピサイト「Twisted Food」がクロワッサンを使った新しいメニューを考案。これを見たフランスの人々から、「神への冒涜だ!」などの非難の声が...
ここで紹介するコンセプト動画は、将来世界中を往来するようになる無人輸送船を、7〜14名ほどの少人数でリアルタイム監視するためのものだそう。動画に盛り込まれ...
激しい愛、官能的な描写、そして、胸を締めつけられるような結末ー。大人の恋愛映画をお家芸とするフランスから、待望の傑作がやってくる。それが『モン・ロワ 愛を...
原作は、ドイツ国内で220万部以上を売り上げた大ベストセラー小説『14歳、僕らの疾走』。ドイツ児童文学賞をはじめ多くの賞を総ナメにして、舞台版でも最多上映...
八納啓創株式会社川本建築設計事務所代表取締役。1級建築士。広島と東京を拠点に「快適で幸せな建築空間づくり」を専門にする建築家。設計活動を行う傍ら、全国的に...
今回紹介するのは、会場ではなく上映する「作品」に、あるテーマを持たせたもの。なんでも、「食」にまつわる作品ばかりを、世界中からセレクトしているのだとか!
猫を連れた女性の旅、と聞いて思い出すのは『魔女の宅急便』。キキとジジは空を飛んでいましたが、ここで紹介するのは「海」を旅するリジィと愛猫アメリアです。小さ...
001.苦悩でさえも、行動のエネルギーに変える近藤さんが旅に熱中するようになったきっかけについて聞かせてください。ぼくには吃音というコンプレックスが昔から...